東方紺珠伝 ジョウガの夫について 誤推理?

東方紺珠伝キャラtxtにて。ヘカーティアの項目にジョウガの夫は太陽を撃ち落とした人物だからだ、とある。

また、純狐の始まりの怨みは夫に息子を殺された、というものだったそうだ。

TXTで判断するならギリシア神話。太陽神。それもヘリオスの方だ。撃ち落とされた太陽とはヘリオスの太陽の戦車。殺された息子とはヘリオスの子のパエトン。その母親とはエチオピアのクリュメネー、クリュメネ。クリュメネという名の持ち主はギリシア神話では複数いるらしい。オーケアノスの娘もそうらしい。パエトンはエーリダノス河=ポー河と縁があるらしい。

いや、パエトンへの攻撃はゼウスによる稲妻だったはずなので、夫に息子を殺されたというのは違う人物だろうか。

しかし、ジョウガの夫が雷神かもしれない、か。