I章僕の考えたー ヴェローチェの由来はダエーワ、アエーシャワのタローマティ。託宣の中継ぎで設定した違法⚫禁忌への背教をトリガーにした追放と変身。特約と仲介の悪神 ゾロアスター教から。評論「最愛の人に捧げるボーイミーツガール→サモンナイト版ムシウタ」 両国が信じていた人の正体:魔王シナリオ 帰宅エンドではあるけれど。アメルは悪魔 サモンナイト1の魔王ルートは魔王のレベルが2の時にも成立するのだ。

 

haiiroouke.hatenablog.com

 

I章 サモ2当時評論 

天使は舞い降りた?レルム村の聖女は禁忌の森の、悪魔 バルレルとは異なる先祖の護衛獣 降霊術師が降ろした天使×使い魔守護霊○ 

両国が信じていた人の正体:魔王シナリオ レルム村のアメルは悪魔 サモンナイト1の魔王ルートは魔王のレベルが2の時にも成立するのだ。人についた異界の民、サモ1続投キャラ以外ユエルとケイナと護衛獣だけ。

おまけに、ボーイミーツガールのヒロインが悪魔シナリオ。明らかにエルゴの意思はおかしくなっている。運命が捩れ反転を繰り返している。サモンナイト1やサモンナイト2の、戦闘外の不思議な力の描写は、トライドラがああなる前に現地で使うべきだし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ギャルゲーの王道や製作側推奨ルート、それが異なるキャストの手に渡ったら。ムシウタとある魔術の禁書目録の、不整合性の由来がわかった。

サモンナイト2夜会話。アメルの精神性は地が「リビエルの地」で、第16話 会話(フェアVer.) Liviel

口調が「カイナやアヤ」で、Kaina。特にカイナは、何となくアメルと自分を同一視している雰囲気がある。「改めてよろしくお願いします」「目覚める日は永遠に来ないかもしれないですよ」とか。対外的に見せているのが「ミント」や「ファリエル」のものなのだろう。かね。慌てたときの様子などはファリエルに似ているし、「ですよ?」ってたしなめる様子はミントに似ている。 SN3/戦闘会話 - サモンナイトシリーズ(サモンナイト6) 攻略wiki - happy days。なんと言うか、とある科学の超電磁砲で、初春飾莉が白井黒子の精神的な続柄にいるものだろうか。

フレイズがイベントで言っているように、魂を分け与える形で存在を変えると、そのものの運命を決まった形からランダムなものへ変えてしまう。

 

不整合性と言えば、作中で一番割りを食っているのはウィルみたいな精神性の持ち主だと思う。エグゼナとか堕竜だとか。「私は⭕⭕に喜んでほしい」→「私は⭕⭕に認められて、側で役に立ち、力になりたい」そういう考えのやつが、より便利な使い魔に脱皮したいと考えればああいう道もあるだろう。飼い主が制御できる前提で。

「僕達もあの空の向こうに羽ばたきたかったんだよ」そう言えた頃のエグゼナは、先輩になれたら。ネスティの様に良いビジネスパートナーやメンターになれていただろう。

サモンナイト5のウィルには助けられているけど、だからってバカ弟子扱いがウィルにあっているとは思わない。ナップとかバノッサとか向きじゃ。適格者同士の運命が入れ違ったりもしているようだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

www41.atwiki.jp

 「最愛の人に捧げるボーイミーツガール→サモンナイトムシウタ」→似たような属性でいうと、ムシウタの杏本詩歌ルートとか。「出逢えた人との約束のために、自分の夢のために生きられる世界にするため戦い抜く」話であるけれど。

ただし劇中、女性主人公ルートへの「無告知変遷済み」といった感じだ。杏本詩歌は、一乃黒亜梨子や夜森寧子と歩くのが美しい。「アキ」とか「墓守」との、新しい名「スノウフライ」としての彼女のラブストーリーも推奨ルートなのだろう。

ムシを徹底的に憎む道もあるけれど。南風森愛恋や土師千莉、中山カノンに出会える人達には、ムシと付き合っていきるのも「愛を与えてくれる人がいるから」功罪なのかもしれない。そんな人少ないけど。

それを考えると、エリィが待ちぼうけルートなのは不憫きわまりない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメルの夜会話を見ていると読めてくる。

ルヴァイド達を、「何であんな人たちがあんな酷いことが出来たのか分かりません→あそこで襲っていればそれで済んだのに。部下達を思いやる心も持っていた。」→召喚させるのがテンプレな外道召喚師や悪魔崇拝者なために。それよりもましな連中も、非道をやるのが理解できない。

天使の力を用いて「何で私あんなことができてしまったんでしょうか。自分がどんどん違う存在になっていくようで怖い。」

邪鬼を見て、「鬼が人に憑く病気だとすれば」「私にもっと力があれば邪鬼との繋がりを絶ってあげることができたかもしれないのに。」→より強く引き寄せて、鬼の引力を引きちぎることもできたかもしれない。アミュレット扱い。

自分が悪魔だから天使の力を使うとき。「手放せないならもっと役立てたい。この力がたとえ私に不幸をもたらすものでも。周りの人達に幸せをもたらすことはできると思うんです」

悪魔が何かを目指す理由を、魔術や契約で縛りあっているからだという前提にたって。ルヴァイドについて「あの人の心を縛り付けているものさえ絶ちきれれば」と。

自分も人を誤解させている自覚があった上で「困りますよね。これじゃ。これから戦う相手は人を騙すのが得意な悪魔なのに」

最終決戦前の会話で男主人公と。本当に気持ちを食べて。「出会えたのが貴方で、あなたから暖かい気持ちをたくさん貰うことが出来たから、今私はここにこうしていることが出来るんですもの。」「あなたの力になれて嬉しい」「捕まえていてください。私を」「あなたに出会えて。側にいられて、好きになった人があなたで本当に良かった。」 

悪魔を、召喚師が縛っている関係から「捕まえていてください。」「あなたの側に」

などと話す。このレルム村のアメルは、縁切りを司っているのだろうか。縁結びの神の逆。

モイラ (ギリシア神話) - Wikipedia

ノルン - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

なお、本命だと思える名前は、

タローマティ - Wikipedia→トリスとアメル、アリーゼ⚫マルディーニの由来か。

ザリチュ - Wikipedi

ダエーワ - Wikipedia

アエーシュマ - Wikipedia

火星交換士分館・ソロモンの72柱 - 72 Spirits of Solomon

 ただし、アスモデウス本体だと配役ミスだろうが同格以上の悪魔が気付かないはずない、または失踪に関して騒ぎになっていない筈がないため、中途半端な欠片と言う可能性すらない。本当に、傍流の小娘なのだろうが、サプレス系は千数百年生きていても未成年扱いだろうか?あのメルギトスより本当に若いかも怪しい。

一方で、人間と恋した頃のアルミネスよりは年上。ギアンの一件でハーフリングの話が出たが、メルギトスが言うように「人間風情が身の程を知れ」と言うのが正直なところのはず。それであそこまで親しくなるにはー人間以外のものが手引きするか、片方、恐らくはアルミネスに助力しなければ秘匿できない。寧ろ、逢瀬のために悪魔の力を借りる程の、人魚姫アリエルのような女性だから、はじまりの堕天使と言われるまで逐われたのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ザリーチェ渇き、のものに拘ったのは、サモンナイト5のヴェローチェが新月の暗闇に現れる悪魔だからと、アメルも食物を尊重する血識趣味のようだから。

ヴァンパイア - Wikipedia

吸血鬼 - Wikipedia

一方で、アリーゼやファリエルを見ていると、幽体にまつわる存在だとも思えるため、

レイス (幽霊) - Wikipediaへの干渉も得意な

交霊会 - Wikipedia ネクロマンシー -  アンデッド - Wikipediaのようだ。サモンナイト3のアリーゼルートを見ると、恋慕、思慕にまつわる悪魔の係累だと見るべき

ヘカテー - Wikipedia

キルケー - Wikipedia趣味ではあるけれど。女神、タローマティ - Wikipedia。別な属性を伸ばしたのが、人の心をかき乱すメルギトスか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポムニットに「自分から力を求めたら、二度と元に戻れませんよ」といった霊能力者。彼女もタローマティの同類か操られていたとすれば。

ヴェローチェの由来はダエーワ、タローマティ。「邪神達の女神で、背教を司る大悪魔」手口は、託宣で設定した禁忌、への背教→禁断への違約、をトリガーにした追放と変身。アルテミスのカリストーへの措置のような。魔女らしい変身魔法趣味。白鳥の湖? ゾロアスター教から。カリストー - Wikipedi

 

神官のような宮司、巫女、霊媒師趣味だから召喚魔術 - Wikipedia使い。よって、霊媒と憑き物の間に入る中継ぎ→霊媒師故に負担も少ない。仲介企業として仲介手数料で生計を立てる、異界の者の癖に召喚師。召喚魔術 - Wikipedia

仲介 - Wikipedia 不動産売却の知識、仲介契約と媒介契約とは? | 不動産売却なら【イエカレ】

せいやく【誓約】の類語・シソーラス - 類語辞書 - goo辞書

特約の検索結果 - goo国語辞書

ちょうはつ【徴発】の意味 - goo国語辞書

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スキルも、自分も現地の提携者と蜜月に落ちてから、チームプレイと共同作業で同郷と周囲のオカルティズムの憑き物を使役し誘導、儀式と重約で命令優越件を徴収する。彼らからもサモンアシストを受けて、暗黒神官に化けた、アンデッド召喚師無双プレイができる。霊脈→パワースポットでコンセントさえ用意できれば、交霊会レギオンを展開するタイプ。鎌池和馬のブラッドサイン式では、他から助力を得れないために目立たないタイプ。折角の白棘なのに。

未踏召喚://ブラッドサイン - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マグナがインドの宗教→ゾロアスター教、火の神で善神ならば、アグニ→

アータル - Wikipediaに当たるため、正邪で、祝福されない運命なのかもしれない。

ヤザタ - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまでレルム村のアメルをあれだけ解説しておいて、何故繰り返しこのようなことを説いているかと言うと。やっぱりサモンナイト2の展開が理不尽だからだ。旧王国と聖王国があれだけ苦しんでいるのに、リィンバウムの他の土地では自警団が贅沢な面子である。理不尽だ。本来、ポムニットやファリエル、エニシアの古妖精や天使版が終始事態に挑むべきだろう。

アメルは本来、サブシナリオで出て、隠しキャラ扱いで加入するタイプだと考える。クレスメント家の二人がいるのを条件に。誓約で弱まった悪魔というのを、

触れ込みは。吸血鬼に噛まれた被害者である召喚獣、とか養父の行いのせいで悪魔の元に誘われる呪いをかけられた、召喚師の素質ある少女、とか。劇中で悪魔とばれない方法は一杯あるはずだし、それを見破るイベントを作ってもクレスメントの二人は一緒にいてくれるという展開、ポムニットの様に用意することはできると思う。

そもそもサモンナイト2の悪魔側の戦果が大きすぎる。円滑に進んでいく辺り、→

ヨハネの黙示録 - Wikipedia

ノア (聖書) - Wikipedia

聖典 - Wikipedia

末法思想 - Wikipedia

マスティマ - Wikipedia

にあるような、エルゴの意思による宗教者への試練でないかとすら思えてくる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エルゴの王亡き後、人々が団結しなければいけない時代にこそ、アキュートやフラット達がサモンナイト2編に挑まなくてはいけなかったようにすら思える。リィンバウム在住のはぐれ召喚獣達、個人的な理由があるもの以外ガン無視だったし。ラムダ、ローカス、セクター、キュウマ、アズリアやクラウレはこういう物語に挑むべきな気がする。

そこを考えると、旧王国からの逃避行を、本当は「聖女」はやってはいけなかったはず。「逃げちゃダメです」→あのアメルにはそんなこと言われても、という感じなのだろう。悪魔を騎士の方から追いかけていくって、抵抗しない方が正しい。

でも、エルゴの王の妾腹は捕まった後助け出されたんだよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吸血鬼カーミラの健全版や異類婚姻譚のような、異界の民との交流譚。セイヴァールの先駆けになるようなふれあいを、アメルと主人公達はしているわけだけど。

それにアルミネスの欠片とか旧王国からの逃避行とか必要ないだろう。レルム村の焼き討ちさえなければ、ファリエルは、エニシアのように付き合ってもよかったのかもしれないが。

アメルとファリエルが逆である方が、推奨ルートな気がする。ハイネルでもアメルに暖かい気持ちを分け与えて、きちんと育てることができただろうに。

 アメルがファリエルの側にいたら、魂殻片、移植式ハイブリッド強化人間実験にでも付き合わされていたか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ポムニットの混血としての祖がアメルの系譜であるなら。

混血の系譜のスキルを深紅の魔眼→混血の怪眼球

真祖の方の能力が、

擬態時が白魔術の僧眼

真の姿で、異界(白魔術)。または念視の怪眼球など

眼力の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

とかだったら面白いかもしれない。設定上、コスモス秩序を求める時代の後に、ニュートラルを求め、カオスへの運命が傾くとすれば、

タレント:光明抑制の(競合)白魔術

なんて疑似白魔術もできるかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が家名をつけるならば。ラベンダー→ラヴェンデル。ラヴェンナラヴェンナシュ。

アエーシャワダエーワやアシュタロトを意識して。

ラヴェンナ - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とある魔術の目録風に言えば、最低でもポゼッション、メタモルフォーゼ、レイスにまつわるドレイン系のアブソーバー、スティールやスナッチ、輸液のトランスフュージョンや液体のフロート。魂などのアストラル旅行、ドッペルゲンガーのブリンク、サイキックやアストラル⚫プロジェクション、ポルターガイスト、インクリース⚫ゴーレムとそのコマンド、リザレクション、反魂香、金縛りや抜け首の病、血の「刻印」と言われる系の力を持ちそうだ。つまり、冥界にまつわる魔術師や悪魔固有の能力を鍛えられそうなタイプである。特に、精神を見抜く魔眼と補食能力、擬態能力に長けていそう。

パワースポット - Wikipedia

アストラル旅行 - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ムシウタに出るのであれば、本来の能力であれば、不死の虫憑や浸父、おぅるの代役になれる気がする。むしろ、おぅると彼女は立ち位置が逆、おぅるこそふゆほたるの名とかっこうの恋人が似合うものだと思う、ミニスっぽく。なぜ鮎川千春が該当する記憶を持っているのか不思議で仕方ない。ミスリード役の監視者についた、要警護対象本人、というのがあのおぅるだと思う。

そして、照が立花利菜のポジションにいるべきだという気もする。フェアっぽく。

両方、元から一号指定。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の考えた、エル⚫アフィニティスの魔王召喚者、版アティ⚫ポムニットに使わせたいステータスデータ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://takagami.easter.ne.jp/snrpg/stage-a01.htm

サモンナイトU:X 人物図鑑 | Y.A.S.

サモンナイト2の護衛獣に合わせると、彼女の力も邪視だろう。

アンラ・マンユ - Wikipedia

アーリマン - Bing images

ディミニエ姫が魔王召喚の依り代になると。レベル30ー50ー60くらいで敵軍に投入されるだろう。

邪視 - Wikipedia 

遠見の検索結果 - 辞書すべて - goo辞書

 

遠見の邪視:横三マスに直線三マスのT字で四マス射程の石化状態異常付与。魔眼だが遠視、とあるように普通の召喚術扱い。とあるの初春が衛星動画を多用するように。

朽涸れる祭殿:射程2の短距離で自分を中心にした大範囲でダメージの石化付与。HP吸収攻撃。憑依でスピード1をかける。

死神と悪魔憑きの丘墓:吸収付きの→中範囲のマス内で連続魔法攻撃。精神攻撃⚫改に暴走召喚のMDFダウン、MP吸収ー憑依をかける。MP消費大、だが吸収効果を合わせると、攻防一体。

サモンナイト4のボス設定を使うのだったら、狂血の呪い、狂血の鼓動、深紅の魔眼、吸収攻撃、邪眼、幽角の癒し、送還術。全部とは言わないけど、かなりの部分がアメルの系譜に由来するのだと見る。

変身(によるステータス入れ換え)は必須。これがなかったからサモンナイトのバノッサ、オルドレイクはショボかったと見る。

血友病 - Wikipedia

麦角菌 - Wikipedia

ハンセン病 - Wikipedia

などに力が憑依すると見る。ユークロスのクラレットの設定のように

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スキル:狂精の因子(魔法薬)。小範囲4マスに遠距離攻撃:強酸をMAT判定で発動。狂化を与え、「変身、狂血の呪い、狂血の鼓動、蘇生」を付与する。以後、発動者の陣営に攻撃できない。等を与える。

という美女と野獣幻想になりそう。発動側は不思議の国のアリスの魔法薬を使っている気分だけど。

サモンナイト4の伏線テーマ。幽角と狂血、月光花の所以は

月狂条例 - Wikipediaだろう。

狂血の呪い。カサスの固有スキルのようで環境と術者さえ整えば再現可能。

骨髄移植 - Wikipedia

骨髄バンク - Wikipedia

造血幹細胞 - Wikipedia

恐らくは、サモナイト石を三つ使用。略奪種の悪魔と、ジルコーダのような社会性昆虫の性質を持つ憑依存在、被験者の制御用の空白の石を用いて発動。被害者数×MP40、で効果を発揮する。などと考えてみる。「伏せなさい。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最大のウリ 

「異同の優越特約」魔王召喚で繋がる魔王の魔力で、召喚魔術の誓約命令権を略奪する。

「契約よ」続けてこう表示される。「魔力を吸収されて多重誓約をかけられた。相反時は向こうが優越されてしまう」

「コストとしてMPを10とサモナイト石二個を使用する。一個を消費し、もう一つは、その戦闘終了まで、自分のものとしていくつでもストックする。

新しい戦闘時には本来の召喚石装備数で戦闘。」

:造反の特恵(特約):「相手が召喚術を使用したタイミングで発動。その術を打ち消す。そして攻撃の場合は発動者を含む、その召喚術の範囲で、自分が暴走召喚として再発動。回復の場合は、自分からその石の術を用いる。」

相反する仲介:「相手がユニット召喚獣を召喚または憑依魔術を用いた直後、またはその後任意のタイミングで、そのユニットと憑依を強制送還、初めて召喚される形で自分のユニット召喚可能範囲に呼び出す。」」両方とも、望まないときは送還術だけに留められる。コストは0

「交霊会の仲介者」*重複する召喚獣の多重発動可能。

→サプレスの術であれば、中範囲内で最大五体、同種の召喚獣を、一回の行動で複数の対象に憑依させることができる。ダークレギオンを四体または三体ストックしている。

残りの枠はそのゲームのサプレス系とロレイラル系の便利な石を。

また、相手が軍団であるときは、毎ターン一体ずつ亡霊召喚師のポップが可能。そして、相手を一体倒すごとに一体のユニット召喚獣が呼ばれる。ムガムガ、魔天兵、亡霊召喚師、近衛大悪魔から選択可能。

sn4psp.gcwiki.info

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

haiiroouke.hatenablog.com