インテリビレッジの座敷童6 猫鬼の使役者 イラストは橙だけどー五巻の産女同様鍵山雛のイメージで。包帯とシートベルトの蛇帯と、髪と森の野槌。チャイナドレスから中国の蛇狐ー白き虫、化蛇、蛇骨婆。蛇を食べる意味で鴆。蠱毒は一つの壺で食物連鎖を完結させて発生する呪術ー弱肉強食の対立と怨みあいを煽る餓鬼憑きーひだる神こそが本当の脅威。恐らく東方projectの旧地獄の怨霊ー人に憑き対立と怨みを発生させるーという存在の正体。生存権を脅かす栄養の欠乏こそが本当の敵→「顔の崩れ」への反応からゾンビ、人面痣系の因果がある

猫鬼の使役者。猫といっているけど、装備は蛇です。片眼を覆っている包帯はそれ自体が蛇の体に近い上に、呪物である髪に触れている。蛇の邪視も武器だろう。片方だけ長い靴下で片方だけ絆創膏を張っている。足が長く、かつ一方の足に怪我をおっている→片足だという見立てだ。
警官を襲ったのは車のシートベルト。胸や首を抉るような切り裂くような傷をつけた。
大百足が竜になったところを見ると、七歩蛇の影響を受けているか。

病毒と言ったがーベーシックな呪いである。

術を使う際に使役者が回っているのも、蛇がとぐろ巻くのを真似ているから。蛇帯には嫉妬する女の3重の帯が七重に巻く、という一説があるらしい。最後に妬ましい妬ましい言っていたのも。
ムシウタのディオレストイや不死の虫憑き顔負けの物量は、毛髪の育毛を参考にしているから。憑き物筋の蛇みこも、長持を開けるといっぱい出でてくるらしい。
闇、影。黒色がメインなのも黒髪がキーワードだから。
反則臭いーじゃたい、から「さいたい」、たいさいにいっている?

裏切り者が水虫ーはくせん菌に襲われるのも、白蛇ー蛟みずちに由来するのだろう。
チャイナドレスから中国の蛇狐、白き虫。蛇骨婆。蛇を食べる意味で鴆。

なお、この人格はディオでなくアリアっぽい。
案外詩歌かもしれない。

ーこのキャラが好きだから言うけど、多分蘭園幸に友達になってほしかったんだろうな。狼憑きにしてでも。水色の猫耳のついたパーカーは、犬耳か狐耳なんだろうな。
幸の症状はー狂犬病に近い。狐憑きに見える。信賞必罰は、天狗に狐火ー見かけ上狐系の憑き物使いのはずだが。青は青大将などの蛇のほかに。星の青い光もあるとみる。
橙は猿神っぽくみえるけど。

唾液と、一口で収まった所から餓鬼憑き。
幸は足にコンプレックスがあるのかもしれない。
それじゃ鳥ってことになるけど。
美醜。それは鬼のコンプレックスだろう。魔女狩り、人狐の問題か?
オサキやクタ、ゲドウ、ヤコ、ニンコ。


蠱毒は一つの壺で食物連鎖を完結させて発生する呪術。しっかり食い合うように捕食者に欠乏を植え付ける細工がされているんだ。
ー弱肉強食の対立と怨みあいを煽る餓鬼憑きーひだる神こそが本当の脅威。恐らく東方projectの旧地獄の怨霊ー人に憑き対立と怨みを発生させるーという存在の正体。生存権を脅かす栄養の欠乏こそが本当の敵。