読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂界戦争 サモンナイトユークロス 最大の欺瞞 エルゴって不老不死で一代がずっと続いているのか?ハイネルの次代が若かったように、新芽への代替わりを繰り返しているのでは  メイメイが言った本当に好きな幼馴染みの女の子、がリィンバウムのエルゴの化身か、リィンバウムのエルゴの核識なのか。鍵は複数 そいつを隠してみんなを騙してたんじゃ。でも、今現在その転生体は私欲を満たすために専横してそう。三つ子の御子→リプレとディミニエとミニス、的な。御使い筆頭のメイメイも教育係?

 エルゴの正気と細胞老化を私は疑っている。でももう一つ可能性あった。「エルゴの抹殺」をメイメイは危機としていたが、エルゴって不老不死で一代がずっと続いているのか?

先代がリプレで双子の御子→ディミニエとミニス、的な。御使い筆頭のメイメイも教育係?

エルゴは、新芽への代替わりをするのではないか。サモンナイト4を見直して気付いた。

核識だって、まだハイネルが使える内に先生を用意しようとしたんだ。ハイネル一人では限界がある、またはー生前の最終決戦で壊れかけ、最後は肉体の無い死者となったから、「自由になりたい」ディエルゴの要求水準に満たない、というのが公式見解だった。でも、ハイネルが大人しく部品になっていたら永久に、天然のエルゴたち同様ずっと君臨できていたのか?人体ベースであれば正気でも限界が来たはず。

核識よりは軽い役であるエルゴの守護者とて、最低でもシルターンの巫女カイナは、歴代の中の今代、に過ぎないはずなんだ。実は永遠に生きている初代、だとしたなら人伝に聞いたという情報が多すぎる。

 

もしかして、ラウスブルグの守護竜同様に今代エルゴがまだ若いから、各種問題の修正役としてエルゴの王が呼ばれたのではないか。リィンバウムのエルゴが界と界の連結部で責任重い役なのに。未成熟なものが継承せざるを得ないから、母である先代エルゴがエルゴの王を呼んだのでは。

作中のカシスやトリスの台詞同様、「無力な血統保持者など癌でしかない」、という意見か?

エルゴの王は、最低でも至源のエルゴと話せたのに。リィンバウム生まれのリィンバウムの守護者を用意していない。「エルゴの王=リィンバウムの守護者兼任で、エルゴの王から脈々と継がれている」、だとするならゲーム中で他の勇者たちに任せすぎだ。最低でも情報提供や布告くらいはしてくれるだろう。そもそも二代目リンカーが生まれた時点で初めの血統は要らなくなるはずだ。

ひょっとして、メイメイが言った本当に好きな幼馴染みの女の子、がリィンバウムのエルゴの化身か、リィンバウムのエルゴの核識なのか?

 

だとしたらエルゴの王が皆を騙し続け。秘密を漏らさないでいるのも理解できる。

だって、自分が下がったら今度は、愛してる幼馴染み、が核識と繋がれ、狂うほどの重荷を負ってしまう。そこら辺、本当にウィザーズブレインのマザーコア、ネタかよ。