サモンナイト 真実のストーリー解釈

プロット

ケンタロウは何故配水設備を壊した

→マリアージュが水の管理者であったことをついたのと、別荘建築のために大人数を動員する際のインフラを叩いて用地誘致を壊したかった。そもそも、ケンタロウは名もなき世界出身である疑念がある


何故帝国はマリアージュを封殺したのか。

→外から来たケンタロウと間違えた。また、ケンタロウがマリアージュから力を得た守人であることを考えた。ケンタロウを捕まえてから交渉すべきであるが、帝国側も寧ろ始めはマリアージュorケンタロウを味方につける予定であった。帝国の領土拡大に貢献する形で存分に暴れる場を得ないか、と。既に子持ちだったマリアージュはケンタロウと子供達が帝国に縛られるのを望まないと分かっていたので。+ケンタロウの方にいって断られると蒼の派閥以下対造反召喚師用の集団に狩られると分かっていたので。ケンタロウ増長の責任も込めて自分が暴れてて協力もしない、と吹っ掛けてわざと倒されて決着にした。アーサー王伝説にあやかれるマリアージュは旧王国や帝国が喉から手が出るほど、アルミネス以上に欲しい。剣士で有角獣のジークフリートやアキレス以上にエクスカリバーの脅威は大きい。


何故レディウスは会議に謀反したのか

→誰よりも公僕であったから。レンドラーの皇帝親征の件を見るに、帝国と旧王国議会はパイプがある。取引次第で衛星都市のいくつかを売り渡してもいいレベル。レルム村襲撃集団を見るに帝国の強化兵技術実験被験者を供与している節すらある。本来は召喚術を否定する国家だったのに、二十年未満の歳月で顧問召喚師が権勢を誇るようになった、当然その過程には反対勢力もあった。アグラバイン亡き後の反対派の精神的支柱はレディウスになった。マーン三兄弟に対したレイドのように。しかし、このまま散発的に聖王国とその属領のトライドラに攻めていても国力を引き離される一方であること。単勝しても残った一方に漁夫の利をとられるとわかっていたこと。中枢の議会は議会で騎士を考えない研究に手を出し始めていること。旧王国辺境の悪魔被害がどうも召喚師絡みであること、を考え犠牲を最小限にするため。精神的支柱である自らが相討ち、またはなぶり殺しにされることで他の反召喚師派を抑制する策に出た、のだろう。自分一人が見せしめになって決着をはっきりと示す、誰より国家に忠実な殉職者だったんだろう。そして、本来であれば天下三分の計のように、レイムを派遣した国(聖王国領の技術を狙い、近い強化兵技術を現在研究しており。聖王国での活動に手引きがなかったことを鑑みると帝国諜報部?)にデグレアを掌握されて、トライドラのような尖兵兼属領として寝首を狙う策に出ることを思惑していたのでないか。

 

何故マーン三兄弟は悪政を敷いていたのか

→悪政に関して、社会保険の薬無料配布及び累進課税導入は聖王国文官より。エクスの推進する社会保障政策。

マーン家本来の事業計画は、縁戚関係のコネで赴任した領主へのパイプ構築と両国のパワーバランス調整。

金の派閥の有力家の稼業と代名詞、国柄は。

マーン家が水路、道路の流通交通事業。通関や旅行、造船や船員育成、国土交通土建屋など交通手段産業にコネを持つ。一方で悪魔使いとしての国柄はドイツ。トリックオアトリート、のハロウィンやメーデー春節祭に強い。眠り姫やシェークスピアのハムレットで有名。シルヴァーナというネーミングは、寧ろウォーデン家系のワルキューレのセンスな気もするため、チェンジリングではないかと感じている。

ウォーデン家がラインの黄金ワーグナーの作品中の妖精達に近いはずだが。寧ろ指輪物語。専門はファッション系。宝飾系や貴金属デザイン、洋裁のロイヤルブランドを握ってそう。セクシーno.2というネーミングもココ・シャネルに倣ってだろうし。服装の趣味はケルトのダーナ神族。パッフェルを雇っている辺り、妖精の名前あての逸話に縁がある。ダーナ神族にはエクスというものもいるそうだがー。

 ブロンクス家が地元のホテル王。宮廷趣味な服装から、イタリアかオーストリア系の接客業、宿泊業に強い。宿場町整備という面で給水機関や橋に興味があり、旅人や旅行者必須。機械系なのは建築、施工系にシェアがあるからのはずだが。

 サイジェント、マーン家については水路の輸出入事業が本命。都市開発事情も含め、将来的には鉄道網を拡張して郊外不動産開発に着手するだろう。アウトバーンのような旅行網や社会福利で名士となっていくのだろう。故に交易品の産地事情はあまり深入りしたくないはずなのだが。皇帝親征などの国境情勢不安により産業開発顧問としての職分を越えた活動を求められている。国境ということもあり両国から流れ者が入る町であるゆえ、地元の騎士団は都市内部治安維持に関心を持ちすぎており、領主による自治権確保の綱渡り外交努力に理解がなく。また文官も育っておらず、急速な都市・産業開発に社会政策が追い付いていないため中央官僚ー文官会議からの口添えをそのまま流しており、領民の行政支持率は低下の一途をたどっている。アキュートのラムダによる、領主主導の手厚い官民一致の自治都市運営思想は両国の狭間という事情で難しくなっており、それがますます顧問召喚師依存を強めている。そして、税金上納を諦めた失業者によるオプティス流れは益々深刻化しており。騎士団の損耗率、任務消化不良を加速させるだろう。しかし、産業収入で治安維持のための傭兵枠、警備員増員を行えばまた帝国を刺激する。国への上納金の額も上げられてしまう。

エルゴの新王と無職の派閥の介入がなければ、イムラン暗殺による召喚師派閥の制裁による融資金引き揚げ。及び産業凍結による輸出入取引先からの不渡り、莫大な違約金と担保回収により一気に自治権接収が進んでいくことになっていただろう。そうなれば領民は追い出され、中央から派遣された代官による軍事基地化か死の沼地の産油採掘用プラント化を招いただろう。マーン家は悪政の元凶ではない。解決する理由も大して無い。


何故ファナンの水道橋の海水を真水に替える、ソレルク養殖技術をサイジェントに応用しないのか
何故クレスメント一族は召喚兵器に手を出したのか
何故クレスメント一族はライル一族を拾ったのか
何故クレスメント一族はアルミネを改造して使い捨てる形にしたのか
どうしてちみの宝珠と召喚兵器は似ているのか
何故クレストフ家は強化兵技術に手を出したのか
何故ギアンの祖父は、ギアンの父親を悪く言ったのか
何故ギアンの祖父は有角獣が逃げたことにしたのか
何故各地で悪魔が関わったような事件が増えたのか
ルミネスの森の結界、光の手先どもの光の檻とは何なのか。
何故アメルは聖女として寄付金事業に付き合っていたのか
アメルの祖父から聞いたアルミネスの森の親族についての話は?
召喚術と光の檻とファナン豊漁祭の意外な接点とは

ユエルの首輪とゲイル。送還術召喚術

ゲイルの起源とは→ロレイラルサイド

何故アルミネスは豊穣の天使と呼ばれるのか。

→術者がシルターンの人間。くくひ神社のように、コウノトリを鳥霊信仰で用いていた。アマノサギメ?アマノウズメやヤタガラス同様。コウノトリは子宝祈願の象徴。

何故ライル一族を保護したのか

絶滅危惧種保護の面もあった。ラウスブルグ同様に。

何故クレスメントは北の果てに流されたのか。「アルミネが力を奪った。」そこにまつわる。サプレス系の護衛獣を用いた→月の光でマナを補給するならば、一年中雲におおわれる場所へ。飢えろってこと?狼男対策も。薬→畑の産物を用いるならば不作の地に流すべきだった。