ムシウタのバックグラウンド。長崎県。

ムシウタ。二巻から十五巻までのバックグラウンドにあるキーワードは九州ー長崎県であると考える。すべて私の私見にすぎないものの。十巻で南中央支部最高のチームが壊滅し、緒方有夏月のかつての所属が西南西支部であることから目立たないけど重要な地方であると分析する。

一番のヒントは六巻ホラント市であさぎが戦死した件。ホラント市のモデルはハウステンボスだろう。
七巻の一件も、ムシウタbug一巻三話の長谷川祈梨の逸話を本編でやったということ。「色んな場所を回って色んな人に会い、また異人館に戻ってくる」夢から長崎オランダ村長崎オランダ村はーテーマパークのキャスビレッジ、ホーランド⚫ヴィレッジなど様々な名前に関わる。ムシウタ十一巻で出てくるカステッロ⚫ディ⚫ラゴのモデルだろう。
八巻は墓守の外国人設定と隔離空間ー墓地。外国人墓地、国際墓地のこと。大浦国際墓地、坂本国際墓地、稲佐悟真寺国際墓地という三大墓地があるらしい。
十巻は神様の子と言うフレーズと廃墟の城、と言う所から原城。長崎県南島原市南有馬町乙にある史跡。原城は、島原の乱で立てこもる前からあった廃棄された施設を一揆勢が再利用し、活用した上で戦ってまた落城したものらしい。とある魔術の禁書目録の神裂火織と天草式十字凄教とは関係無さそうだけど。
二巻は鴇沢町→ほうさわちょう→へい、わ、さ、わ→へいわじま平和島。東京都の人工島だが、むしろ人工島と言うカテゴリーから出島と軍艦島のことを指すと考える。二巻の方は長崎の医学、蘭学のことだろう。火巫女は、赤い斑点が出来て他人から吸いとる。蚊の麻酔ー華岡青洲全身麻酔→青洲が医学を学んだ長崎の出島のことだろう。また、福祉に強いモイラ高校はモイラ→もらいい→マリア。長崎県のミッションスクールのことを指すのだろう。海星学園や長崎南山学園、梅光学院、聖母の騎士学園などがあるそうだ。ただし、共学でない別学のミッションスクールもあるようだ。
十五巻はーおりおんが軍艦に乗ってきて、軍艦で突撃し、横転させてバリケードにしたシーンから。人工島の軍艦島のことだろう。
四巻のかなたの設定は西日本の暴力団設定と軍人と言うところ。かつての日本海軍の鎮守府から佐世保鎮守府跡のこととみる。
三巻の青播磨島にせよ、綺麗な海と風と言うところから風車をイメージしてー長崎県五島列島、長崎鹿町ウインドファームのことだと見る。浮体式の洋上風力発電機施設。また、罪人、ハルキヨが来たように、かつての五島列島は流刑地であったそうだ。風をきって飛行するからすのイメージ。
九巻は商売ー交易がテーマになることから。長崎県平戸のことだろう。出島に移される前の東インド会社の拠点、平戸オランダ商館があった。城も、平戸城がある。サザビィが案内した場所もさびれた港町であった。

鴇沢町で長谷川美樹が鴇沢町と桜架市を較べていたように。現在の長崎県の産業は順風ではないらしい。

長崎県とは関係ないが、三匹目と言う文字の謎解きをする。二十四目であると見る。漢字の分解で、「三」の棒を一本抜いて、「匹」にうつし付け足す。すると「三」が二になり、「匹」が四になる。
「二十四目」→二十四の瞳壷井栄が終戦後に執筆した文学作品で映画化もされた。瀬戸内海べりの一寒村が舞台で、作者の故郷である香川県小豆島が結びつけられている。学校と先生と生徒の交流が同化型の要素であるのかもしれない。
アリア⚫ヴァレイの変換の一つにヴァイブル、バイブル→聖書がある。アルファの設定といい、教会学校が関係あるのだろうか。
また、フィクションとはいえ浸父のものは寺子屋発祥の仏教の日曜学校であると見る。それも、中国仏教系で銅鑼で時刻を知らせていた時代に起源がある。


さて、十五巻で明らかになるCの居場所ーラストダンジョンはどこか。作品を買って読んでくださいと言うところであるが、私自身の推理は作品設定とは違う場所。
長崎県がキーワードと言うところと、十二巻の照が集めた世界中の発電所に異常が出ていると言う情報、「Cの後継者」ーりんりんの、衛星から見た国内の発電所にそれらしい影がない、と言う報告に西中央の改造癖から。ゴミの最終処分場を火力発電所に改造してバイオマス発電所に変え、自然の媒体としての電力を用いていると見ます。
長崎のバイオマス発電所はどこか。長崎県佐世保市宮津町の「豪力」。長崎県波佐見町ー野菜栽培施設やウッドチップ施設が併設されたトリジェネバイオマス発電所ー木質バイオマス発電所長崎県松浦市志佐町の九州電力の松浦火力発電所。石炭火力と熊本県産の下水汚泥固形化燃料を組合わせてバイオマス混焼発電を取り入れているらしい。
バイオマスからは離れるが長崎県佐世保にはメガソーラー発電設備があるようだし、電力を肝とするCにありがたい設備がたくさんある地方だ。Cが透明な棺に入っているのも、エネルギーを光ー電磁波で取り入れているからだろう。


この作品でも重要なキーワードになっている東方project霊烏路空東方地霊殿四面以降。空の本来のキャラ設定は蒸気機関車の機関手のようなーゴミ焼却場の焼却炉作業員と読む。
有機物ー畜産業廃棄物ー家畜など動物の死骸焼却もやっていたことに苦しみを抱いていたのを、何者かのカウンセリングにより「あなたも私とヒュージョンしましょう」と食物摂取=食べることこそ食材の供養=焼却炉の熱源として摂取させることこそ燃料への供養という言う思想に至る。

それが燃料である石炭の採掘業が資源枯渇により下、ゴミ焼却場の産業自体が下火になり、地獄の強制労働施設だった場所としては閉鎖され人員、規模が縮小される。長崎県も石炭鉱業をしていたが衰退。
しかし地底にとっては親切な東方緋想天の天上人さんが、雲の上のメガソーラー発電で貯めた電力をー要石と言う太陽電池入りの玩具に入れて不法投棄してくれた。
下ー地底は。上の上である天界からメガソーラーの日光電力をもらえた。なので上の上に水分をとられ渇水している上ー中間層である地上ー主に地盤軟弱化の起きた神社周辺へ温水を回す。経済をすることにした。雲の上でのメガソーラー発電=核融合。風ー台風の神へのへの帰依による大気流動。地球地表大気熱媒としての湿気の循環。さらには地底の資源ガスと最終処分場のゴミのバイオマス混燃発電ー豪力。これが東方地霊殿の真相と、私は今ごろになってようやく推理できた。

なお、東方緋想天で緋想の雲を作るために湿度ー水分を吸いとったお陰で干魃が発生する。干魃ー風化乾燥による地盤の軟弱化ーつまり水分が抜けた分さらさらすかすかになった土の支持強度低下により地盤災害に繋がる。
元々要衝として世界と世界の釣り橋のように様々な力に引っ張られる場所で起きた地盤軟弱化。から繋がる神社の局所地震の結果。地底と地上と宇佐美菫子の外界を結ぶ道ー水路ができる。その水路から厄介なものが流れて宇佐美菫子の世界の方で、いずれ死に至る病ー虫つきー神様ー憑喪神の慢性化が起きる。でも、元々東方花映塚の頃に外の世界の戦争で大量の幽霊が外から入ってきていたのだから、中から外へ怨霊を流し返すのはバランス調整として仕方ないよね。ってことが虫の真相だと分析する。虫の起源とは外来種憑喪神のお引っ越しー入植者の人工移動現象であると分析する。
はじまりの三匹云々は分からないけど。それだって入植者グループの最高実力者とかパトロンー提携者とかその程度だろう。