力作#12パヴァーノ作フリーアデスの悲劇。大切なことはもう終わっていた、そんな話。浅井ラボ。ダメージコントロールがいかに大切か、大衆脚本家は敵なのかもしれない。

 パヴァーノの上は言わずと知れた、パンハイマの先祖。
「流石に二度は上手くいかぬと言うことか」「あの時のようにはな」
パンハイマは。バッハルバの在り方と合わせて。元々はマウデア朝に侵攻しうる異民族に母体を持つ、やはりマウデア朝に敵対していた大国内の非主流派権力者。
そのままでは大国の利害=パンハイマの利害とはならない。
 
しかし、ある情報を手に入れたところから好機を得て、名手を閃く。
イニシアティブを始めに持っていたのは
ダラッジオだった。
ダラッジオはフリーアデスとセットでも大国に勝てない。しかし何もしなければ大国の干渉で亡国する。
「そこで、周辺異民族の群➡「二十三諸国家位の群」をマウデア朝を軸に結集させ勢力にまとめ、大国に対立軸を築く策を構築する。」成る程、マウデア朝単品で大国に勝てた場合の利得と競べれば、協力者への甘い蜜も含め原価割れし、祖国へ赤字を出す裏切りをしている、とは言える。
更に、連合勢力を築いた後もそのまま衝突して勝てるとは考えていない。結局は龍皇国に挑み続けるイージェス教国のようになる。数字の上の均衡は実際の戦果に繋がらない。
「干渉しづらい勢力へまとまった上で、大国へ「弱腰な折衷案」を提供し。連合の分解・大国の属国化に同意する代わりに。元のマウデア朝の部分に関しては自分が統率を引き受けるので、雇われ国家元首に自分を据えて、内政不干渉を徹底して欲しい、と依頼する。」国姓爺合戦の仇敵のような手法だが、それでマウデア朝の崩壊は阻止できる。
「もし大国が干渉を再開する違約をした場合には、反大国連合の元盟主として元連合加盟国を再度動かす、と抑止力も手元に置く。」要は、闇金王デュピュイに、元三旗会メンバーへの同族意識があった場合の生存策である。裏切りの対価を、現金で無く出先組織内での首位→パドリエ剣士会ビスカヤ連邦派代表格ゲリュオンの選択、に求める道もあったはずなのだ。
 なお、短編集 朱の誓約の。メーデン・マヘッソの息子にしてワイマート・マヘッソの父、メルディッソ・マヘッソがダラッジオ役キャラの可能性がある。ならば、デュピュイもそうか?
ピエゾ編では誰に当たるだろうか。メルディッソ・マヘッソがロシュマイヤーの本物である可能性があるかもしれない。ならば、霜の手メンバーかバッハルバ工作員ーペディオン縁者だったのか?偽物派遣元に殺されてそうだけど。
 
国賊と言われるダラッジオのやり方は理解されないが、しかし亡国を避けうる現実案であった。
が、それをパンハイマにかぎ付けられたのは不運としか呼べない。
ダラッジオが提案した相手異民族団体の一つが、実質上パンハイマが支配する母体組織であった。トップである、大国在住のパンハイマに情報を報告した上で。その返答を元に提案を承諾した。
 
ダラッジオの連合構想がある程度纏まり実現に動き出したところで。
パンハイマの麾下は策略に動き出した。
連合内の連帯強化と加盟報酬、として。ダラッジオは
「多民族連合の宗主国マウデア朝と、加盟国それぞれ間の血の繋がり➡異民族への吸収合併成立」➡「下部組織間の組織合併を推進すること」=「マウデア朝内部の名家との政略結婚を斡旋し、遺産相続権の提供」を提示していた。
 
コストとしての「吸収合併のデリバティブ契約」を取り交わした後、ダラッジオが連合を活用する前に。
行動開始。
刺客を雇い、フリーアデスとの行軍中のダラッジオを襲撃・殺害を実現。
ダラッジオ襲撃犯は上手くやったものの、パンハイマ相手に帰れば口封じが待っているため。偽装の死体を目撃させた上で消し、逃走。一番肝心なところを受け持った外部戦力は、上手く逃げおおせた。「パンハイマ相手に帰るならば。目的実現が上手くいけば、楽に殺して貰えるという報酬の名目の口封じ。失敗しようものならば、それこそ伝統の制裁術で悲惨な虐待を受けることになる」
 
一方で。ダラッジオ襲撃のついでで殺しておけ、とフリーアデスに対してもパンハイマ麾下からの刺客が放たれていたが。その刺客は、相手がクエロ➡ソリダリ?相手だったかのように失敗。やられ方が酷くて死んだものと見なし、パンハイマも見逃したものの、一応は敗走、潜伏生活に成功した。
正直。依頼者トップのパンハイマにとってはついでの標的に放った➡ついでの使い捨て刺客の運命でしか無い。
が、使い捨てなりに何故か運命に執着されているようで、執念深く呪いを振りまきだしているようだ。短編の後味悪い、不幸マニア的なエンディングの起源はここにありそうだ。ジオルグの死、0.5ラストもこれの可能性がある。
 
パンハイマにとってはダラッジオ襲撃が成功すれば目的実現の布石を踏んだことになる。歌劇・フリーアデスの悲劇は本来、ダラッジオ襲撃阻止ルートへ到らなかった場合の経緯に過ぎない。
もしも、フリーアデスが使い捨て刺客から生き延びた幸運を、ダラッジオの代わりにその策の後継者として、国賊役を引き継ぐことへ全力を注いでいれば。パンハイマが本腰を入れざるを得ない標的になっていたかもしれない。
 
が、パンハイマにとって幸運なことに。フリーアデスはソリダリ同様に、「正しいだけで誰も幸福にしない」類の信念を貫く殉教者であった。
 
フリーアデスはパンハイマが手を下すまでも無くマウデア朝内部の、親大国派上層部+軍用麻薬支給の不祥事隠し隠滅のために死亡。その遂行に、パンハイマが放っておいた刺客が。やはり信念と意地、何より恐怖と貧困との戦いを理由に参戦し。重要な布石となっていたが。そんなことはパンハイマにはどうでもよかった。
 
フリーアデスはダラッジオの後を継ぐどころか、孤立主義を推進してーダラッジオが組んでいた異民族排斥・制裁を掲げた。その方針転換で憎悪を買い。異民族連合は元宗主国への取り付け騒ぎとして襲撃するのが自然な流れになった。「ある意味では、トップダウン過ぎる移民派遣労働者への派遣切りに火種を持つ。移民派遣労働者による、労働争議による派遣元への勝利と、ストックオプション的な資産分配権行使という奇蹟実現、だけど
 
フリーアデスがダラッジオ襲撃で死んでいても。捕食者であるパンハイマが異民族連合の影の新宗主として 内紛に見せたマウデア朝制裁を工作し、後に主導していただろうが。
フリーアデスは勝手にパンハイマの母体組織に都合がいい、利害が同方向の政策を採ってくれた。自発的なものならば、より自然で都合がよい。「自分たちはマスコミ戦略に力を注げば、
「ダラッジオが唱えたものを、後任のフリーアデスに勝手に反故にされた挙げ句、更に差別された」
被害者としてマウデア朝制裁を推進」しても文句は言われなくなる。大国としても、フリーアデスのマウデア朝が強気になって起こした問題に巻き込まれないために、マウデア朝対異民族連合
の構図を表向きは放って置かざるを得ない。外から異民族連合が攻めてくるならばともかく。内に、参政権を持つ移民労働者を抱える国がホロコースト援助者となるのは問題。移民であろうと多民族を抱える大国内部、の火種に火をつけられるのは避けたくなる。
丁度、トレト公国問題をモルディーンが放置したように。過激派がホロコーストすら起こしうるならば、可能ならば外部は手を退くべきである。
 
「話は変わるが」
結局。ピエゾ編におけるトップのベストな対応は。愛国者の暴走で国際孤立を招かないように。東条英機のように、軍部の上に立つ決断で首輪をつけて。飼い殺しで「待て」を命じ続ける、とそれが出来ないならスターリンになることを決断。
位置情報を掌握。または誘導。そして一ヶ所に集めた上で、ねずみ取りのような焼却炉で粛正。
その上で内政不干渉と経済援助を条件に、「ダリオネートの経済攻撃、とその次のペングラート干渉」の二つの内のペングラート干渉における「降参」を宣言する。「実質的な属国化」を一時承服。代わりに
「国家命令としてダリオネートの経済攻撃を止めて貰い、
かつ同盟内部の反ピエゾ派に対立軸を継続、しかし実際は睨むだけで攻撃しないでいて貰うことを要求。コントロール権も委任して貰う。
張り子の脅威相手の対立軸に対抗して残り。ピエゾ+ポレネイの二派で新たな愛国団体を結成し、内規で縛る。」
ペングラートは失っても、ストレスを強いられる残り二派は、求心力を失わずに団結を保てる。何なら、同盟の反ピエゾ愛国団体の頭首にはウォルロット・ウォルハーグを据えてもいい。愛国者の英雄の背信、という最悪の悪夢は、ペングラートを失った残り勢力を団結させる最高の素材となることだろう。
「何より、都市同盟にとっても旨味はある。だから提案に協力できる。
ピエゾ三派を、名実におけるー
実はペングラート一派、名はピエゾ国三派全てを属国化出来る。
更に、自分がとれるペングラート以外を、自分に対抗できる大国に渡さずに済む。それは大きい。だったら、ピエゾとの敵対が最悪の場合に大国間協定に左右されず実力行使で潰せる。
自分以外になびかない属国、の方が同盟にも、ピエゾ自体にも実利は大きい。
属国であるならば、その後経済攻撃すればダリオネートの側が造反者となるわけだし。」
これが最悪回避のためのダメージコントロールと言える。
 
「話は変わるが」
短編の後味悪い、不幸マニア的なエンディングの起源は「棺のアインフェンフ」的な軍用麻薬ドーピング属性キャラにある。ジオルグの死、0.5ラストもこれの可能性がある。
 
翅の残照、道化の予言、や尾を食らう蛇、朱の誓約、0,5ラストの戦場の。殺人者とされた人達は冤罪だろう。
「あいつらに大切な人を殺した報いを受けさせる」。そのシナリオ中では無実な、その件では無実な連中へ、冤罪を押しつける為の犯行が複数ある。
 
トリックは、「宝珠の代替を呪符で代用させる呪符師の数法系技術と、プラモデル型擬人造形がある化学系のコンボ」「生分解性の冷凍プラスチックフィギュアパーツ。「被害者から採取した血液中「脂質」の精密加工による「生分解性プラスチックと塗料ー特殊メイク」」「生体素材由来の液体油脂」を一旦凍らせフィギュア用の塗料・ドールとして変身させること。
恐らくは、被害者のものとされる魔杖短剣が人形側受信機宝珠役。代替宝珠を塗料と画材で作れる、その情報が大切」「「脂質入りの血」製の。可塑性の可溶性素材で構築された溶ける、遠隔操作式擬人」を使うこと」
が鍵。無関係な人間の死体に特殊メイクをして、宝珠役の生分解性プラスチック魔杖短剣を側に置いた犯行偽装、と見る。
「尾を食らう蛇」の「移民間組織抗争」由来、判断は。「現在進行形の紛争国からの移民」咒式士に見える死体と遺留品に偽装されるから。
警察が見直したときの誤差は、文書改竄で対処。現場の魔杖短剣➡「本当に分解蒸発した遺留品」は、横流し嫌疑を抹消するために記録から抹消。
「移民間組織抗争」と判断した理由である、被害者が「ウムルン系だった」ように見えた記録は見違いの事実を消すため改竄。
汚点隠しが、犯人に都合がいい方向に向いたとみる。
人間の死体を買う理由は、好事家の屍飾師趣味で片付けられる。その死体の死因が特徴的なのは、食中毒など服毒死体→シアン化毒物 
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%B3%E5%8C%96%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0が多いため。脂質に異常があるのを誤魔化すような薬物だろう。
最低でも0,5では確実。「服の上と下の血」「クエロの血が墜ちてから、全身が痛い。」「背中の冷たさ」「クエロからどんどん体温が抜けていく」。
つまり、ガユスは本物のクエロの救命に努めたつもりで、
偽物のクエロである子泣き爺じみた雪女「擬人」に殺されかける真っ最中だったことになる。生き延びられたのは、実は英雄的戦果である。だが、作中で運命に執着されているのはガユスへの刺客だったため、誰も評価してくれない。
じゃあ、クエロへもジオルグか誰かの偽物が裏切り、襲いかかっていた可能性がある。いや、或いは偽物の一般市民被害者が虐殺されている光景を幻術で見せて、それを見殺そうとする演劇をクエロの周りのダミーにやらせ、一人でも止めようとしたクエロを、抗命で襲撃したか?
「翅の残照、道化の予言、や尾を食らう蛇、朱の誓約、0,5ラストの戦場」。これらでは血塗れの現場が鍵となる。
特にライブとしての0,5は貴重である。
よくは分からないが、ピエゾ編におけるフリュー役殺害チームは旧ジオルグ事務所メンバー扱いのようだ。
翅の残照、道化の予言、や尾を食らう蛇、朱の誓約
➡ユーゴック、サイーシャ、バンクリフ、メーデン孫役はそれぞれ
オルグギギナストラトス、ガユス。
連中の代わりなのだろう。
そしてー最大のミスは、ガユス役に対する二重の手。操作対象をミスした、それが最大の失策。
「0,5」のガユスの裏切り。あれはクエロにやらせるべきだった。信念のためにクエロがガユスダミーを見殺しにすればそれでよし。その場合は2巻ズオルーそのままの地獄にクエロを堕とせる。「基、多分ズオルーはガユス×ジヴの息子のキャストの予定だから、ガユスの不幸予定は確定だけど。」
ガユス相手に失敗し。かつ、背負ったクエロダミーによる一撃で仕留めるはずが。ガユスに早抜きで負けて驚いた。
クエロの側に何が起きたかは不明だが、口封じするはずのガユスが生き延びた所から、黒幕の復讐は歪んでいったのだろう。いや、クエロを操作対象にするという最大の目標が、ガユスが操作対象となったためご破算になってしまった。
 
クエロが殺しにかかるならば魔杖短剣でなく短槍を使うはずだし、背負われたままの背後から、はクエロの趣味と言えない。
 
 
 

宙界の瞳。価値は咒式でなく、ピエゾ編クォントンに因む。ユウェイン、イヴァンまたは獅子の騎士伝承 忠実の指輪による不死 つまりは黒社会権威の委任状としての価値。

 「ちゅう、かい→つ、き」「ひとみ→はつ」「ひとみ→とみひと→つみひと→罪人→×」→初月→三日月

三日月→赤十字社の可能性あり。
ゴールから。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%8C%87%E8%BC%AA
リュディアのギュネースの指輪。姿を消し、王になれる指輪。うん、ペディオンのように逃げたいものに有用な品だ。
日蝕タレスの予言した日蝕が、十五年続いた戦争を止め、和議を成立させた故事に因む。ハオル編の革命政府を見ると、そっちの効果の方が必要なのだと見る。

「一方で、別物の運命の環とは、イヴァンまたは獅子の騎士、の姿消しの指輪でなく、忠実の指輪による不死のようだ。https://books.google.co.jp/books?id=evnLT-TIRosC&pg=PT169&lpg=PT169&dq=%E5%BF%A0%E5%AE%9F%E3%81%AE%E6%8C%87%E8%BC%AA+%E4%B8%8D%E6%AD%BB&source=bl&ots=x7ML640kFL&sig=2PhidUaBJWBhiDx9Lyr5InuY-QY&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwj567HG8KPXAhVBxbwKHXCZBIsQ6AEICzAA

http://dictionary.infoseek.ne.jp/word/%E3%82%AE%E3%82%B2%E3%82%B9-1525944
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%82%B9
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%B9
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%82%B92%E4%B8%96
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AE%E3%82%A2
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E8%B2%A8
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%AF%E5%B7%9D
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%82%B9
https://wired.jp/2008/07/08/26%E4%B8%96%E7%B4%80%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%97%A2%E6%97%A5%E9%A3%9F%EF%BC%9A%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%81%8C%E7%9A%84%E4%B8%AD%E3%80%81%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%82/
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%82%B9
https://serendipity-events.amebaownd.com/posts/859662
http://www.geocities.jp/yamakatsusan00/cal_nissyoku_Thales.html

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%97%A5%E6%9C%88
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%94
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/9648/crow/sun.htm
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%A3%9F
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%8D%81%E5%AD%97%E7%A4%BE

「金貨と銀貨」「歴史の教本に出る。」リュディアに起源するのは間違いないし。「ベル→フレ」に近い国名や。
四巻エピローグのマウデア朝に近い名の関連情報もある。

 

姿を消せる指輪。

指輪物語の冥王の環→運命の環。や、魔王、アスモデウスの指輪の起源はこれなのだろう。

 

 価値は咒式でなく、ピエゾ編クォントンに因む。つまりは黒社会権威の委任状としての価値。

姿を消す、闇に隠れる、とは闇の力、黒社会の庇護を買える品だと見る。それだけだとファンタジーにならないから。有名どころでは。→

http://mex-co.cside5.com/solomon72/32.html

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/一つの指輪

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%8C%87%E8%BC%AA

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%9B%E3%81%AE%E6%8C%87%E8%BC%AA#.E5.8A.B9.E8.83.BD.E3.83.BB.E5.8A.B9.E6.9E.9C

が、それではハンハットの同類が狙うとは思えない。アンヘリオの円卓騎士趣味からすると。→

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%AE%E9%A8%8E%E5%A3%AB

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3

のことか。姿消しの指輪、はここでは端役な気もするが。宙界の瞳、の宙界を、いさかいの取り持ち→調停の力と見るのが正しいようだ。獅子の騎士。ハンハットよりアンヘリオに似合いそうだ。あれはガウェインに因んでた筈だが。

 

なお、ガユスの持つ指輪が本物か、指輪のなかで弱いかは不明だが。雷を散らしたところを見るに、琥珀琥珀貨幣にちなむ能力を持つと分析される。

 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E8%B2%A8

http://db.nichibun.ac.jp/ja/d/GAI/info/GH014/item/203/

https://nanboya.com/kin-knowledge/etc/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E5%8F%A4%E3%81%AE%E7%A1%AC%E8%B2%A8%E3%81%AF%E9%87%91%E3%81%A8%E9%8A%80%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%90%88%E9%87%91%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F/

その事を分析すると、やはりガユスの指輪はイミテーションなのだろう。

 

「話は変わるが」

憂国騎士団の団長名が

グレッツェン・バウハム・テーク。

ベヘ・リガのクーデロイやロシュマイヤーは偽名を使った偽物だったが。

ウォルハーグの家名が重要だった裏設定からすれば。バウハムテークをサモンナイトのリィンバウム、作中のアブソリエル帝国縁者のことと思った勢力もあるのかもしれない。

ガユス達の認識は間違っているはず。

クーデロイがキュリオ。不死身、というのがジークフリート→シグルド由来。

ロシュマイヤーはロディマスの偽名と見る。

大体、あのロシュマイヤーは誘導用の偽物で、多分真実を言えない呪いがかけられていた。

尾を喰らう蛇、のタイトルは。

グレッツェン・バウハム・テーク→ツェレ→ティルを買収するベヘ・リガ→ヘベ→蛇としたいようだ。

 赤毛のブローゾ→ジヴに会ったものから死者。特殊メイクした偽物だろう。サモンナイトのレックスのようなキャラだが、役の活かしようがなかった。殺害時の、ニンニクかアーモンド臭がした、が答え。シアン化毒物

 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%B3%E5%8C%96%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

 

なお、短編集 朱の誓約の。メーデン・マヘッソの息子にしてワイマート・マヘッソの父、メルディッソ・マヘッソがダラッジオ役キャラの可能性がある。ピエゾ編では誰だろうか。

完全 ギアンの父の真実、とクラレットの由来。サモンナイト整理

モルガン・ル・フェイとモードレッド式の、ギアンの宿願成就計画。
(ギアンの父の真実)
まず第一に、
ギアンの父は戦死している。祖父?は、断片的に伝え聞いた情報で狂っていた。初めから、欺瞞の上に立脚した暗い願いで、願いの実現が真実になることなどあり得ない。おまけに、ギアン父は戦死した後の扱いすら悪く。死体への魔王召喚をされてしまった。
「死体であっても、サプレス系の依り代召喚素材」には使える。「外装は死んでいても、中身に生きた別な悪魔を入れれば目的に使える」だから、と死体を回収した連中が死体への魔王召喚をやって、おまけに暴走されで壊滅したため野放し中だったようだ。

しかも、あくまでギアンの父は何かしらの事件の中で死んだのだが。ギアンの父がその事件内で護衛対象だった召喚者だった祖父でも母でもなかった。あくまでクラストフ家外部の事件への、応援中に死んだ。
祖父は、警護対象がギアンの母だった、と捏造して自分達は関わっていない事件を語っていたのだ。「今の君に無茶をさせるわけにはいかない」とは。特別な力を持った別人と間違えての台詞だった。力を発揮できない(初めから最後まで、本人は力など授からなかった)ギアン母を置いて事件に遠征に行き、死んだ。
その事件における警護において、敵が強大かつ多勢で、召喚師もいたようだ。

普通は、サモンナイト2のようにワイヴァーンに騎乗した召喚師一人で大部隊を足止めすることなどできない。(サモンナイト2 ミニス)
バルレルやレシィのように隠し玉があったわけでもないようだ。
冷静に判断して、事件の警護対象と共に生還する道を捨てた。

手段は、変身の魔術、の能力を持つ悪魔の使用による摩り替えと攪乱。
面子は「警護対象ー白髪のミルリーフ。使用悪魔ーサモンナイト2のアメル(デフォルトの姿はサモンナイト5のエクセラ?護衛である計画者ーサモンナイト1のソル)」
警護対象を人に化けた悪魔に。悪魔を、面が割れている警護のギアン父の姿に変えて。
自分が警護対象に化けた。あたかも、怯えて護衛達に逃げられた警護対象を装って、それでも悪あがきするかのように囮として時間稼ぎし。その上で反転して敵統率者を狙った。その試みが成功したかは不明だが戦死。
警護対象死亡による捕獲任務失敗、を偽装して敵の行動意欲を挫いた。
敵も、邪魔しないならば護衛達の命を取る気も、無駄な時間を割くつもりもなかったようだ。警護対象が護衛の身内だったならば、逃走と言う行動に不審さが残るはずだから、やはりギアン祖父の話は捏造だ。

しかしーギアンの父は詰めが甘かった。焼死や爆死など死体まで消す、完全な手段をとらなかったのだ。つまり、諦めが悪い敵には、「死体へ魔王召喚を行う、と言う活路」が残されていたことを考慮に入れていなかった。まあ、それでも警護対象ではなく偽装したダミー相手にすることになったわけだが。残念なことに、それでも十分強力な悪魔王クラスが召喚されてしまったあげく、好き勝手されたようだ。

「父本人の自発的な選択ではなく。父の死後に外部が死体へ魔王召喚を行い、悪魔王の力が相続者である息子にも数割流れていった。」若くして息子のギアンが、異常発現した力に目覚めたのは、そんな見えない事情があった。と言うか、つまりギアンの力は、悪魔王の力を得た幽角魔獣のもの、と言う裏設定である。さらに言えば、召還された悪魔王はトウヤやエクス、エルジンのような性格設定であり。バルレルのようなアウトロータイプではなかった。トウヤの悪魔バージョンに近づけると、ギアンみたいな壊れ方になるようだ。

(話は変わるが、主要人物は赤毛の女性と、その末裔。ボーイ・ミーツ・ガールのラピュタか、勇者ゲオルギウスストーリーが本命。その筈)
多分、サモンナイト全体の設定では。キャラクター選択は
サモンナイト5、アルカ。
サモンナイト4、ライとミルリーフ。
サモンナイト3、レックスとベルフラウ→ファリエル。
を選択すればストーリーの整合性がとれるらしい。



そんなことを知らないギアンか、同類がラウスブルク使用を目指したときから。運命は狂い始める。
あくまで、「命までは奪いはしない」で至龍の子を一時手に入れて、城を船として起動するにはどうすればいいか。



     




ピエゾ編の人名が短編に相似している。そして、それがジオルグの死に関わっている、と推測する。

じつは重要 3巻エピローグと呪い。

ウォルロット・ウォルハーツ➡伝説の人物で、復讐を為すと言われている。誰もが注目する。ナポレオンの復権を願う残党がいたような、支持者がいる。
(そして、何度でもにおけるマーコート→ウォルロットの血筋でないかと言われている。
マーコート→コーマート→コーウォートン→クォントンが
ウォルロットだと言う説に由来。)

ブローゾ→ヘドヴィグ・ギャリーがいった話が捏造、ウォルロットの霜の手における復権を願う

マボロオス・ス→十三の嫡子が、復讐したいと思っている、とも言われかねないウォルロットの因縁の相手。

ズオルーポジション➡
子デュピィ
ティルボーツ議員➡ダッドレイポジション。代理人に暗躍されていると言われながら、寧ろ代理人ペディオンの
庇護を受けた恩返しの人。
形だけの愛国論者。ジオルグの先祖。
ガイアノス混乱時に、指輪所持者として出先資産を取った嫌疑。➡
冤罪。先祖すら異なり、相続してすらいない物の持ち主と間違われ死去

指輪所持者。軍部混乱のため、国外逃亡した外交官が資産を抜き取り、私兵も吸収。➡アミラガ家。
オルグの死がそれかと思いつつ、間抜けが出て来るのを待って隠し持つ。
指名手配子の接収は、合法。駄目でも、自分の分をクォントン分と合わせて取っただけ。

クォントン。忠義を向けられし架空の人物。ひとみ、カラスの起源?故国を出て財を為した人物で、
名前からウォルロットのことでないかと目されている。
また、ウォルロットがダリオネートで、投獄した祖国への復讐に金融攻撃したのではないかともされている。


ガリアノレス。フラグは四巻エピローグ。実は、応じなかったため、応じたことにしたい
利益右翼➡利益右翼に化け資金を飲んだ、本物の狂信者右翼に切られる。






#11今度こそ真相 浅井ラボの宙界の瞳起源ー結論とそこまでの過程 貨幣に関わる古代リュディアのギュネースの指輪 されど罪人は竜と踊る

 「ちゅう、かい→つ、き」「ひとみ→はつ」「ひとみ→とみひと→つみひと→罪人→×」→初月→三日月

三日月→赤十字社の可能性あり。
結論であるゴールから。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%8C%87%E8%BC%AA
リュディアのギュネースの指輪。姿を消し、王になれる指輪。うん、ペディオンのように逃げたいものに有用な品だ。
日蝕タレスの予言した日蝕が、十五年続いた戦争を止め、和議を成立させた故事に因む。ハオル編の革命政府を見ると、そっちの効果の方が必要なのだと見る。
http://dictionary.infoseek.ne.jp/word/%E3%82%AE%E3%82%B2%E3%82%B9-1525944
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%82%B9
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%B9
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%82%B92%E4%B8%96
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AE%E3%82%A2
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E8%B2%A8
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%AF%E5%B7%9D
日蝕による停戦と、タレスデリバティブエレクトロン貨と貨幣史。「→https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%82%B9
https://wired.jp/2008/07/08/26%E4%B8%96%E7%B4%80%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%97%A2%E6%97%A5%E9%A3%9F%EF%BC%9A%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%81%8C%E7%9A%84%E4%B8%AD%E3%80%81%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%82/
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%82%B9
https://serendipity-events.amebaownd.com/posts/859662
http://www.geocities.jp/yamakatsusan00/cal_nissyoku_Thales.html

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%97%A5%E6%9C%88
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%94
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/9648/crow/sun.htm
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%A3%9F
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%8D%81%E5%AD%97%E7%A4%BE

「金貨と銀貨」「歴史の教本に出る。」リュディアに起源するのは間違いないし。「ベル→フレ」に近い国名や。
四巻エピローグのマウデア朝に近い名の関連情報もある。
リュディア関連で、ナズグル代わりの不死隊
 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%AD%BB%E9%9A%8A
がいるし。
アリュアッテス王が貨幣に関わった、フリーアデスのモデルなのかもしれない。
クォントンのモデルはクロイソスか。
姿を消せる指輪。

指輪物語の冥王の環→運命の環。や、魔王、アスモデウスの指輪の起源はこれなのだろう。
また、宙界の瞳争奪戦は、デリバティブの更に外周であるオプション取引https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%8F%96%E5%BC%95
→つまり、先物取引買い付け件、の権利売買件、の権利書をめぐる戦いなのではないか。意外と、先物取引の商品は、絶世の美女か世界を救う未来の英雄との婚姻権、またはその先祖か扶養者になれる権利でないか。。かぐや姫の両親の竹取りの翁夫妻は儲かったそうだし。人間では異常でも、名犬や競走馬の育種に関わるブリーダー事業主を考えると馴染み深いものかもしれない。
 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC
その思想の精華がアミラガ家の血統戦略だろうし。

 価値は咒式でなく、ピエゾ編クォントンに因む。つまりは黒社会権威の委任状としての価値。

姿を消す、闇に隠れる、とは闇の力、黒社会の庇護を買える品だと見る。それだけだとファンタジーにならないから。有名どころでは。→

http://mex-co.cside5.com/solomon72/32.html

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/一つの指輪

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%8C%87%E8%BC%AA

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%9B%E3%81%AE%E6%8C%87%E8%BC%AA#.E5.8A.B9.E8.83.BD.E3.83.BB.E5.8A.B9.E6.9E.9C

が、それではハンハットの同類が狙うとは思えない。アンヘリオの円卓騎士趣味からすると。→

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%AE%E9%A8%8E%E5%A3%AB

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3

のことか。姿消しの指輪、はここでは端役な気もするが。宙界の瞳、の宙界を、いさかいの取り持ち→調停の力と見るのが正しいようだ。獅子の騎士。ハンハットよりアンヘリオに似合いそうだ。あれはガウェインに因んでた筈だが。

 

なお、ガユスの持つ指輪が本物か、指輪のなかで弱いかは不明だが。雷を散らしたところを見るに、琥珀琥珀貨幣にちなむ能力を持つと分析される。

 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E8%B2%A8

http://db.nichibun.ac.jp/ja/d/GAI/info/GH014/item/203/

https://nanboya.com/kin-knowledge/etc/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E5%8F%A4%E3%81%AE%E7%A1%AC%E8%B2%A8%E3%81%AF%E9%87%91%E3%81%A8%E9%8A%80%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%90%88%E9%87%91%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F/

その事を分析すると、やはりガユスの指輪はイミテーションなのだろう。

 

「話は変わるが」

憂国騎士団の団長名が

グレッツェン・バウハム・テーク。

ベヘ・リガのクーデロイやロシュマイヤーは偽名を使った偽物だったが。

ウォルハーグの家名が重要だった裏設定からすれば。バウハムテークをサモンナイトのリィンバウム、作中のアブソリエル帝国縁者のことと思った勢力もあるのかもしれない。

ガユス達の認識は間違っているはず。

クーデロイがキュリオ。

ロシュマイヤーはロディマスの偽名と見る。

大体、あのロシュマイヤーは誘導用の偽物で、多分真実を言えない呪いがかけられていた。

尾を喰らう蛇、のタイトルは。

グレッツェン・バウハム・テーク→ツェレ→ティルを買収するベヘ・リガ→ヘベ→蛇としたいようだ。
 
「話は変わるが」
宙界の瞳。ピエゾ編で。ハラウオン逸話に準えて誰が誰との話になるか。
 
ハラウオン→ティボールツ
烏→ウォルロット・ウォルハーグ
熊→903くまるさん。ガイガノレス
狐→メノムン
 
ハラウオン→ダラッジオ
烏→フリーアデス
 
ハラウオン→ティボールツ上院議長(モルディーンが知る火種。また、モルディーンは都市同盟諜報部にコネがある。「なにもしないことをしていた」とは。ペディオンの「なぜ気づかなかったんだ」の違和感の一つ。バッハルバ諜報部は無理なケースでも、憂国騎士団や霜の手位には手が回るはずの都市同盟が沈黙していた
つまりは逆。状況をコントロールしきった自信があり、かつ泳がせて問題ないからバッハルバ諜報部は都市同盟に放っておかれた可能性がある。ならば、バッハルバ諜報部上層部以外が癒着と情報横流しをしている疑いが強い。ベヘリアス帝という国家トップ本人以外の複数のルートが、バッハルバ国内でペディオンを狙っていることが発覚したのだろう
これはバッハルバ帝への死角となるか?)
烏→主役格。「ウォルハーグ」「家名のウォルハーグだけが有名となっている」→クロウ。「太陽に神々が住む」→不穏分子の主人公格として、反政府派に人気がある。 
1984ディストピアにおけるゴールドバーグ候補。ファーミング詐欺型囮捜査の名義人として偽物が多い。というより、ウォルロットの血縁はウォルハーグ家、一党として見なされているようだ。「そして何度でも」ボレオロフスは、愛国団体へ融資するつもりで金を積み続けでいるのでないか。
多分、反体制派として担ぎ上げられてばかりのようだ。アミラガ家もその様子がある、ものの、パンハイマは極端な体制派である。計画を仄めかしては、群がるものを始末する予防制圧→ゴキブリホイホイのような事務所である。
熊→903くまるさん。ガイガノレス→乃木。ラキのような過激派か。
狐→あざとそうな謎の存在。一番上手くやったはず。しかしーメムノンのことである。
狐→きつね→月、ね→ねつき→寝月
メムノン→メノムン→メノ、ムーン。「メノ→みな→水無」水無月。陰暦の月齢名をコードネームにしている。或いはメムン→ムムーン→睦月。
実は、ヤークトー本人かその血縁である。「トク→つき→月」。や→は。はー月。初月。一月をヤークトーはコードネームにしている。
 
ハラウオンの逸話を元に、相続殺人に絡む因果からイェルドリト・ラキやジオルグ・ラザハイトは死んだ可能性がある。オルケンティウスの一件もあるいは。
「狂った副官に殺されても愛国者であった」。ガイガノレスの副官とキュリオは同じタイプのはずだがー
重要なのは、3巻内の、ゲヒンナム到着前の誘拐事件被害者名は。十一人+ダリオネートの財界要人に相似している。
老齢の男性ー若い女性
から名前が近い人が被害にあっている。
カスペルと祖母のように。親族で成りすましあっている誰かがいる?
カスペルも、祖母に借金を押し付けて、なおかつ相続放棄する手もあったのかもしれない。
大体、祖母の死体は嘔吐していた。服毒死の可能性がある。許容量以上の薬効があったとすれば。中毒になり精神異常を来すよう調整されていた可能性がある。まあ、ウォルロット宛ての毒だったかもしれないがー人違いで無関係な人へ送って死者が出たなら、カスペルは表向きの責任者へ訴訟を起こし、賠償金を期待する手もあったのかもしれない。
ウォルロット・ウォルハーグには。ナポレオンの縁者のようなお飾りがいるのだろう。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B33%E4%B8%96
ロディマスが小、中佐と呼ばれるのは、
小さな伍長、由来だろう。
 
 
 
さて。金持ちになっただろう成功者を狙おうとしているのは、カラスの縁者ではないと見る。ピエゾ編だけでも、イェスパーやアゼリアはその気配がある。
しかし、キュリオは異なりそう。ガイガノレスの縁者→熊でないか。フロズウェルみたいなタイプ。ロズウェルの異常さは、薬物系ドーピング副作用の可能性がある。
 
「話は変わるが」
ユナやソリダリを見る限り。軍席を抹消された退役軍人かその関係者による後遺症と、薬物中毒者暴走は深刻なようだ。作中のキュリオも千眼士でなく電波系通信兵が本職だと分析する。
どうも、二巻のレジスタンスのような、レメディウス喪失後の構成員達の狂気と、党首不信が連鎖的に呪いとして無関係なところにまで波及している気配がある。
サイコドラッグの脳波調整作用とテレパシー技術可能性を考えると。無関係なストラトスまで、電磁系のクエロ経由で、薬物中毒異常者とチャンネルが繋がったから、という理由で「不審な」上司を組織浄化のための制裁として襲った気配がある。実行した本人の環境とは関係ないのに。
テレパシー兵器開発。現実の冷戦下では夢物語だったフィクションを、作中では誰かが実現、させられず暴走させている気配がある。
そもそも、ユナやあの時のクエロからして。前の恋人→勇ましい若者と現在の恋人を錯認した前提で。自分が戦争状態の軍英雄の妻であるつもりの台詞を述べていた気がする。
 フリーアデスの妻コーカサイアのようなヴェルテル症候群か。
 

ジオルグの死 その真相 されど罪人は竜と踊る 全ての始まりの、一つ目と二つ目と三つ目

まず、主人公扱いとされているガユスとギギナは。ピエゾ編のようにすでに誰かの操作対象である。それは、ビスカヤ連邦、反ラズエル企業植民地支配を掲げる、自国の反異民族ー血縁・民族主義反資本主義ー全体社会主義を掲げる組織である。
支配母体組織がラズエル社であることから。アルリアン系民族企業、ブリンストル女王国の敵である。
本来の操作対象は、ガユスの大学同級生だったシファカとその親族だが。手違いでガユスに干渉している。

「そして何度でも ナーコート、とボレオロフス対立」「尾を食らう蛇」
二つ目。ラズエル社によるビスカヤ侵略の過程の混乱で先々代ジオート・ラザハイトの元所員、ツァンコの縁者(孫娘?)トァンコ?に被害が出た。その事を説明した呪殺開発依頼者へ、製作者ツァンコ?は孫娘?の復讐のため、誘導追尾式の呪殺手段を用意し、誰かに渡した。
ラザハイト社が、昔のままの関係でブリンストリア女王国の出先機関の操作対象である、と考えたからだ。それは、依頼者が用意した捏造であった。しかし一方で。あくまで、ラザハイトの、縁者抹殺用にしか使えないことに気づかず。発動した結果、製作者の意図通りの成果すら発揮せず、
依頼者にはその呪殺が使えない残念な状況になってしまった。
ツァンコは、騙されて、代々の悪弊を断ち切った善良な、民間人である末裔を殺してしまっただけである。そこに大義名分はない。

三つ目。
依頼者は呪殺を使えなかったものの。本来は、非業の死を遂げた恩人に報いようとする、遺族を操作対象として傀儡の任務に殉死させるのが目的だった。
が、ガユス達をそうしているつもりで、あまり意図通り動いていない。誘導も不十分である。結局は、依頼者もブリンストル女王国の操作対象を人違いしている。

本来は、イェルドリト・ラキに呪殺を持たせ、皇城で復讐代行者として発射させ。ブリンストリア女王国の出先の意図で龍皇国が半壊したように誘導する運命だった。

四つ目。ラザハイトが創立時に、ブリンストル女王国出先機関の操作対象として融資を受けて成長し、先々代とツァンコの頃まで糸がついていたのは確かである。しかし、なにがしかの事情で出先機関は傀儡への糸を切った。重大な事故が起きたか、操作対象としては他を優先したか?とにかくラザハイトそのものは母体組織がブリンストル女王国本国だと知る、出先機関ではなかった。そうならば、足抜けしたくなったときは、亡命か、僻地への隠居、本国への閑職への異動打診を行い。それらは他の四大咒式師にある程度は知れるはずだ。
糸がついたままで、本国内部の事情による粛清か指揮官交代、スケープゴートとしての別組織による鬼退治にあったのであれば。証拠は残るし。証拠がないことが証拠、ならば。母体組織の糸が全くついていないガユス達が居残り組なのは不自然すぎる。

反証
ガユス達が熱心な出先機関であれば。ニドヴォルクからの事件からの動きが不自然すぎるとも言える。もっと二大強国に挟まれた中堅国間を取り持つポジションを狙って動けた。ペトレリカ・ハオル取り込みや、ベギンレイムの技術調査と本国への配達、をしないのが不自然。

五つ目。新しい何者かが。かつて中堅国出先機関操作対象だったラザハイト事務所を拾い直し、恐らくは元の中堅国の意図として、二大強国か八大企業財閥への具体的アクションをとらせるシナリオだった。

誰かがゴッヘル中佐亡き後のゆうこく騎士団を接収し、リゼリア画は入間エのような状態。むしろ、リゼリアへの助太刀要因としての用意が進んでいる?
(応報の軛→筋を知っているものによる。→私にもこんなことが起こればいいな、下拵え→打ち捨てられた御手)

しかし、操作対象の人違いが重なり。無実の人が死んだり、操作対象として救うべき母体組織縁者の死を見過ごしたりが続いている。
恐らくは、フロズウェルは後釜候補である。

六つ目
結局は、本命のお飾りへの助太刀、取り巻き要因としての用意で。オルグは非業の死を遂げた?
強くて、まだ若く伸びる過程で、財力もコネも情報力も対暗殺キャリアもある
退路を断ち誘導する手法をとる、糸の操作対象にはならないため。

ラザハイト→スコットランドハイランダー。ただ単に強い、民間愛国者傭兵の末裔。





と、思っていたが、もっと整合性がある論理があった。









力作 ギアンの父は逃げていない。サモンナイト2の真実に繋がる布石。 本物の聖女はファミィで。ヒロインのアメルとトリスは、親子で年齢逆だ。つまり、アメルが年上の逆天女、虚偽ードゥルジで。トリスが忌み子、マーリン➡ネフィリムで、サリエル。強そうに言うと、新天地のトゥルサリエリ

配役
一番の主役、亡国の皇女アナスタシア役➡ミルリーフ、その娘役は本来主役級。
➡サモナイ2ファミィ➡ミルリーフ、ミニス、娘役。

狙うべきは本来、赤毛のミルリーフに集約される。
時に、その側近はソルに似たアベルトのような髪型をしていた。

詳細は不明だが、多勢相手過ぎて打つ手が無くなったとき。とある悪魔、アリーゼの力を借りた。
本来のヒエラルキー
ミルリーフ➡アベルト➡アリーゼ

しかし、アベルトはアリーゼに自分に加えミルリーフとも二重契約するよう派遣契約を要求。

そして、アリーゼ=ドゥルジの虚偽の力を使い。
ミルリーフをアリーゼの姿に。
更に、アリーゼをアベルト似の姿に変身させ、
自分をミルリーフの姿にさせた。本来の123位を231位に転回させ、一位を三位に化けさせ。本来の13位で逃げさせ。
狙われている一位の代わりに自分が立ち向かった。恐らくは跡形も無く死去。
アベルトの子➡ギアンはそのことを知らず死去。


三巻四巻の
経緯一部。

女性人さらいは不明。しかし、検問の目を人間女性に向けさせたときなら。換金用ペットを満載した輸送車も目を潜れる。

あるいは、咒式強化した高級ペットたちに自走させ、代金支払い確認後に指輪の持ち主の元に向かわせるシステムにした