サモンナイトx アメリアへの推理 メモ

 一度に歩くメンバー四人で、戦闘中も含め十人のメンバーを入れ替えながら進めるRPG。HPがゼロになった仲間も、その戦闘が終わったあとはHP1で次の戦闘に参加できるやさしめの設計。町中やダンジョンのフィールドを戦闘中以外に探索し、NPC町の人に何度も話しかけられるあたり、ナンバリング作品と大きく異なる。

町の人と話せる分、「返事がない、既にこと切れている」死者がはっきりと分かる。序盤からそういうNPCが出てくる。主人公が十年以上過ごした都市がいきなり攻められ、要人が死んで逃げ延びるところから物語が拡がっていく。人類の敵対種が出てくる一方で、サモンナイトらしくそいつらにも闘う背景や理由が存在する。人類の苦しみが我等の喜びなのだ、というスタンダードな悪役に描かれない。RPGとしては、主人公逹の目線からは、幻想水滸伝のような事情だ。
サモンナイトのナンバリング作品で見ると、本作主人公はサモンナイト5の主人公逹に近いキャラクター性に見える。また、サモンナイト5に出てくるアベルトと龍姫に似たキャラクターも登場する。一方で、サモンナイト4の敵軍団それぞれに相似する背景設定も登場する。クラウレやグランバルドに似た敵ボスも登場している。
サモンナイトの召喚術システムと大きく異なるのは、
まず1パーティーに一種類の召喚獣の術装置は一つだけであること。同種類の召喚獣複数個持つことができないため、使い手は慎重に選ぶ必要が出る。
次に、タレントという、戦闘時に選択して発動させるのとは異なる、恒常作用型の特性をもつ召喚獣が存在すること。その召喚獣を装備させたキャラの、パラメーターの攻撃力の数値が上がったり、HP、MP、戦闘後の獲得経験値や収入が%増しになったりする効果など。さらには、特定ステータス異常無効や特定属性ダメージのレジストや吸収によるHP回復効果への転換。追撃や反撃の可能性をもたらす効果である。サモンナイト4の姫の能力に近いか。
三つ目に、サモンナイトナンバリング作品のような召喚ランクがないこと。指定されたMPさえあれば誰が装備者でもその召喚術を発動できる。タレントは例外を除きMPを消費せず効果を得られる。
四つ目に、召喚獣の出身世界が三つではあるものの、召喚獣の術装備を使用する限り違いを感じないこと。一旦術装置=召喚プレートを完成させれば、出身世界の縛りなく装備させることが可能。作中で、一つの世界の術を極めた家系、等は出てこない。
最後に、世界の魔力は太陽の陽光から生じるとされているものの、世界自体に神様が用意した、マナの門という入口と出口を司る門が二つあり、マナを異界から汲み上げ、異界に排出するシステムが構築されているようである。
簡単に本作の特徴をまとめてみたが、リィンバウムとの比較は是非プレイした上でやってみることをお勧めする。

追記~
私のフェイバリットはタイデルとアシュリーのペア。タイデルは漫画 怪物王女にも登場できそう。名前から楽しい。タイデルは「ダイダラ=泥田坊」や、「タイタン→ティターン神族、アトラスとかマイアとかヘルメス」に当てはまる。しかしペアの名前を合わせることで「アシュリーとタイデル→アシュ、タ、ル→アシュタロト、アスタロト」とも読める。でもアトシュとは異なるタイプ。サモンナイト5のエクセラの、「私も、ー潰したーい」って茶目っ気に似てる。アシュリーの本領はネクロマンシーだと思う。機械兵士の友達とかいたら見てみたい一方で、サイクロプスよろしく辺境に流刑されそう、にゃんこ趣味ってノベライズ版のあのキャラのモチーフじゃ。獅子将軍との縁とか、アストレトはライオンの頭を持った女神の描写をされたとも言うが。詳しくはやってみて想像してみてください。
また、タイデルの見た目はサモンナイト3のファルゼンに似ている一方で。ファルゼンの中の人のキャラクター性は、あくり~んが大臣の時の議会クエスト、おばちゃまを探せ、の妖精王マリスに見える。「品位」を言うあたり悪評で困っているのかもしれない。アプサラスとか、芸能関係の美人多そうだし。タレントスキルの多さから、上位妖精のアマノミコトがサモンナイト4の姫の、親族に見えてくる。サモンナイト3のイスラの文句は、「人間界に興味がない」マリスにも当てはまるからね。「興味の無いふりをして、関わらないのが利口だろう」って。一方で、女神の忘れ物の時のかわいい呪文、「あくり~ん、あくり~ん、あくあくり~ん」って、よーく聞いて並べ替えると「カーリー」である。実は妖精ってみんなスプリガン並に狂暴なのだろうか。水属性関連やクラーケンが出るあたり、アイルランドケルト神話のダーナ神族のマナナン⚫マクリルの縁者、またはリルかダヌ本人なのかもしれないけど。海で津波を起こすために必要なハンマーじゃないだろうか。北欧神話海神エーギルの娘、波の乙女?
サモンナイト4の守護竜は、過去の体験から武力を封印したホワイトテイルのイメージだろうか。
また、悲劇な一方でアメリアのエピソードはアスモデウスの逸話に似ているのだ。能力的に、当時はスカーラでもつけてた?召喚プレートの相性から起きた事故だったのでは。

逆に、まず攻撃されたのがアメリアだったという説も成り立つ。作中では、サモンナイト2のビーニャに次ぐくらい、陽気に人格破綻をしていたが。でも自分への狂化って、一般的には騙し討ちするやつが選ぶ札じゃないよね。銃=火器の使い手で焼き討ちを選ぶやつなら、火属性の召喚獣関連という推理は正しい。ただし狂化絡みの召喚獣はスカーラとアウローラであるが、どちらも実力者であり作戦的におかしい。

スカーラの性質を考えるに、炎の魔神ではなく「悪神、邪神、荒ぶる神、としての、アスラ、阿修羅」だ。スキルの構成的には「スカーラ→らーか→ロキ、火山にいる」または「アスラ→インド神話→悪竜ヴリトラ」のことなのだろう。「火山」関連で、山神→日本の荒ぶる神→山姥、山姫を考えてもチャージや狂化の説明がつく。山姫もとい鬼姫鬼姫だったらレディースのような不良→「反抗期」と言うのも合点がいく。炎の力が魔人でピカ一と言うのも、鬼の不動明王、軍じゃり明王のかるらいの炎からと見ると自然。一夜懐妊のコノハナサクヤヒメ愛染明王やダキニ天→稲荷神のイメージではないし。ただし、結婚式にまでこぎつけた本人がわざわざ発動させるとは思えない。寧ろ、新郎に恋慕していたものが嫉妬の念から何かしらの呪術を行い、「嫉妬の鬼→橋姫」としてのスカーラをアメリアへ憑依させたと考えるのが自然だ。鬼神であるカーリーは犠牲者のパーツを集めるというし。片翼もそこら辺の理由か。

呪術を行うような、エアリエル→シルフィーユやティンカーベル→シャイニーベルでもいたのか。妖精も焼きもちやきだというし、マリスが起こりっぽいのもそこら辺の理由か。こんな推理も封じるほど、国と国、種族と種族の違いは不信の火種になるのか。