PSP とある科学の超電磁砲感想 ミリタリーオイルって多分ー。とても夢のあるみんなに知ってほしい能力です

PSP とある科学の超電磁砲 のレビュー

ミリタリーオイルって多分ー。とても夢のあるみんなに知ってほしい能力です,

ラスボスの相園のミリタリーオイル。結局は搭乗型兵器のプラモデル製デコイを作るためのものだったのではないだろうか。ラストの戦闘にしろ近接戦用ガンダムニュータイプが操縦しているようなものだったし。ケロロ軍曹であれば、実寸大のガンプラを好きに作れるであります。って大喜びしそうだ。美少女フィギュアとガンプラを好きなだけ生まれ変わらせる能力(笑)。諜報戦のエキスパートであれば、自戦力を水増しして見せる、利を最大限にいかせるだろう。
護送兵器のデコイをインスタントに用意できることから、戦闘要員として以上に物資を運ぶ、しちょう輜重部隊として役に立つ能力だ。実地において兵站、ロジスティックスがどれだけ大事かは戦記物を読めばわかる。何せ運搬品の油の一部を、乗り物と入れ物と推進材に変えて、目的地についたらリサイクルすればほとんどコストが出ない。オイルの分解と再構築ができるゆえに、作った乗り物もトランスフォーマー並みに変形と運転がし放題。場所に応じて変身させれば陸海空、全環境適応型の貨物自動車を持っているのに等しくなるんだから。
ミリタリーオイルのカバー対象にしても。戦地において石油製品とワセリンを用いた医療物資、入れ物、車両等各種整備用油、合成繊維およびビニールがあって困ることはない。
ホビー・フィギュアの話題も出したがナイロン、ポリエステル、アクリル、ビニールなどの合成繊維は現代衣類産業において基礎的な素材であり、フィギュア、コスプレイヤーに着せるコスチュームも作り替え放題である。当然泥棒や諜報員が変装する際に役立つし、被災地において被服支援を行う際にとても役立つ。服が傷物になったケースにおいて、合成繊維を分解、再構築するやり方で「再縫製」できるため繕い物する以上に完全な服の修復が行える。子供の成長に応じたサイズ変更も、合成繊維製であればミリタリーオイルでその都度実行できる。洗濯用に服を預かる際に実行できるし、服を洗う際に人間の皮脂汚れを分離して分解できる。産業用油の汚れも同じように分離、分解できるため業者による洗浄依頼をしなくて済む。
さらにはリハビリ患者用の介助用品も一通り賄える。シーツ、枕、マットレス、かけ布団、寝袋、可動式ベッドもそう。合成革でよければ靴やリクライニングチェアも出せる。入浴用品はたらいどころかシャンプーなど溶剤を大丈夫。注射や点滴のパッケージ、ラベルなど消耗品、リハビリ患者用病人服や添え木、歩行器も。香油他香料を用いたアロマテラピーや、調理時における(たまりオイル)食用油の油分調節、さらにはタルタルソース、ドレッシングやバターなど油系の食料品から体に悪い合成調味料、着色料、保存料、脂肪分を取り除く用途も視野に入ってくる。衛生部隊にもミリタリオイル能力は役立つ。代名詞は食餌療法である、ロレンツォのオイルの逸話だろう。
また、現地で油粘土や原油がとれるのであれば、ミリタリーオイル能力者だけで秘密裏の石油採取、運び出しを終えることもできる。陸上運輸用の乗り物とプラレールも特殊プラスチックで作れるから。安定した交通網も用意できる。

ミリタリーオイル能力を完成させれた時。資源に限りがあるため、どんなにエコにこだわっても。持続可能性に限界があることを除けば。環境への悪影響の不安さえなければ。軍隊の中だけでエネルギーを自給自足することが可能となる。石油自体が前時代のエネルギーではあるけれど。
事業界において不完全なゼロ・エミッションを実現することも狙える。ある産業界で排出したごみをリサイクルして他の産業界で使い回していく。自然界に排出するゴミの量がほぼゼロとなるくらいに、人間社会の中に、今あるごみと資源の輪廻をとどめおこうとする思想、ゼロ・エミッション。純粋に省コストと自給率を追い求めたロジスティクスの進化も、結局はそこに行き着く辺りが感慨深い。

ただし、実用化するための最大のハードルは、既存の軍需産業と軍事用各種エネルギー産業との摩擦。オイルに関する新しい時代の軍事技術であるがゆえに、オイルに関連する今の時代の産業利権と競合するのが問題なのだ。つまり、実際にお金を支払う、軍隊の中だけで活動に必要な商品を用意できてしまうと、それまで取引していた相手との付き合いを続けなくても良くなってしまう、というわけだ。そこら辺の圧力と政治判断、産業スパイの暗躍があって、ホワイトアリゲーター部隊は解散させれたのでないだろうか。
または、料理評論家によって、スナック菓子やファーストフードなどアメリカナイズされた料理への親和性をバッシングされたのか。ミリタリーオイルが効果があるのは、揚げ菓子であるポップコーンやポテトチップ、揚げパン、ドーナッツ,チュロス、中華点心の蜂蜜料理、サトウキビのちんすこう。菓子としてクッキー、クラッカー、ビスケット、パイ生地、スポンジケーキ生地、シュークリーム、カスタードクリームなどもろもろ。さらに油を使うインスタントラーメンや炒飯、フライドポテト、フィッシュバーガー、フィッシュアンドチップスなどの揚げ物料理、魚や肉類の油を含む材料で焼き肉料理、魚や肉のベーコンハムなどの保存性を増した加工食品。ピーナッツやゴマ、トウモロコシ、カカオマスなど植物胚乳の素材。焼きたてジャパンのおおあさ大麻ジャパンに使われるヘンプ・オイルなどでトランス脂肪酸対策を図れば、そういったバッシングに対抗できるだろう。
西東先生がスクールカウンセラーでなく聴罪を専門とする牧師、つまり魔術サイドからの間者であった可能性だって存在することになってしまう。本来産業カウンセラーであったら、過酷な労働環境を見つけたとき、労働基準を調整する機関に介入を要請するはずだもの。西東さんは聖人君子過ぎる対応だ。

なお、運輸部隊だけでなく、戦地における救助活動、撤退支援活動にもミリタリーオイルは使える。あの相園は、バーニアによるジェット推進を用いた高速機動を実現していた。実際に体重を支えて空を飛べる、ヘリコプターや低空飛行用の航空機のプラモデルも作れるんだ。陸を行く歩兵や民間人を拾う際に低空飛行機関がどれだけ役に立つかはアメリカ映画を見ていれば分かる。撃墜の危険にせよ、フレアだって作れるんだから普通のヘリよりは安全なはずだ。医療ヘリはどんな場所でも役に立てる。戦うだけじゃなくて、人の命を救うために活躍することもできたはずなんだ。

ただ、相園たちホワイトアリゲーターの訓練データの蓄積によって、レベル5級の能力者を足止めできることを目標にした、無人戦闘兵器開発がハイスピードで進んだだろうことは想像し難くない。擬人化プラモデル兵器みたいな訓練をさせられていたんだから。
いや、御坂美琴も擬人化兵器萌えーって言われる辺り、宇宙戦艦ヤマモトヨーコの軍艦の方の扱いだからね。