ムシウタ十一巻

私はディオレストイの力を一番上手く使えるのはかなかな、かクリスティだと考えます。戦闘時の行動パターンも似ていますし、能力の発動体である鐘がなくても、鐘の舌の代わりに自分の喉と舌で戦えそうです。鳥なので、舌切り雀のつづらの代わりに棺を使ってきそうです。
分身能力の起源は蛇の脱皮能力であると考えます。だからこそ空蝉ー抜け殻を残す蝉や蚕を相方とする。「脱ぎます。だから私は殺さないで」って脱いだ服を風船人形にしていいということでしょうか。学園都市第二位としてみるならば物質化させた音。装備品としても飛び道具としても優秀な上に反響により領域支配効率がとても良い。
王様の象徴ー王冠。七十御前、とうびょう、蜻蛉神も頭に金の輪をつけているそうです。羽の生えた蛇ってー鵺かキメラでしょうか。

妖怪で言えば手長婆の力も持っていると考えます。プールの怪談の起源となったような、沼地の水難事故の原因と言われる東北の妖怪。分身能力だけなら地上を覆うだけですが、手長婆の力を加えるとまるで泥沼から身体を起こすように、地中から地上に浮上できます。「真っ暗な闇の中、狂おしいほどに何かを求めて手を伸ばし、叶わずに消えていく、自分」。手長婆からしてみればそんな感覚なのかもしれません。闇の中から延びる無数の手。とある魔術の禁書目録、学園都市第二位のプロンプトに是非採用してほしいです。
いや、オルソラ=アクィナスが第五位の力をを使っているところも見たいかも。