h30のa 力作解明 サモンナイトシリーズは、テイルズエターニアの「ヒアデス」ファンだとみる。 召喚の誓約。人質を取る為の人質、と言う手段が生む、確執と不和の起源。の真意

メモクラフトソード設定に見るカサス落命譚同胞を傷つける意図は無いカサスの嗅覚が追跡能力として脅威。人間との報復も無意味にしたい手足を傷つけ、服毒させた捕虜を並べた地点にカウントダウン式爆弾と焼き討ち。延焼はありで止め、酸持ちの虫責めの飽和…

サモンナイト 人質について

サモンナイト4 8話 メモレンドラーーそこまでだ!!?その場に武器を置け召喚石も一つ残さず捨てるのだー逆らえば、この娘の喉笛をかき切るッ!リシェルポムニットッ!?ポムニットも、もうしわけーございませんーセイロン戦う力無きものを人質にとるとはな…

歴史の真実 サモンナイトメモa

サモンナイト4の選択。竜の子を渡さない、雪を無視して、包囲を抜ける。包囲の外の別な場所で姿を見せ、街ー里の戦略価値を下げる。戦略価値を下げるため、ポムニットのように、襲った街人が返り討ちに遭ったように見せ、反撃で町を破壊しようとして未遂に終…

空想戦記 サモンナイト4 15朽ちていく世界、のif分岐

空想戦記 サモンナイト4 15朽ちていく世界、のif分岐「竜の子を渡さない、街は棄てる、ギアンを捕まえて術を解かせる」この場合の正論、はセイロンが言っている物である。「御子殿は渡さない。そのためなら悪名も喜んで容れる。なんとしてでも守り抜く。」結…

サモンナイト4 15話の状況考察。

帝都に向かう、ブラフ。先行のセクターは知り合いの医者を呼びに包囲を抜ける?と言って発破準備。大同都市に行くため、水車小屋から川を遡り湖へ決戦の地、山頂へ「包囲を続ける限り、疫病+火の手の汚名は軍団に降りかかる」「村人側は、疫病中に何故か包囲…

サモンナイト4メモ

12話プロローグ「元はと言えば全部あんた達が原因なんじゃ無いっ!!分かんないのなら何度だっていってあげるわよ。あたし達の生活がどんどんむちゃくちゃになって行ってるのは。あんた達がここに来てからだ、って言ってんのよッ!!だって、ホントのことじ…

サモンナイト4メモ

「貴様がここで倒れれば子供達はどうなる?傷つき、飢えながら追われる日々を、また繰り返させるのか?ニンゲンに脅える必要など無い、笑顔で暮らせる明日を幸せな未来を、与えてやりたいと願ったのは偽りなのか!?」「あの人は泣いています。誰も傷つけた…

サモンナイト4メモ

どくんだーいや、どきなさい。ーあるとも。改めて語らずともその男が、一番よく理解しているはずだ。鋼で肉をあがなわされ、兵器としての歪んだ生を強いられた存在。特殊被験体v-118融機強化式特務兵士別にロレイラルだけに限ったことでは無い。召喚術で繋が…

サモンナイト 5メモ

「誓約には色んな形がある。身体や武器に憑依したり。相方の持っている魔力が、召喚師の身体にまで影響を及ぼしたり。特に悪魔を響友としている場合、変化は強い呪いのような形で現れる。どちらかが拒んだり、誓約の力が弱くなると、変化は解けちゃうみたい…

サモンナイト 一週目フェア、エンディングコメントメモ。

ああ、そうかー今になって、やっと分かったよー。僕が、欲しかったものは本当に欲しかったものはそれはーねぇ。ギアン?目は覚めた?ああ、醒めたよー悪い夢から、ようやく抜け出せた気がする。君のお陰だよ。よしてよー礼を言われるようなことしてないよ。…

サモンナイト4 やっと分かった、根源の物語の真相 シリーズ中の、リアルの正史

サモンナイト4の問い何故、守護竜は自害をしなければいけなかったのか。➡職務で言えば、古妖精と認める限りエニシアの指示通り動かなければいけない。古妖精の城の警護役に過ぎないから。しかし、城から古妖精が絶えて久しいのに、やっとやってきたエニシア…

サモンナイト4 カサス考察

力サスの狂血の呪いはコケに近い。暴走させる興奮作用といっているが、実際は防衛本能を刺激し、知覚強化作用を強化する。周りが恐いものだらけに見させる幻覚剤に近いため。カサス本人に勇者の素質があろうと、呪詛の方が臆病では十分な指揮が難しい。必要…

サモンナイト4をクウヤ、コヒナに吹き替え

サモンナイト4より 分岐。 クウヤ、コヒナの最後はこんな感じ。クウヤ夢、破れたりかーコヒナにいさまっ!?クウヤ泣くな、コヒナ勝者に涙は似合わぬそれに、俺は満足しているのだ。裏切り者と呼ばれ、蔑まれる道であったとしても。やっと、俺は俺らしく生き…

サモンナイト4メモ

ふふふー流石は古き妖精のアロザイドだな。私と同じで、化け物じみた強さだったよ。ーさあ、殺すがいい。今なら、角を砕けばすべてが終わる。君が、望んだ結末だ。ふざけないで?そんな馬鹿なこと誰がするもんかなんだと?私はあなたが気にくわない。だけど…

力作b 一つの歴史の終わり 魔王召喚は世界を滅ぼす

メスクルの呪いの構図。子供のみならず成人にもかかる病であったとき。時の為政者は薬を集めた。悪い噂が立ち、反政府勢力の人気が高まっていった。真相は、領地中の薬を集めても、必要な量に満たなかったため。領内の薬草は、高価値だが希少であり、領地外…

ドラゴンクエストⅩⅠ セーニャの死にフラグ

ドラゴンクエストⅩⅠ セーニャ→セレンと見て。デンダ→覇海軍王に負けフラグがある因果らしい。ひょっとしたら、コナンなき後にセリアは養女か弟子を育てたのかもしれない。しかし、その子もセリア傘下の魔物により、殺されてしまう。因果かも。

されど罪人は竜と踊る 考察

前記事を踏まえての一巻分析。黒龍派長老達+孫ならばともかく、何故ガユスがメインキャラなのか。黒龍派長老達が宙界の瞳を得たのは最近だったと考える。恐らくは、三巻でペディオンが「怨帝のー」に取引の対価として指輪を渡す約束をしたように。同盟を的に…

されど罪人は竜と踊る メモ

ピエゾ編女性連続失踪事件➡ゲヒンナム・ムは内部情報で4巻から。それ以前は異なる。部隊についても過去設定。今だから、女性失踪の営利を、否定する。騒がれてまでする価値がそこまで無い。一方、女性が貴重だった時代に、バイキング設定を合わせるならば?…

始まりの物語。革新技術狂想曲 知られざる世界の真実。サモンナイト3のイスラの真実蒼の派閥は

クラフトマン王国の宗主、王の友人で請負契約。政変が起こり、政変を起こした騎士➡犯罪者に追われる。理由人民を搾取したものの従犯真確保したクラフトマンに秘伝を開示させ、顧問親方として雇い自勢力強化。竜を倒し新国家を。名目冤罪の嫌疑で、未遂中に証…

されど罪人は竜と踊る おかしな所見考察

ここがおかしい応報の軛ハンハット、殺人未遂とクエスト報酬分配 配当権に関して言えば。別個なのに混交している。ザリオ達があんまりなことをしているから駄目なだけで。本来は、遺族には階位相当の定額見舞金を送るだけでよい。死者達はあくまで利益入手前…

サモンナイト4 12話 カサス、クラウレ戦後 メモ

メモ 竜の子ハイライト 十二話 ーうるさい!! ニンゲンが悪いとかなんて、今はそんなの関係ないもん!! ーを無理に戦わせているのはあなたじゃないの! 呪いをかけた人は酷すぎるって思う。でもねー それを利用しているあなただって、全然変わらないよッ!…

朽ちていく世界 サモンナイト4メモ

メモふふふーなるほどー追い詰めたつもりが逆に追い詰められることになるとはね「(術を止めなさい、ギアン。)お断りですよ。私を殺しますか?いや、それ以前に君に殺せますか?出来る筈が無い。根本的に、君たちは甘すぎるのだから。真の絶望というものを味わ…

シナリオ設定に無理があるサモンナイト4。ルート分岐で、渡さないを選んだ場合。実は、取引の場所に行かないのが最善解なのである。シナリオ設定分岐に置いて、歴史上は標的を渡さない。そのままでストーリーが進んでいく。標的を渡さず逃げ出し、かと言って…

■編集サモンナイトメモ「ギアンーあなたー」「おちついて、ママ。大丈夫だから。妖精と竜が揃わなくちゃ船は異界の扉を開けない。ミルリーフは今のあなたを手伝ったりしないもん!だから、諦めてエニシアを離して!」 ギアンまだ終わらないよ。終わらせるも…

サモンナイトメモ 「ギアンーあなたー」 「おちついて、ママ。大丈夫だから。妖精と竜が揃わなくちゃ船は異界の扉を開けない。ミルリーフは今のあなたを手伝ったりしないもん!だから、諦めてエニシアを離して!」 ギアン まだ終わらないよ。終わらせるもの…

じわじわいたぶる やり方

遊びメモ・毒でじわじわいたぶるときは、悪徳医師と打ち合わせしておいて、罠を張り巡らせた上で、偽りの救いの手を、ローンで差し伸べ、即支払いに使えるわけではない品を先物買いして差益を得る。徹底的にやるなら必須の土地や収穫物権利を移させた上で、…

七人の冒険者宝籤 相互不信 ハイキュルパの送還が暗示する重要ギミック されど罪人は竜と踊る

サモンナイトの設定「召喚士にとって家名は重要である」「家毎の秘伝を盗まれるかもと思い、家の垣根を越えた特許情報開示は忌避されている」「召喚した召喚獣を送還できるのは、召喚した本人のみ」「サモンナイトシナリオにおいて、ミルリーフとアルディラ…

力作a 一つの歴史の終わり「魔王召喚は世界を滅ぼす」 お前の父は逃げたのだー!! 

メスクルの眠り。 シリーズを通してこのエピソードが関わってくる。 まず、歴史の始まりは「インダスリバー」シルターンで起こった。シルターン内部での戦乱が宗教を生み出し、原始仏教、密教の概念がシルターン各地に波及。文化伝播先の地域色に合わせ、「…

力作 サモンナイト 酒系家名 世界の名前由緒

酒系家名バッカス➡バスクミード➡ホーネット➡バーネットマティーニ➡ウォーデンワイン➡マーンハオマ➡ファミィ?カルヴァドス➡クレスメントブランデー➡ブラッツェルン世界名の地名対応シルターン➡インダス・リバー(封刃砦➡五行)メイトルパ➡エーデルワイス(楽園…

力作#12パヴァーノ作フリーアデスの悲劇。大切なことはもう終わっていた、そんな話。浅井ラボ。ダメージコントロールがいかに大切か、大衆脚本家は敵なのかもしれない。

パヴァーノの上は言わずと知れた、パンハイマの先祖。 「流石に二度は上手くいかぬと言うことか」「あの時のようにはな」 パンハイマは。バッハルバの在り方と合わせて。元々はマウデア朝に侵攻しうる異民族に母体を持つ、やはりマウデア朝に敵対していた大…