サモンナイト ユークロス。レビュー以上の創作

A章二周目 神作⚫サモンナイト2時点でのアメルの詳細と。ファンとしてのお詫び→アメルは本当にいい子で、文章の表面よりも伝わる深い自責の念 悪魔の力+取り立てた特別な聖女の力→どちらでもない精霊の力と属性 前世で取引した魔女を守る形で、身代わりになって別な悪魔の魔の手から彼女を救う悪魔。それは別な前世における交流が縁になった、素敵でヒロイックな運命。

A章二周目 サモンナイト時点でのアメルの詳細と。ファンとしてのお詫び→アメルは本当にいい子で、文章の表面よりも伝わる深い自責の念 悪魔の力+取り立てた特別な聖女の力→どちらでもない精霊の力と属性 ユークロスを見ていて思ったが、エルゴの王と幼なじみ…

ポストx章3ページ目 トゥーレ⚫シャンバラがリィンバウムの中心だったのではないだろうか。至源は、無限の想いなり

さて、そう考えていくとハイネルやイスラはただの噛ませ犬なのかという話になってくる。実は、彼らの方がキリスト教との相似を言えば重要なのかもしれない。 ローマ教皇の一覧 - Wikipedia クレメンス - Wikipedia アメルやレシィは罰さなくてはいけない、で…

ポストx章ー2ページ目 クリストフォロスとゲオルギウスの名を持つものが、推奨ルートでリィンバウムの歴史を動かしてきた ウルキルスが観測した幻想

クリストフォロス - Wikipedia と 聖ゲオルギオス - Wikipedia 彼らが五界の歴史を動かし出す。 クリストフォロスに値すべきがセイヴァー、レックスであり。「エルスト⚫ブラッツェルン」にあたる。 ゲオルギウスに値すべきが破戒の総帥、オルドレイク=セルボ…

魔王召喚の霊媒、憑き物編  要項と論文 ウリキエルの知る観測者にのみ見える真実 二ページ目 一度リィンバウムが完全破壊→粉砕されてから、その破片たちを何者かの助力により。グラニのように「変態」変態 - Wikipediaすることで真の、王の居場所もあるリィンバウムが完成するのだろう。寧ろ、リィンバウムの欠片達を完成させる工程がアストライズである、と見る。ウィゼルがやった作業を、世界規模で。

要項 ウリキエルの知る観測者にのみ見える真実 サモンナイト2のレシィとアメルの、レイムに対する反応をより掘り下げて。 魔王覚醒 サモンナイト1夜会話 フラットの留守組の意見は概ね、「魔王でも大丈夫」「魔王でも気にしない」「帰ってきて」「もうどこへ…

G章別名 吸血鬼と交霊術

サモンナイト1から続く白髪のメインキャラの始め。バノッサ。 「お前が、母さんをー」という台詞からの断罪は有名。しかし、バノッサって本当にオルドレイクの子供だろうか。 エルゴの王と幼馴染みの関係は不義でないかという推測を進めてみる。オルドレイク…

エルゴの個性 ポストY章 狂界戦争より、至源のエルゴと四界のエルゴ 何歳で、どれだけ故郷に近い?

語ったのが時量師神であったことから、リィンバウムは時間の調律を司る世界である。 さて、エルゴの性格分析。まず、作中で度々「家族」「兄弟」を見捨てないで。という言葉が出てくるように。エルゴ達はクローン兄弟関係である。それこそ、クレスメントの二…

カップル推奨 ポストI章 王統の家系図 その運命に焦がれた人たち 柳下のどじょうの羨望「もしも、始めに出会えていたのが⭕⭕でなければどうなっていたのだろう」→核識の双子

あのクレスメント家のアメルの話は、 支配者である召喚師達の上に支配者がいて、それが召喚獣だったらという魔王ルート物語。それと、サモンナイト2では、 先祖が召喚した召喚獣が再来して、縁ある召喚師と誓約を結び、系譜単位で絆を深めていく物語。 エル…

I章僕の考えたー ヴェローチェの由来はダエーワ、アエーシャワのタローマティ。託宣の中継ぎで設定した違法⚫禁忌への背教をトリガーにした追放と変身。特約と仲介の悪神 ゾロアスター教から。評論「最愛の人に捧げるボーイミーツガール→サモンナイト版ムシウタ」 両国が信じていた人の正体:魔王シナリオ 帰宅エンドではあるけれど。アメルは悪魔 サモンナイト1の魔王ルートは魔王のレベルが2の時にも成立するのだ。

haiiroouke.hatenablog.com I章 サモ2当時評論 天使は舞い降りた?レルム村の聖女は禁忌の森の、悪魔 バルレルとは異なる先祖の護衛獣 降霊術師が降ろした天使×使い魔守護霊○ 両国が信じていた人の正体:魔王シナリオ レルム村のアメルは悪魔 サモンナイト1の…

F章 ポムニットとカサス 「私は命を吸いとる、悪魔の娘なのよ」→悪魔の方の事情も知らないで。サモンナイトx王道のボーイミーツガール コインの裏側 運命の双子は男の方だけ?

ポムニットは「防備に乏しい村が、異世界のはぐれ悪魔の攻撃を受けて、一人の女が性犯罪のせいで身籠った。何故かその村で生き残ったのはその女だけだった」という話を語った。 悪魔の方にも事情があると言うところを知らないから更に悲しい。 サモンナイトx…

G章ー悪魔と契約したのは、現地の別な悪魔本人→誰が悪魔と取引なんてしたのか そして、理想のエンディングはどれ?調律者ーカーミラのローラ、魔王召喚妄想→命令優越権のカースト。AIMストーカー、光の処刑。も カルマの血縁 IFエルゴの王の功罪 ポムニットとバノッサ +カサス

サモンナイト1から続く白髪のメインキャラの始め。バノッサ。 「お前が、母さんをー」という台詞からの断罪は有名。しかし、バノッサって本当にオルドレイクの子供だろうか。 エルゴの王と幼馴染みの関係は不義でないかという推測を進めてみる。オルドレイク…

E章二ページ目 IFもしも彼女を止めることが救済ならば

クレスメント家が恐れていたのは、「魔王召喚は世界を滅ぼす」「はぐれヤローは俺の欲しかった召喚術まで持っている」ことと、彼女のぶちギレだった。 「血を啜る悪魔」の術の延長がパンデミックによるバイオハザードなのは想像に易い。 クレスメント家はも…

X章続き「デルティアナ」の志 蜜月の終わりと新しい系譜 近持は四家

巡りの大樹リィンバウム。その世界の起源においてもっとも重要なのは、サモンナイトツインエイジの頃からの、世界と意思を通わせるもの「ミュリエル」であった。それは本来、四界に別れる前の一つの世界(パンゲア思想)だった頃からの法則だった。始祖は事情…

E章、D、役職倒錯のワールドエンド リプレイルート秘されし、時間を巻き戻された一巡目の世界 もう二次創作並みの妄想? 召喚師と召喚獣を守るために、大天使の力を逃がさずその身へ還元し続ける、自分を見失って他人の前世を引き継いだ大悪魔

彼女は、強い護衛獣である以上に、圧倒的に優秀な召喚師だった。リィンバウムの人間以外が召喚師になってよい、その可能性の最先端にいた。 → 悪魔でありながら幼く弱かったことから界の狭間や結界を抜け。 一時はぐれむすめだったものの。かつて英雄と行動…

ユークロス abcd章を越えたーx章、本当の世界観 過保護とゆとり、自立教育 「誰が背負うべき激情」川上から川下へ

エルゴの王の疑念。「いつになったら戦いは終わるのだろう」。→ツッコミ:お前らが持っているものをもっと手放して、自活できるようになればそれで。 境界線。シャリマ他外道どもは召喚術の源義として支配強制力を要としていた。しかし、神経系と内分泌系ホル…

D章、一番彼女と縁深き少女との起源 ハイブリッド・レシピエント アシュリーの起源は、死後か、生前に何らかの手段でー奉仕させていた悪魔に立場を逆転されて。悪魔との契約満了後に、死後の魂を下僕にされてしまった悪魔召喚魔法使いが父親だから、ではないか。マーリンの男女逆転版?

原作のイメージを大事にしたいかたは、御遠慮ください。 *性的な描写あり サモンナイトユークロス シャリマの非道を作品として鑑賞できるかたは、どうぞ サモンナイト2:悲しい嘘 B章以降、一時的に彼女は、リィンバウムを離れたものの、また舞い戻ってきた。…

C章 偽預言者 彼女に仇なすもの側 アルミネ信仰は、何度あった秘跡なのか

アルミネ信仰。サモンナイト2に留まらぬその系譜とー名もなき世界の影としてのリィンバウム happy days - サモンナイトシリーズ攻略サイト サモンナイト3:狭間の領域

逆ギレ 魔女ポストB章 IFエンド もしも正当に告発されていたならば 「悪いことは自分ですべき。そして、罰を受けるべき」「逃げちゃダメ。ちゃんと償う。」

逆ギレ 魔女ポストB章IF もしも正当に告発されていたならば ウリキエルいわく、「こんな未来が見えた」と言う。「彼女が契約を、人を利用する形で成就させたあと。もしも名探偵がいて、青の派閥内部も含めて、全てを告発することができていた場合。」 彼女は…

サモンナイトユークロス 結論。この小説の世界は、特異点でありパラレルワールドである→特異点:パッフェルの旦那さんが死んで、スカーレルが死んだため

サモンナイトユークロス 結論。この小説の世界は特異点でありパラレルワールドである→特異点:パッフェルの旦那さんが死んで、スカーレルが死んだため サモンナイト2夜会話Paffel サモンナイト2第16話 会話(トリスVer.) サモンナイト3夜会話 Scarrel パッフ…

狂界戦争 サモンナイトユークロス 最大の欺瞞 エルゴって不老不死で一代がずっと続いているのか?ハイネルの次代が若かったように、新芽への代替わりを繰り返しているのでは  メイメイが言った本当に好きな幼馴染みの女の子、がリィンバウムのエルゴの化身か、リィンバウムのエルゴの核識なのか。鍵は複数 そいつを隠してみんなを騙してたんじゃ。でも、今現在その転生体は私欲を満たすために専横してそう。三つ子の御子→リプレとディミニエとミニス、的な。御使い筆頭のメイメイも教育係?

エルゴの正気と細胞老化を私は疑っている。でももう一つ可能性あった。「エルゴの抹殺」をメイメイは危機としていたが、エルゴって不老不死で一代がずっと続いているのか? 先代がリプレで双子の御子→ディミニエとミニス、的な。御使い筆頭のメイメイも教育…

B章 魔女と契約の満了 それぞれの悲劇ーユクレス(アークランド)のメルギトス

B章 「魔力を渡す代わりに、人間の世界に行って暮らすために、通路を開いてほしい。」 →「門を開くどころか、儀式を行わず、門を閉めてしまったのですから。」 ウリキルス曰く 「クレスメントは契約を違えるようなものではなかった」「あれは事情があり、本…

サモンナイトユークロス 「本当は私の娘に使わせる気だったんですけどね」

サモンナイトユークロス 狂界戦争編でカシスの前にいたメルギトスが言った「私の娘に」。本物のメルギトスにとっての、「我が君」であるのだろう。「我が君に近しい」が事実ならセイヴァー関係。生徒の方と見る。ネスティへの態度を考えると。ウィルみたいな…

レビュー 狂界戦争、エルゴの王と四界のエルゴの心情推理→市民権闘争。 冥土→細胞株の若さの移植と逆流。

haiiroouke.hatenablog.com ルチルすら知らない事実として。 「エルゴの王は名も無き世界から赤子の頃に連れてこられた」 「羊飼いをしていた頃からの、幼馴染みがいた」 「エルゴ達は、一度人間達が混乱からの復興と異界からの防衛をなしつつ、エルゴの王に…

要項 ウリキエルの知る観測者にのみ見える真実

この世界もまた、界の狭間同様に反復の法則が存在する。因果の積み重なりが、歴史の相似を繰り返す。傍観者の視点の一つ、ナンバリングゲームソフトの1区切りずつもまた、分け方の一つにすぎない。 エルゴの王以前の現象の新観点 禁忌の森と呼ばれる場所は、…

サモンナイトユークロス 真鍮の玉による誘惑

真鍮の玉は、持ち主の感情を喰らい、サプレスの魔力を用いて悪魔を使役するーサモンナイト2のゲームガイド巻末の小説に似ていて。本当は決定的に違う。どのキャラが好きかによりますけど、メルギトスが最誕したものとそうでないもの、複数いるならば美しくは…

エルゴの王への懸案 喪失した真実の影 本当に恐ろしい因縁ー木こりのアグラ

さて、フォルスよ「今から語る複数の物語は、因果の起源を紐解くものだ。しかし、もしどこかで違う展開があれば、お前達の世界へよい方向に繋がっただろうことだ。そうであるからこそ、お前達の世界というより理想に近いものは、高く羽ばたいていこうとする…

サモンナイトユークロス メルギトスの告発の反証 続編

haiiroouke.hatenablog.com 前回記述したが、マグナと相似の魔力を作る方法は結構ある。メルギトスにできないやり方でも。代表例なんて簡単なものだった。 ヒトカタの符→「父様は父様だもん。」これ、メルギトスが製作した道具とかでも該当する。短剣のアヴ…

マジ、サモンナイトの裏設定は神作 合ってるか分からないけど、読み合わせいきます レルム村のアメルの変遷と伝承の補完 ー擬装と多重召喚、交霊術

サモンナイトシリーズで一番人気とされる作品、サモンナイト2。謎の集団に追われる特殊な力をもつヒロインを助け、一緒に逃げているうちに、国のみならずリィンバウム世界を狙う危機を知ることになる。そして、派閥で冷遇されていた主人公は、仲間と黒幕との…

都月狩著サモンナイトユークロス。ミステリーのプロット先読み。アクロイド殺人事件→今回一番狂っているのはどこのだぁれ、占い。これ、外したらどうしよう

サモンナイトユークロス 叛檄の救世主より 浄化能力を極度に減殺させて、取りこんだ穢れによる自家中毒により、内部から崩壊させる性質のものと思われた。 引き起こされる災禍によって、多くの人々が傷つき嘆き苦しむほどに、負の感情は穢れとなり、世界中に…

サモンナイトユークロス メルギトスの告発の反証

サモンナイトユークロス 黄昏時の来訪者 本文中より メルギトスが事実に気づいたのは、三悪魔たちと共にデグレアを本格的に支配してからのことだったが、現在進行中の侵略計画を優先したために、追求をおろそかにした。「結果としてそれが最大の敵となって、…

サモンナイトユークロスレビュー

ゼノビスとエルゴの王の心情が、冒頭で描かれる貴重な作品 セルボルト家残りの三人の場面で、カシスの台詞を読んでから見直すと余計に切なくなります。私はサモンナイト1は、カシスーアヤのルートを気に入っているので、小説版がキールーハヤトのルートで少…