読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要項 ウリキエルの知る観測者にのみ見える真実

この世界もまた、界の狭間同様に反復の法則が存在する。因果の積み重なりが、歴史の相似を繰り返す。傍観者の視点の一つ、ナンバリングゲームソフトの1区切りずつもまた、分け方の一つにすぎない。

エルゴの王以前の現象の新観点

  • 禁忌の森と呼ばれる場所は、中心部の機械遺跡を迷霧の森、つまりバノッサの墓標となったサプレスのゲート特異点として。森の及ぶ全域が、かつてのサイジェントの町を含む円周に相似する場所である。古妖精の奇跡によって緑が多い尽くした場所である。
  • 本来、サモンナイト1のシナリオでは、二代目エルゴの王は来ないはずであった。
  • まず、二度である必要は分からないが儀式は行われ終わる。魔力を集積したアイテムによって。クラフトソード物語 はじまりの石の伝説、の「大きな都を一つ滅ぼした一件」がサモンナイト1のバノッサの領主城襲撃のように行われる。
  • そして、街から離れた場所ー森の中で門が開き、生け贄を取り込んだ悪魔が破滅する。
  • 生け贄にされたものの縁を伝い、縁者をサプレスのものが取り込む。悪魔・または源罪であるゆえに。他の憑依系召喚獣よりも、人間の感情の波を好み。取り憑き、生け贄を狩り、実力を演出し、従者を用意し。知能も高まるゆえに。漂着者として、操縦できる現地の何かを育て。利用価値のある権勢を築き、自らの計画に組み込み玩ぶ。レイのように対等な関係を築く足掛かりを、一度折られないと得られない。利用できる程度に育てるため、日本神話の動物の恩返しを装うように、そのものがつく勢力は一旦は興隆しカードを充実させる。
  • メルギトスは最悪だが、サイジェントマーン家程度のものが傀儡にされる程度の因縁である(ユエルのように、利用しやすいから、と言うだけで必要な教育を受けさせず偏った思慕を植え付けられる。傀儡政権の、旗頭として括られる。異界より来た漂着者、摂関主権趣味の人形遣い雛人形として据え付けられる。ギアンによるエニシアへの善意のように、本当は寵愛の念もあるのだ。)(あのトリスにして見れば、ユダヤの神とカインとアベルの確執と契約に近く見える。先天的な縁故と因子に左右される、憑き物筋系譜に近い、か。)
  • その者には、異世界への門を開く動機ができる。ギアンサイドと名付けよう。調律者の件は、同じ異界の民同士の話。融資者への秘約と内応だった。ギアンの場合、(ゆうかく獣の性質を考えると、攻守逆なのだけど)ギアンサイドは「されど罪人は竜と踊る ピエゾ編」の外国勢力による、現地組織の出先機関化。を担う組織

 

  • 一方で、暴走召喚か何かしらの事故で、召喚者が明確に定まらない召喚獣が呼ばれてくる。その物は、召喚術にまつわる何かをくすねる機会を得たり、新しいマスターを欲していたり、強大な力を持った何かを手にし、自らから手放せない事情を得る。そんなルートに分岐するチャンスになる。モナティやユエル、カサスのことだ。彼らがセイヴァーや、竜の子になっていた可能性もあった。竜の子サイドと呼ぼう。(強大な力を持っている側が善性になる辺り、肉食獣らしさを、魔人形化に近い状況になる。反抗心を奪われ、リーダー足り得る社会的応力を高められる現象に晒される。)
  • クラウレの言うように、便乗すべきチャンスを見過ごしたのは、そのものの過失だ
  • 竜の子サイドの急所が、ギアンサイドの異界との内応の鍵となる。
  • サモンナイトxサモンナイトツインエイジのように、召喚獣から異界への扉を開く動機が生まれ。そこで何かの一団と戦闘になる。恐らくは敗れ、あちらから半端に来た、またはあちらの影響でこちらから内応するものによって、ラスボス戦が行われる。

 

  • ラピュタのように、空からの落とし子が一連の件の鍵となる
  • ずっと側にいた誰かもまた、リィンバウムの界の意思を反映であり。ラウスブルグの御子や御使い、里人に括れる存在だったりする。