2016-07-13から1日間の記事一覧

サモンナイト2 悲しい嘘 ユエルとカラウス

サモンナイト世界で配役が入れ替わっているという話だった。 サモンナイト4での配役がどうだか考えているギアンとその祖父。祖父と言うのはスタウトのようなものだったのでないだろうか。 悲しい嘘 サモンナイト2でいうとネスティ⚫ライルと護界召喚士逹の悪…

酷い妄想 されど罪人は竜と踊る十二巻 アンヘリオ→バノッサ? アンヘリオ→Killfithクラフトソード物語のキルフィス等 カジフチ→サモンナイト2マグナ ロレンゾ→サモンナイト2,ドミナス、ネスティ ヒルデ→トリス、リビエルと間違われて。 ベルタザル→キール 愚…

されど罪人は竜と踊る パンハイマの倒し方分析 パンハイマとアミラガ家起源は別物 番人である人外に差し押さえられた「役職」。「命の保管庫」「他に移せばいいだけだ」 人外がわざと縛りプレイのように(ゲームのこだわりをもって)、弱点であるはずの核、弱い部分をコントロールして戦っているんだから。短所補強の究極形である。身代わり王にして管財人、命の保管庫に次代の担当教師。召喚獣であれば、一度は夢見る栄達である。

されど罪人は竜と踊る パンハイマとアミラガ家は別物 十三巻で、遂にガユスが謎解きを遂げる。と思ったら、結局 「答えだけは正しい」 「答え合わせの焦点も、疑問の組み立ても、個性的な動機付けも、詳細の解説もボケている」→ 能力で操作しているか。咒式…

ムシウタ 詩歌の動機付け、ムナカタカイジはー

ムシウタの杏本詩歌。二巻からみている限り、作中の彼女はサモンナイト2のレルム村のアメルをモデルにした性格の持ち主だ。 よくは分からないが、宗像かいじはマグナのキャラと入れ替わってそうならしい。むしろー作中のふゆほたる×かっこうネタはやはり人違…