仮説、とある魔術の禁書目録の学園都市レベル5が七人である理由→むしばね→しばねむね→せぶ、ん、メン→セブン、メン→七、人→7人。

ムシウタの立花理菜の組織、むしばね。何でそんな名前なんだろう。考えてみればbug編の段階では固有の組織名は出てきてなかった。
むしばね→しばねむね→せぶ、ん、メン→セブン、メン→七、人→7人。だと考える。
そして、新旧で、むしばねに所属したメンバーを見直す。能力と印象で学園都市レベル5に当てはめてみるとー
第一位アクセラレーター→?やさしい魔法使い。鬼道ツカサ。ヘッドホンをつけ、本人以外からは何をしたか分からない攻撃を行う。一見ツカサにした攻撃が跳ね返るように見えることから「反射」能力者と呼ばれる。本人の記憶の限りは、極小の虫による糸を繋いだ相手に、自分の万象を「つなぐ」能力。末端だろうとむしばねに協力したか不明。キャラが近い高桑なみえは救助され参加したがー。
第二位ダークマター→チューファー。月光の周波数の光を元に治療を行う。
第三位ー不明、本人による訂正名レールガン。→アイジスパ?水蒸気を操る。ロケット推進材や水の電気分解も可能。
第四位メルトダウナー→エフェメラ。二股の尾で周囲のエネルギーをかき集め、薄い皮膜で覆いレーザーとして射出する。
第五位メンタルアウト→ルシフェラ。携帯電話で付近の人物の精神を読みとる。
第六位不明→リコルみたいなタイプだろうか。しかしエリス・ウォリアーを考える限り理菜につきあったか不明のロッコ。糸を操り、外傷の縫合、糸による自分や物体の操作を行う、旅芸人。
第七位ラッキーセブン→むしばねにおける一番似合うキャラが、立花理菜本人。直感で他人が困ってるか分かり、人助けを行う。赤瀬川七菜の場合は相談料から有償かつ高額。先天的な勘が鋭く能力も強大。超能力を併せてレイディーバードを考えると、衝撃波が能力だったのか怪しい。


学園都市って、むしばねメンバーを強化するための開発、研究機関だったのではないかと気になっている。