読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力作 自称メルギトスの起源考察 サモンナイトクラフトソードシリーズ+5




自称メルギトスの起源考察 
はじまりの石+5で考える。

いや、PS VITA媒体で他シリーズ出来ないから、外聞になるわけだけど。

まず、メルギトス?に関してすら発端では無いと視る。
はじまりの石の話で、せいぜいアカバネと鵺、蝙蝠アカバネのポジションだったのだろう。遥かに強く。

まず、アカバネは初めから野良だったわけでは無い。他の召喚獣達と違い、比較的充実した環境で、いい人に召喚さのだろう。当時のアカバネは今が嘘のように弱かった、醜い白鳥のアヒルだったのだろう。
それでも、召喚者が良かったために女の子版レシィ➡初期パッフェル?としてクラフトソード2初期オルカ×エアのポジションで訓練してもらえ、ささやかながら幸せに生活したのかもしれない。
もちろん、上には上がいた。ベルフラウ>アリーゼの比較だったのだろう。召喚者からはともかく、故郷での待遇も含め、周りからは見下されていた。病がちだったこともあるのだろう。
そんな中、いつものように薬の材料を取りに行った主が、主が森に行って帰ってこなくなった。
危険を冒して探しに行ったところ、(何かに憑かれていた)主にサモンナイト3イスラ台詞「謝らなくていいよー。だから、死んでよ」を吐かれた挙げ句、後ろから肩に斬り付けられた。
これはアカバネは全く知らないことだが。「斬った相手の魂を取り込み、斬った相手を呪いで支配する魔剣」がその時主の手元にあったようだ。主自身も、その剣で傷をつけられており、錯乱していたのだが、そこまで読み取ることは出来なかったのだ。

「バックストーリー」
元々はある一族が保管していたのだが。丁度ウレクサーギフトポジションだったある(義理の)弟が姉に認められるため、無断で持ち出す。強さに活かすため、はぐれ召喚獣狩りで練習(命がけのフリーバトル)。どうやっても認められないと思ったときに、姉さんを支配して護衛にしてしまえばいいんだ。とギフト的閃きをしてしまった。
しかし、姉に傷を負わせることには成功したものの、その場に遭遇した一団により鎮圧。される前に、恨みを買ったはぐれ召喚獣達の暴走に逢い「サモンナイト5vs 実動暗殺部隊」犯人の弟は死去。
一団は姉を連れて逃げるものの。
魔剣を手元に持っていた人物は一団からはぐれ、一人で森の出口を目指した。
「バックストーリー 以上」

ボスタフポジションで遺品を持っていたものこそ、アカバネの主であった。
負わされた傷も含め。手元の魔剣の魔力により「冥霊支配%」がぐんぐん上昇。
「護衛獣としてはハズレ、とされながらも、内助の功で支えてくれた、病を押して支えてくれた妻」ーアカバネ
結局、召喚獣だから。と言うことで傷を負わせて、魂を削り取ってしまった。

信じていた人に裏切られ愛憎劇に陥ったアカバネ。まさに人魚姫の心境。しかも、傷から。犯人の犠牲者である、「メイトルパ系動物型」達の呪いまで伝染してしまった。ショックも合わせ、「知ってるぞ。召喚師、おまえ達、意地悪だ」と言う思想に陥ってしまった。

アカバネはサプレス系だったが。その時に森好きの「メイトルパ系ルフィール」属性を獲得。
結果、サモンナイト2前半で傷を見られたときのような。側に置く「伴侶➡ペット」として気にいられ続けたい。と言う意見を形成。
人間と異世界の民の間の隔たりは絶対。対等、はあり得ない。故に、格差の壁の向こうの上下関係で、どちらが上になるかだけ➡誓約の束縛が無い自分達の方が圧倒的なんだから。人間が見下すように、ニンゲンを見下して、動物を玩具扱いしよう。と言う考えに至る。


このメルギトスは、キャスト違いの他に、サモンナイト2編と違う歴史を経たメルギトスだった。故に、「私は人間が大好き」「確かに、自分はニンゲンというものを分かってなかった」
等と言う位置に至らなかった。結果、サモンナイト6メルギトスEDで。パッチを「壊れるまで可愛がる玩具として、大事にしてあげますよ」と見るような価値観のままとなる。

悪魔としてもぶっ飛んだメルギトスは、やはり憑依召喚魔術の産物なのだ。人間と動物の立場逆転。サモンナイト4であり得た話の方向の脅威がメルギトスである。

実は、サプレス系としてもぶっ飛んだ理由は、「メイトルパ系とリィンバウムの民事情の犠牲者」と言う弱者の遺物に引きずられているからである。

怨念は、質より量、だろう。ミツバチの大群に刺された後遺症だろう。
デフォルトがシンゲンみたいな、本質的にはエゴイスト、か不明だが。

アム分析


サモンナイト6のアムが、夜会話ラージュ対象の時に、一番素直に実年齢の台詞を言っていると思うこの頃。
シンプルなアティやセイロン相手の時は、本来以上に年上の相手にすら。自分が発言する時にわざと年下の人格設定➡相手の被保護者の同じくらい以下の年齢を装っているように見える。
ミニスやナツミの人格設定のよう?
ギアンを相手にすら、ラージュ相手の時より若く振る舞っていたようだった。まあ、ゼロベースに近いはずの人格だった気がするけど。

シリーズでは珍しい、東洋系で無い、中流階級以上の大人の女性の言葉遣いな気がする。最低でもマリアージュやケルマ、ミモザより精神年齢高そうだった。
考えてみれば、サモンナイト2のトリスも、夜会話でアメルに対するときは年長者として振る舞っていたし。一方でネスティに対する時は相手の認識に合わせた幼さを残した感じだった。

しかしー何故か、サモンナイト6のイストは設定の割に、アム>ラージュ>イストの精神発達度合いのようだった。私が思うに、イスト>異識体、の年齢順だった気がする。

異識体については年齢不詳でいいが、最低でもアムがイストより年長だというなら、後継者候補のイストより前に産まれたと仮説が立つアム達は、イストが産まれたのとは別な発生点、別な世界を起源にしている可能性が出て来る。

ひょっとして、繭世界そのものがパラレル世界化した上でどこかで一つになってる?
単独エンドの存在を考えると、どこかで単独エンドが発生し、その際生き残る筈だった残り二人が、別な、過去の繭世界に飛ばされて時を刻みだした、可能性とかが出て来る。

もしくは、アムのみ、本来は餌としてきた異世界の異物なのに、異識体に自分の産んだ存在と間違われ延命してきた、カッコウの雛、である可能性が出て来る。

リンドヴァル➡北欧、ケルト神話への入口 クラフトソードものの起源

クラフトソードシリーズの要人に、
ヴァリラ、リョウガ、ベルヴォレン
と似た名前が続くのは偶然では無い。同じ一族であるし、神に由来する名前だから。

リンドヴァルはヴァリドル➡バルドル
由来する。

光の、鍛冶名人と言うことから、
にも由来するのだろう。
シリーズ中で、故人が関わるのもー北欧神話オーディンバルドル、ヘズ、リンド、ヴァーリの話由来か。
オーディン酷いな、兄弟の話で、生き残った方を倒すために更に兄妹増やすんだから。

ボスタフ親方のゴーグルも、エルジンでなければ、バルレル関係者を示すための者か。
ロブ=バルドル、だったのか?




追記

ギアンやイスラ、癒やしの聖女の話でもモチーフになる不死身の英雄。

更にロブの遺品がピックだったことを考えると。

あの劇のモチーフはニーベルンゲンの詩、ジークフリード。刺したものがハーゲン。

 

でもさぁ。ジークフリードが似合うのは「不死身のジェイド」だろう。ロブ親方狙うのって合っているのか?

ひょっとしてジェイドの恋敵に、あのピック渡してジェイドを襲わせる気だったんじゃ?

メドゥとアトシュもそうだが、ガゼル(バノッサ)とローカス2世は紛らわしい。

 

まあ、あれだ。名前的にはボスタフ親方はバウナウ族のこと。恐らくは3のバナシュであり、クラフト1のラジィ。

本来、ヤッファがかばう年下、であるバナシュにあのピック隠し持たせて、後ろから刺させる予定だったのを。

ピックを渡す相手が別人になってしまい、そいつが知恵を絞って、リクトの副官に化けてリクトを刺したと言うことか。

今なら、バナシュがスバルを後ろから刺す図になるんだろうが。

ーじゃあリクトの死って一体。

 

いや、それ以前の問題だ。ヤッファ2、リクトがローカス2、ガゼルなのは確定。じゃあハイネル➡リンドウ役はサモンナイト1の誰だったんだ?

そして、

ボスタフ親方=ハーゲン役足り得るのはリンドウかブロン位の筈。

構図を分析しないと、死者がまた出る気がする。

 

ウレクサ、はヴォイジンの思想の核だろう。適わない相手に先制攻撃して、戦火を拡大させて。それにより、原因と無関係な者にターゲットを仕留めて貰う。他力本願。

多分、ヴォイジンなりグレンなりの非道はそのためなのだろう。

 

ブロン親方のがたいを考えるとーグレンゴウラの意思であった

悪霊ー2のアグラバイン対応

が憑かれた犠牲者だった、かな?

 

しかし、顔の傷しか残らなかった、は眼を潰したラムダの設定な訳だし。

実際にはフラットに来たのはラムダの方だったのか?

ボスタフ➡ロブ。

ラムダがガゼルをうらやましがる?

 

 

力作 サモンナイトクラフトソードシリーズ 構図の深読み

 
はじまりの石でキーマンになるロブ親方。
クラフトソード1でキーマンになるシンテツ親方。
これはつまりー以下を参照すれば分かると思う。
 
 
ヴィー夜会話
 
ジェイド
 
 
 
ラショウ夜会話
 
 
結論。
ジェイドとの会話内容を見れば分かるように、サモンナイト3忘れられた島のメイトルパ系集落と、シルターン系集落を合わせた程度の範囲がモチーフになっている。あれはヤッファの子孫だ。と思えば腑に落ちる。
何故忘れられた島と言えるか。
ランドル夜会話
丸わかりな気もするけど、ヴィー編で語られる、こっちでは猫だったランディが、はじまりの石の中で機械兵士ランドルの生体部品になっているからだ。忘れられた島のヴァルゼルドと、中の人同類だもん。
猫がふらりと姿を消すってことは、寿命かーもしくはロブ親方の事件に関与したからだろう。
あの世界の猫は化ける。パスゥが証明してくれた。
 
何かの装置に操られたランディが、さらにボスタフ親方に憑いてロブ親方を襲った、と言うことは考えられないだろうか。
 
夜会話内容を見て、だが。
ひょっとしたら、ミューノは人造の存在、AIとかなのかもしれない。アルディラを操ったハイネルのダミープログラムのように。あの人格、実はティエに近い。つまりー碧の賢帝の人格をモチーフに作られたということか。
何故人造物と言えるか。二人で剣作りしよう、と言う時にロマンを感じる理由がそれだろうからだ。
 
「重要なのは」
ラショウの会話内容の実際の状況との整合
「この俺が子供のあいつに睨まれて」、と言う台詞がシンテツ➡ジェイドの構図を教えてくれる。
シンテツ
ラショウ
リンドウ
ブロン
サクロ
アマリエ
 
シンテツ➡ジェイド、ヤッファ2
ラショウ➡ロブ、リクト?
リンドウ➡ヴォイジン?➡サモンナイト3の回想からすれば、ハイネル?
ブロン➡?ボスタフ?
サクロ➡レシィの同類かバナシュのことか?➡正体は、ラショウの話の中の、(奴と闘ったときも)の奴ベルヴォレン本人か、その代理
アマリエ?➡リンリ
サナレ➡リフモニカ役?(英雄の妹/娘?)
サモンナイト3の話を見るに、不審な奴がいて、そいつとの抗戦の最中、背中から刺された、と言うのは確からしい。
やるわけ無いから偽物だろうが、リクト本人は副官に刺されたと認識しているようだ。サモンナイト2と5を合わせたような裏切り場面か。
サモンナイト1の最終局面で、カノン役がバノッサを後ろから刺すような話。レミィみたいなそいつが?
しかし、それではリクトーキュウマの関係を考えると。
ロブーヴィーで
フリップーカラウスの造反劇をやったようだ。サモンナイト6の「カノン、てめぇだけは最後まで味方だと思ったのによぅ」はそういう事情。
「ゴケイザンの仲間が心配?」のやりとりのなか歯切れ悪いのはそういうことか。
 
ヴィーの証言と食い違うことを考えるとー偽物確定、だね。
変身、憑依、さらにはダミーのコピーロボット。で騙し討ちをかけるようだ。
 
それにしても、ヴィーはオニビだと思うんだけど。キュウマ役だったのか?
 
レミィはいる場所間違えている気がする。
それにしても、ブロンとシンテツで取り合った女性。
私の中ではリンリの中の人だと思うんだが?
つまりーサモンナイト3編のアール。アール、女性なんだよね?「心に決めた人がいます」
生前はシルターン系だったのか?
 
ところで、クラフトソードシリーズは、暴走したベルヴォレン・リンドヴァルが死ぬところから始まる。
 
実際の黒歴史では、それなりに被害を出して、「リンリ、リョウガ」のような召喚獣も側近に置き、その一人リョウガとは身分違いの恋、シンデレラストーリーにまでいったらしい。つまりーリョウガはクラフト2主人公(男版)エッジを未来の夫と認識しているのだろう。そりゃ悲惨な目に遭わせたくないって。
因みに、私の中の認識ではリョウガは女性。
 
なお、サモンナイトクラフトソード1のリボディとリンドウの中身。2のグラムス・バーネットとラウル・バスクの同類と見る。劇中最後の種明かし、実はリンドウの認識に合わせただけで、リンドウの誤認をヴァルラまで共有しただけだろう。
 
 
リボディの子がヴァルラ、ね。ナッシュメントの子に見える。つまりー
ヴォイジン役?➡リボディ
リョウガ➡ナッシュメント
リョウガが守れなかった伴侶=エッジかエア役➡ベルヴォレン・リィンヴァル役
クラフトソード3のアニス役?➡ヴァルラ
になるのだろう。
 
アニスが「ヴォイジンの夢をー」と熱中するのも妥当な話。組織の長で、本来のシナリオで肉親か。または父親と信じ込んだ養父か保父だったのだから。
じゃあ、
ルイーズ村から旅立ったアニスと
クラフトソード3本編でルイーズ村に帰ったアニス
は別人だと言うことになる。こういうのは同性の親子なことが多いんだけど-。
 
ルイーズ村から旅立ったアニス➡中の人は?(ナッシュメント)➡本来はリョウガ役
クラフトソード3本編でルイーズ村に帰ったアニス➡中の人はサクロ役➡本来はヴァリラ
wikiを見た時は、2のアメル、トリス、キュピーの敵バージョンかと期待したけどーネスティの敵バージョンの女性版だ
 
恐らくー
(ヴァリラとサクロ)の入れ替わり。
作中に関しては(キスティスとサクロ)の入れ替わり。か。
 
ラショウ目線がおかしい、もとい本来はヴァリラが、変に聡い臆病な子ポジションだったことになる。
恐らくラショウの見た時代においてレミィは産まれてない。
多分、本来のヴァリラの死別した親=サクロのポジション
だったのだろう。
 
サクロはシンテツの後ろに隠れてた。
「ベルヴォレン・リィンヴァル役はジェイド」の背中に隠れてた、ということか。
そりゃ、恐いロブ➡ラショウの前なら、領主はジェイド、自警団員➡シンテツの後ろに隠れるわ。
ラショウ➡バノッサかガゼルが、領主を睨んでいるようなもんだ。 
 
いやしかし、あのベルヴォレンがジェイドに睨まれないとも思えないんだが。
 
なお、「こんなときに寝てられないわ」と言うルマリの中身がイアナのようだ。レミィ役➡ボスタフの片腕(ルヴァイドの片腕であるイオス)の母親なら確かに武術長けているかもしれない。
ベルフラウの同類って気も。
 
ベルヴォレン、後ろに隠れる相手がロブからイアナ(ナップからベルフラウ)に代わっただけかよ。
 
ああ、本来はサモンナイト3
アリーゼ役はレシィ➡パッフェルか。
つまり、アリーゼ/ウィルの本来の形は親子。
 
(エッジとベルヴォレン)
 

ナップから見たアティーウィルルートの悲しい話。ニーニャ、パスゥの所以。パスゥに制服と眼鏡が似合うわけ。

アニキはサモンナイト3のナップの人格、自警団で成長したタイプ。
ローカスの子息のように、無頼派気質。

レミィについて「召喚獣は見なかったか」
「そうか、あいつ、まだ」
アニキにはレミィがサモンナイト3のウィルに見えるようだ。つまりーテコの活躍のことを所望

かと思ったが、パスゥとゲドーのやりとり見てて分かった。
ウィルは、成熟する前に、パートナーのテコと死別して、死別したテコのことを引きずっていかねないのだろう。

クラフトソード2で「リョウガ様が負けるもんかー」
と綽々とした態度を崩して迫る、人面痣かアスモデウスじみたパスゥは。ミモザじゃなくてー死後のテコの欠片なのだろう。アティーウィルルートが切なくなる設定だ。
孫が出来た後の天寿か、は知らないけど。
って言うか。クラフトソード編女主人公の母親は、実母は生前のパスゥじゃぁ?
今の、リプレじみた母親役は何だろう?
家名の面子の都合?
ラショウのアマリエへの言及見るに、
初恋の失恋のオンナ、
染みてる気がする。
アマリエの実子どいつ?って気がするけど、存外オカマが長男って気がする。マーティニが妹で。

追記 稲子説について

考えてみれば
虫系で有名なジルコーダ、アリモンスターをもっと小さくかつ飛行能力持たせたバージョンが無いわけ無いんだ。

ゴウラ、ケイナの名の由来も相かもしれない。

蝗禍こうか、は仮面ライダー=改造人間より恐ろしい。セクター先生改造人間の方みたいな感じだけど。

これ、抑止力としては優秀かもしれない。
二人ペアの脅迫に使えそう。
召喚術を使える一人が。分散させて待機する蝗の大群、アバドン(イナバのモナティ)?を呼んでおいて。
もう一人がそいつに武器を突きつける。
要求を聞かないと、術者である相方を殺して、害虫をはぐれ召喚獣にするぞ、と脅す。
魔力さえあれば、離魂病より余程簡単にできる脅迫である。

人間の召喚師より魔力の多い召喚獣に、召喚石を渡して呼ばせて、そいつに還れるかの命運を左右させるだけ。
殺すまでも無く、二次三次で喚ばれた奴等の送還前に、ブレーカー役のそいつを送還すればいい。後は、
召喚したそいつを喚ぶための石をどこかに隠し持って、又受けの連中に、「つきあわないとはぐれになるぞ」、「帰還手段は私しか持ってないぞ。」と通常の召喚のように脅せばいい。
そのことを明示すれば、反逆者により、召喚師が拷問に逢うリスクをある程度抑止できる。