クロックワークプラネットosアウトサイダー スマート化

  
01リューズ 意味は影。虚数数学における影と重力場の変電所理論
全ての滅んだものをミイラ工芸にする能力者がいるなら。極小のブラックホールを停止させ流体として加工。

作中の説明にかなうわーむほーるのようなブラックホールを背負った、同じ方向に口を開けたホワイトホールを作る

名称 溺影金属   


ナオト
ノーゲームの六のドウェルグ側都市の人類種の位置付けがどんなものか。そんな価値観の元でその魂を育む。恐らくはウィザードブレインの天使使いゲシュタルトとシティ・マサチューセッツの中間。
エドワードやフィアは大人しすぎるにしても、意図的に作られたエリートはこんないかれた人格はしない。恐らくは、何かの個人による儀式の影響か、自然現象の結果で。あるいはイマジンアッパーみたいな不特定多数を組み込む何かのせいで。幼少期か出生前に、壁に囲まれた電波時計搭かそのパーツに魂が宿っていたのではないか。
恐らくナオトの場合シティのマザーコア=新訳とある十一巻のヒメバチのようなもののなかで全身に無数の電極繋いで、その物を能力を発動させる寝台車みたいに変換する。そしてシティ全体のモニタリングを行う通信機地局か監視カメラネットワーク中枢へ接続する。寝台車ごとモニタリングシステムに組み込んだ状態で、シティ全体の整備・管理をするような才能がナオトの能力である。
ファイブオーバーOS、生身の能力者入り寝台車を連結したトラックの運転席。それも立派な能力者以外が欲しい能力を自分のために使う方法である。
もとより、愛愉が食蜂にやろうとした場合は止めるべきだと読者は思っていたが、それを言うなら。第二位垣根はすでに同じように装置に繋がれてダークマター製造に駆り出されていたのだ。忘れがちだね。ナオトにしろダークマターに似たような原料変換・物体生成系のレベル4以下能力者として似たような目に遭っていたと考えれば。あの聞き分ける能力は実にすんなり納得できるのだ。
ウィザードブレインのシティのモニタリング網よりも、無人の自動化工場が正解か。化学工業における原料化学合成オートメイションの電子時計の同期化アジャスト、に前述の寝台車状態で参加していたとする方が自然だ。そっちの方が聞き分けが大事になる。
耳はあくまでモード切り替えのための暗示をかける箇所にすぎず。触診や点字の読解を全身で行う感じで、周囲の音の聞き分けを行っていると考えるのが正しい。アンドロイドスパイは通常の百倍の聴覚を持っていたりするが、その場合の能力である、「どれだけ聞き取れるか」、ではなく。「どこまでこまめに区切って、聞き分けられているのか。」がナオトの特徴なのだ。出発点として、アクセラレーターの電極や結標の低周波治療器など医療工業製品として光る才能をナオトはもっている。但し一個人の生体の、ではなく寝台車で接続しているオートメイションライン一区画の常設型、検査医療機器として一番役に立つ。閉鎖された工場の中での時刻補整電波発信係であり、指揮者として、全ユニットの時計合わせ係。