ムシウタレビュー あしまきについて  ガストン・ルルーでカシュア・アルティネス。

 あしまき→マンティコアがネタだとして。結合性双生児、ブラックジャック系にあやかった存在では

十一巻で集められた途上国の貧困者たちは、不死なんてファンタジーでなく移植医療のドナーだったのでは。
ちょうどインテリビレッジの座敷わらしのように。

そして、長谷川美樹→砂小坂純の関係が、宿主→集団型で人物に擬態している「駒となる虫」の一人、であるならば。
茶深→おうるの、親→子と同じ関係ならば。

純は、美樹が監視対象土師千莉を見張らせるための、駒の一人、ということになる。
猫のおうるが、茶深が監視対象鮎川千晴を見張らせていた駒だったように。

純による千莉への「人に頼むしか能がない女だ」という評価は、本来の宿主美樹への印象では。
また純による千莉への負の感情の一部は、純本人でなく宿主美樹のものだったのではないか。「伊織が虫憑きになったのはあの子のせいなのに」とか。


そしてー多分bug編の夜守寧子とあの一之黒亜梨子の関係も。
昔は宿主となる親が名前も含めて一之黒亜梨子で、記憶も感情も、人格も思考パターンも主体性も人間だった本人のものだったんじゃないか。
でも色々紆余曲折があって。おそらくは十巻のように。一般人なのに障害がある特殊能力者のふりをして。最終的に狼少年のように特殊型の虫憑きになっちゃったんじゃないか。
あゆゆも、首切りもアリスがそういうキャラだと思っていたからああいう反応をしていた。。かつての物語で「一之黒亜梨子の配役が嘘つきの詐欺師だった」「虫憑きじゃないのに虫憑きのふりをして。」「苦労もなく力を手に入れて→おそらくは虫憑きの力が使えるようになるアイテムか人形で、それっぽく振る舞っていた」→「だから虫憑き認定された後も中央本部は虫憑きに本当に虫憑きであるか監査させた」
つまり「梅がかのんに、そういったのは彼がインチキ教祖をしていた過去を知っていたからだ」→「あゆゆがアリスにああ接したのも、かつてのアリスが偽能力者だった過去を知っていたからだ」。

それで力を手に入れた後持っていた虫の一人を、パーマンコピーロボットのように、実在の思春期の少年少女に化けさせて友達にならせていたのでないか。

でも戦いか何か大きな事件に巻き込まれて死にかけ、一気に夢を注ぎ込んで記憶喪失の誰かになってしまったんじゃないか。
つまり、かつての宿主アリスの記憶も感情も主体性も、夢を注ぎ込まれた、娘のアリスの中にある。娘のアリスは、人間と虫が入り交じった存在。となるなら。その母親であるアリスは、何かの理由で幼くして死んだ娘の死体を自分の虫に食わせて、死ななかったことにして、娘に成り済ました虫を一家に遺したのだろう。鋼の錬金術師の、師匠並みの凄まじい話だ

なお、「その力はものの形を直すためだけにあるの❓」→二巻のプロローグの物の形に関する焼け野原の話は、ふゆほたるの「ものの形を壊す力」の起源なのだろう。
どんなに物質崩壊の力を使われても、壊れても蘇るのが一玖の不死の力。

そしてー最後に、しぇら以上の方法を。
死の淵の自分自身を虫に食わせて→物質系で融かして人体と虫の融合をフライのように実行した。虫と人体の融合体であれば。特殊型ならば自由自在に姿を変えるのはデフォルトの、ディオストレイと同様の能力。
かつての元アリス、今のねいこは、自らが宿主であり、肉体は虫。
いや、虫と融合してから軍隊型の女王蟻のように分身を産み出して、組織しているのだろうから。今はかつてのアリスの方が虫→吸血鬼カーミラのような生き方をしている。
おそらく。かつての宿主が虫の特性を得た場合、虫と宿主の間で、双方向のフィードバックが行われるのでないか。


三巻や八巻を見る限り、エルピレオーネやアリアに化けて夢を食ってそうだ。そして生まれる虫は他のブランドっぽい特殊型で、殺しにくい。宿主を失ったら一般人に擬態して再び物色すればいい。「アリア・ヴァレイとなった私は、友達にひどいことするかもしれないから」→むしろ濡れ衣着せている感じがするが。少なくとも六巻のディオストレイはアリアの手口だと思っている。

あの子と一緒に生きた時間を取り戻したかった。そんな感じの夢だったのではないか。でも。「出血や体力は戻せない。」→火事の起きた廃墟の中で焼死体に力を使っても。蘇るのは血液など腐敗物を失った、綺麗な死体、ミイラだろう。そして建物や財産が蘇るなかで、中にいた住人だけ、生前の姿のまま永遠に息を吹き返さないでいるのだろう。

今のまいまいも。電子頭脳みたいな能力者が集団型の特殊型のグループに探偵社の真似をさせているのでないか。


夜守ねいこと、うののいる。モリアーティとコナン・ドイル。創作物の作者と作品のキャラクターの関係。
ピーターパンとウェンディ、ティンカーベルならジェームス・マシュー・バリー
カーミラとローラならばシェリダン・レ・ファニュ。
フランケンシュタインと婚約者と怪物ならば、メアリーシェリーとパーシーシェリー。
ミスマープルとポアロならばアガサ・クリスティ
クリスティーヌダーエとラウルシャニュイ、エリックならばガストン・ルルー。黄色い部屋の秘密の、ルールタビーユもありか。
えりぃの「世界中の秘密を覗きたい」という夢なら秘密の花園かトムは真夜中の庭で。


変装と声にこだわる鵺ならば、ガストン・ルルーが根っこだろう。
ころろやねね。輪唱にこだわるなら、どんな名前だろう。
せおわりのはるきよにとても因果あるはず。アリスとマリ=パトリシアの関係が吸血鬼カーミラとローラの関係に似ているから。シェリダ・ン・レファニュからとみる。
答えはセオリルで。ガストン・ルルーから「するる」→「すうる、すーる」と。スール→妹。
セール、シェール。つまり月姫から「しえる。えりしあ」だろう。レイセンも近いが。

セーレーン、とか。セレナとか。
りせい→理性だったらreason→りーず。だろう。

うののいるもかなり近い。ルルノイエみたいで。
むしろエリィの名はこの人に似合う。

シェラザードでアルフライラワライラ→ライラ、ラファエルか。
ノーゲーム・ノーライフかい。