読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サモンナイトxティアーズクラウン、特徴のまとめ。

一度に歩くメンバー四人で、戦闘中も含め十人のメンバーを入れ替えながら進めるRPG。HPがゼロになった仲間も、その戦闘が終わったあとはHP1で次の戦闘に参加できるやさしめの設計。町中やダンジョンのフィールドを戦闘中以外に探索し、NPC町の人に何度も話しかけられるあたり、ナンバリング作品と大きく異なる。 町の人と話せる分、「返事がない、既にこと切れている」死者がはっきりと分かる。序盤からそういうNPCが出てくる。主人公が十年以上過ごした都市がいきなり攻められ、要人が死んで逃げ延びるところから物語が拡がっていく。人類の敵対種が出てくる一方で、サモンナイトらしくそいつらにも闘う背景や理由が存在する。人類の苦しみが我等の喜びなのだ、というスタンダードな悪役に描かれない。RPGとしては、主人公逹の目線からは、幻想水滸伝のような事情だ。 サモンナイトのナンバリング作品で見ると、本作主人公はサモンナイト5の主人公逹に近いキャラクター性に見える。また、サモンナイト5に出てくるアベルトと龍姫に似たキャラクターも登場する。一方で、サモンナイト4の敵軍団それぞれに相似する背景設定も登場する。クラウレやグランバルドに似た敵ボスも登場している。 サモンナイトの召喚術システムと大きく異なるのは、 まず1パーティーに一種類の召喚獣の術装置は一つだけであること。同種類の召喚獣複数個持つことができないため、使い手は慎重に選ぶ必要が出る。 次に、タレントという、戦闘時に選択して発動させるのとは異なる、恒常作用型の特性をもつ召喚獣が存在すること。その召喚獣を装備させたキャラの、パラメーターの攻撃力の数値が上がったり、HP、MP、戦闘後の獲得経験値や収入が%増しになったりする効果など。さらには、特定ステータス異常無効や特定属性ダメージのレジストや吸収によるHP回復効果への転換。追撃や反撃の可能性をもたらす効果である。サモンナイト4の姫の能力に近いか。 三つ目に、サモンナイトナンバリング作品のような召喚ランクがないこと。指定されたMPさえあれば誰が装備者でもその召喚術を発動できる。タレントは例外を除きMPを消費せず効果を得られる。 四つ目に、召喚獣の出身世界が三つではあるものの、召喚獣の術装備を使用する限り違いを感じないこと。一旦術装置=召喚プレートを完成させれば、出身世界の縛りなく装備させることが可能。作中で、一つの世界の術を極めた家系、等は出てこない。 最後に、世界の魔力は太陽の陽光から生じるとされているものの、世界自体に神様が用意した、マナの門という入口と出口を司る門が二つあり、マナを異界から汲み上げ、異界に排出するシステムが構築されているようである。 簡単に本作の特徴をまとめてみたが、リィンバウムとの比較は是非プレイした上でやってみることをお勧めする。