ムシウタ八巻+

全国に三桁単位で存在する特環職員が持つゴーグルを見て、薬屋大助の名前が出てくるのは、ゴーグルの管理番号がわかる存在くらいだろう。見えないインクで名前が書いてあるのか。
この大助、かなり性格があれです。「一体何なんだここは」「そんな服着るんだよ」「ベッドをいつまでも占領しているのも不味いし」→便利屋があるのは、駅前通りの果て、人通りやネオンがまばらになる奥地。空室が目立つ、壁にヒビが入っているような、エレベーターが止まり照明が点滅しているような雑居ビルにあった。中は高価な調度品で飾られ、一方で所長がきらりだと分かると去っていく客もいた店。
大助ががっかりなのか、クローゼットの中身をきらりが理解できていないのか。きらりはきらりで意識の覚醒が十分でないのかもしれない。

河原における爆発を起こせる能力者として、文庫版ムシウタ00のシーエレガンスを使う帽子屋、元西中央支部六号指定がいます。この作品は星や稲妻の髪飾り、髪染め。頭に装飾品を着けた奴が多いし。ロッコの方が大事なのか、本当にその能力による爆発かは不明だが、河原で大助が戦ったのが帽子屋の蘇生者だとすると色々説明つきます。