裏社会の猿蟹合戦(テイルズシリーズと原発 12.1稿目) 四大元素+意外と重要なサウスガンド聖主教とエルフ→サイモン一族→幻術夢系→瞼の闇の力。

裏社会の猿蟹合戦(テイルズシリーズと原発 12.1稿目) 四大元素+意外と重要なサウスガンド聖主教とエルフ→サイモン一族→幻術夢系→瞼の闇の力。

タバサは、ベルベットの暗殺理由推理を[合格]とは言っても完全正解、とは言わなかった。
タバサはキャラ的に、このムルジム同様、個人的には聖主教信者。
降臨の日以前から聖主教を唱えていた大司祭とは、利害的には一致していた筈。ある時点までは。
実際のところ、製造・偽装を大司祭は出来ても、流通・資源ネットワークのしきりは出来そうにない。
大司祭の政敵に次々不幸が起きた、と言う噂を考えると。政敵に直接嫌がらせしたかは不明だが、オカルト染みた噂を広めたのは闇社会のグループだと推理される。
結論。
闇社会のタバサ本人とは考えないが、ある時期までは、大司祭と闇社会グループは麻薬密輸利権を一から育て上げた、共同経営関係にあった。
エクシリア2の、ユルゲンスとアルヴィンのように。
↓ 
しかし、猿蟹合戦よろしく、片方がもう片方を殺して、利益を総取りし出した。
勿論、以下ではある。
[大司祭のミッドガンド王国内の発言力を考えれば、闇ギルド頭目・バスカヴィル処刑を阻止できなかったのは、仕方がない。大司祭がアルトリウスやメルキオル、王に反対できるとは思えない。
無力なことを、裏切りと避難するのは非合理だ。]
だが、ラカノンがユルゲンスかアルヴィンの片方→アルヴィンと思うがーを殺害した後で。
敗けた側ユルゲンスが、見せしめに並ぶのが嫌な、保身のためにだろうと、仇ラカノンに成果を献上するのは、許せなかった。
結果、
闇グループ代表バスカヴィル?と大司祭の初めのルートは、バスカヴィルの死後にメルキオルに献上された後で。
バスカヴィルの遺臣タバサ達の、派遣したベルベットの手で壊滅させられた。
→自分達の元愛馬が、仇に乗られているのが耐えられない、と言う感傷もあるだろう。
因みに、大司祭と繋がっていた裏社会がバスカヴィルかは不明。
基、バスカヴィルはオカルト染みた政敵排除は出来ない筈。天族の請負人がいるわけでもない。
大司祭暗殺・エレノアによる逮捕未遂を、これまでの請負人が邪魔しようともしなかったことを見ると、そいつは既に無力化、または離反している。→ジェイルエピソード+ロレンタエピソード。
飛躍、サウスガンドの聖隷契約者、巫女一派の裏社会派が大司祭に手を貸し、擁立していた。[モアナと風の傭兵団]
しかし、当の大司祭は、自分の擁立者よりも聖寮をとった。後ろ楯なく請負人は壊滅。
猿蟹合戦のけじめで、大司祭は討たれる。
ロレンタエピソード




私が考えたユニークスペル  グラインド・スピナー マイン・グラインダー・ライン (発電能力者用→ワイヤー装備と能力の合体技。) 20191212

私が考えたユニークスペル 

グラインド・スピナー(ディスク)

マイン・グラインダー・ライン

(発電能力者用→ワイヤー装備と能力の合体技。) 20191212

 

 

斬糸の網+砂鉄の剣 糸一本ずつの表裏に、チェーンソーの両刃が走っているように、

→まるで、ソードワールドの魔術ブレードネットに、雷の付与魔術がかかっているみたく。

神裂+御坂

私が考えたユニークスペル

(発電能力者用→ワイヤー装備と能力の合体技。)

マイン・グラインダー・ライン

(・水素着火式[爆鳴気]のジェットエンジン(任意タイミングで起爆可能)+

・周回摩擦熱+

電荷付き積乱雲

→砂鉄の剣を、一から十まで能力で物質化する必要はない。

高熱かつ、破壊力を線に集中。

 

・多碗ゴーレム

グラインダーラインを片手で操作しつつ、片方または外付け義手で、

金属繊維で絡めた、多数の武器を使える。

・怪力のマリオネット→ワイヤーで編んだグローブ等ナックル、または寸鉄や握り手裏剣や鉤爪などクロー

→金属繊維であれば。別個の糸や糸屑が絡み、電荷を帯電→着磁させた相手に、磁場の引力・斥力を発揮できる。サイコキネシストのように偽能出来る。怪力も発揮。

帯電→着磁している相手や

自前の金属器 

(ホッケークラブ・目潰し入りブラックジャックなど)

(有刺鉄線等による、刃物である金属鞭[蛇腹刀・多鞭→九尾の猫鞭]等)

(ネジ→スクリューの弾丸、歯車→ギアのヨーヨー)

(テイルズオブシンフォニアのチャクラムやスピナー・フリスビーディスク

→つまりその表面に巡回させる砂鉄の剣が、ホイールソーになる回転体。螺旋丸よりは下位。

またはローラーボード。)

(ロボットハンドやマジックアーム等 マネキンみたいな金属義肢。文字通りの手数・千手。また、名探偵コナンのようなシュートやピッチングで、非磁性体だろうと投擲可能。)

(自前の水晶粉→発震子、テルミットナパーム用鉄粉、マグネトロンや、水銀ー金属毒を混ぜ混んだ、砂鉄)

(クレイモア地雷など、磁性体の散弾を撒く殺傷力が高い手榴弾。自分だけ、斥力と砂鉄の盾で安全地帯を確保できる。目潰しの鉄粉や撒き菱の発想。

因みに、レーダーで地雷探知出来るため、発電能力者は地雷源で、他者よりも行動の自由が利く。

一方で、一万人の御坂シスターズは、地雷除去任務に適任。)

を有線中継で磁力操作すれば、オールレンジ対応も出来る筈)

超電磁砲 漫画13巻のように、巡回する砂鉄は、顆粒・粉体でも改めて操作できる。

 

参照

Imagehttps://ja.m.wikipedia.orgwiki

ウェブ検索結果

静電発電機 - Wikipedia

他の人はこちらも検索


静電気発生装置 キット


テスタティカ


ウィムズハースト起電機


静電気 発生装置 ライター

 

ウィムズハースト式誘導起電機

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%BC%8F%E8%AA%98%E5%B0%8E%E8%B5%B7%E9%9B%BB%E6%A9%9F


ヴァンデグラフ起電機

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E8%B5%B7%E9%9B%BB%E6%A9%9F

 

https://ja.m.wikipedia.orgwiki

ウェブ検索結果

酸水素ガス - Wikipedia

酸水素ガス(さんすいそガス)は、水素 (H2) と酸素 (O2) の混合気体で、モル分率は水と同じ 2:1 とする ... 水素と酸素が 2:1 の混合ガス(水素爆鳴気)は、常圧において発火点が約 570 °C となる。そのような混合気体へ ...

特徴

製法

用途

照明

酸水素ガス吹管

https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%25E9%2585%25B8%25E6%25B0%25B4%25E7%25B4%25A0%25E3%2582%25AC%25E3%2582%25B9&ved=2ahUKEwiEvfWt963mAhXTaN4KHYK9BEgQFjAIegQIAxAB&usg=AOvVaw1Sz6Fdkoexk6N-jtPa1TBX

 

酸水素ガストーチ

Imagehttps://kotobank.jp › 爆鳴気-600520

爆鳴気(バクメイキ)とは - コトバンク

デジタル大辞泉 - 爆鳴気の用語解説 - 水素2容積と酸素1 容積との混合気体。点火すると爆音を発して反応し、大量の熱を発する。水素爆鳴気(酸水素爆鳴気)ともいう。

Imagehttps://s-castle.com › 実験レシピ

【実験レシピ】「ドカン」と爆発、爆鳴気をつくろう! | 中高生のための学会 サイエンスキャッスル by ...

2018/12/01 · 用意するもの> ・空のペットボトル( 炭酸飲料が入っている円形のもの) ・カッター ・粘土 ・ ガラス棒 ・ビニルテープ ・ハサミ ・水素ボンベ ・ チャッカマン ...

Imagehttps://www.weblio.jp › content

爆鳴気 - Weblio辞書

水素二体積と酸素一体積との混合気体(水素爆鳴気)。点火すると、爆音を発して化合し、水を生ずる。 その際、多量の熱を発する。また、水素一体積と塩素一

 

テイルズシリーズと原発 12.5稿目 メモ 11稿目  結論→テイルズオブヴェスペリア エステルの生死不明 軍が、ヘラクレスなどを無差別砲撃した結果。 現地に誘拐された、または訪問していた 要人は、味方により射殺された。 →それが、瞳石回想でミケルが生け贄にした、赤子の答え?

テイルズシリーズと原発 12.5稿目

メモ 11稿目 

結論→テイルズオブヴェスペリア エステルの生死不明

軍が、ヘラクレスなどを無差別砲撃した結果。

現地に誘拐された、または訪問していた

要人は、味方により射殺された。

→それが、瞳石回想でミケルが生け贄にした、赤子の答え?

 

注目

「→ベルセリア 野盗に占領された?アバル村やサウスガンド

「そもそもは、タイタニアを、業魔ベルベット・アイゼン一味が占領している」

「だからこそ、いる筈の災禍の顕主を狙って、メルキオル開発新兵器 神威

ジークフリートによる秘奥義で、聖隷を犠牲に、ターゲットを砲撃する」

「ベルセリアでタイタニアにいた面子が無事だったのは、奇跡」

タイタニアが砲撃を受けていた場合、他の喰魔や業魔クロガネ、ダイルはともかく。第一王子まで射殺してしまっていた。」

↓ 

意外と、テイルズオブゼスティリアのでは、ヘルダルフがマビノギオ遺跡にいない時に、拐われた赤子がそこにいるのを知らずに、または無視して、

軍が無差別砲撃した結果。

現地に誘拐された、または訪問していた

要人は、味方により射殺された。

→それが、瞳石回想でミケルが生け贄にした、赤子の答え?

過去記事

テイルズオブジアビス+テイルズオブファンタジア魔科学

・核攻撃による、無差別毒殺)

(捏造した冤罪を理由に、別件逮捕→別件制圧。

何度か繰り返し、シンデレラの国は、

[ヴァンガード→ファンダリア動乱 ダリス・ヴィンセント]

二国からの、分離・独立を主張し出す。

こうして、テイルズオブグレイセス ifシナリオは、

→ランド

(→ゼスティリア ローランスに占領されたカムラン

→ベルセリア 野盗に占領された?アバル村やサウスガンド

「そもそもは、タイタニアを、業魔ベルベット・アイゼン一味が占領している」

「だからこそ、いる筈の災禍の顕主を狙って、メルキオル開発新兵器 神威

ジークフリートによる秘奥義で、聖隷を犠牲に、ターゲットを砲撃する」

「ベルセリアでタイタニアにいた面子が無事だったのは、奇跡」

ラジアータストーリーズ if 妖精王ザインのライトエルフの里と、占領された要塞。

ラタトスクの騎士 ヴァンガードに占領されたアルタミラ

→エクシリア2 クロノスかアルクノア残党に占領された、キタル族の樹海・マクスバードか移動会談場

ヴェスペリア エンテレケイアに占領された、過去のザウデ山、カルボグラム、エゴソーの森、ブラックホープ

ジアビス クーデター派に占領された?新生ホド島=過去のホド島→マルクト首都グランコクマ)

が、核攻撃を受けて、障気の海に沈む。

と言う、バッドエンドに終わる。)」

と言う、正当性あるものだった。

テイルズオブファンタジア ジャミル

(テイルズオブデスティニー 真マリアン)

の悲劇。

 

本来の歴史では、その罪の持ち主は、サザンクロス博士→ミクリオのことだが。

 

と言うより、テイルズオブジアビスは、主人公足るべき存在がイレギュラーな世界でしかない。

 

 

(テイルズシリーズと原発 12稿目) メモ 実は悲恋だらけのテイルズシリーズ ハーフエルフの異類婚姻譚

(テイルズシリーズと原発 12稿目)

メモ 実は悲恋だらけのテイルズシリーズ ハーフエルフの異類婚姻譚

↓ 

テイルズオブエターニアのヒロイン メルディ。 

明るいイメージとは裏腹に、その人生は悲惨極まりない。

大変な境遇を経て、王子様に娶られてゴールイン、というのがシンデレラストーリーだが、

テイルズシリーズでは寧ろ、結婚してからの方が悲劇ルートである。

 

最終的に、テイルズオブゼスティリアを経て、 

・全ての不祥事は「シンデレラが勝手にやったこと」にしてくれ、

と嫁いだ国家そのものに、人柱のように捨てられる。

テイルズオブベルセリアに関しても、地脈でのベルベットの乱心ぶりは、そのシナリオに由来する。

→実は、本来のモアナの悲惨人生が、

テイルズオブヴェスペリアのオーマの、投獄・終身刑までのシナリオが、

災禍の顕主の、穢れの呼び水になっていた?「人間じゃないから→ハーフエルフの、裏切りへのコンプレックス」

 

そういう意味では、シンデレラが出産したことまで、シンデレラが勝手にやったこと、にされるらしい。

子供が出来たことまで一人のせい、ならば、処女懐胎扱いか。と、突っ込みをしたくなる。

テイルズオブベルセリアを見るとベルベット、メディサ、モアナ。どいつもこいつも、

心底では自分の夫や恋人を信じてない

連中だった、そういうことだろう。

 

メルディ×キール

「ナタリア セレス」

 

ハロルド×ロニ

ルーティ×スタン

カイル

 

アトワイト×ディムロス

リアラ

 

レナ×クロード(フレン)(ガブリエル=ランティス)

エステリーゼ」(フィリア)

 

因みに、テイルズオブシンフォニアゼロス・ワイルダー両親」準拠であれば、

(ハーフエルフの)幼馴染み同士、キールとファラが恋仲だったと歴史に残り。

ミトス×マーテル

リッド×メルディ

「ゼロス」

(真・リッド×ファラ)

 

キール×ファラ

「セレス」

(真・キール×メルディ)

だったように、デマが流れているようだ。

 

恐らくはテイルズオブジアビスの主人公ルークが、ボーマンの人格になる、理由である。

ティア・グランツは本来、リグレットの身内→メルディになる筈だった。

→最も、同じシナリオならば、ルークとの婚約後に悲惨な裏切りに遇うのは、ティアになるが。

→アッシュがルークを「クズ」と呼ぶ理由は、外から見た国家と貴族社会全体への悪感情だろうが。

→リグレットやヴァンががルークを「クズ」と呼ぶことは、知ってか知らずか、

「娘→(真ティア)ロゼが、

・不実な男に弄ばれて、

・全ての不祥事を着せられる悲劇の中で、

・死病(アルガンダース)と診断される裏で、毒を盛られ、

・討伐部隊を放たれ、生死をさ迷ったから。」

テイルズオブベルセリアでは、テイルズオブエターニアのように夫を初めとする、嫁ぎ先国家有力者に、国家間の和平約束を取り付けたものの。

諸事件を経て、

(テイルズオブゼスティリア

・赤精鉱

テイルズオブベルセリア

・密輸犯人グループ

ラジアータストーリーズ

・誤射と尻尾切り

ラタトスクの騎士

横流し容疑者の、探検中不審死

テイルズオブエクシリア2 

・反乱についての、偽証人を用いた司法の捏造

テイルズオブヴェスペリア 

・王族の生死不明(偽首謀者を用いた、蜥蜴の尻尾切り)

のifルートを経て、)

(→軍が主犯なのに、評議会を弾除けに使っての、密輸ネットワーク

→偽遺構の門と悪徳警備兵の、アスピオからの横流し

→侵攻先の因縁で、民間人を狙ってのミス。評議会有力者を誤射し、軍末端傭兵を尻尾切り

横流しの結果、世界中の霊勢=マナの流れが乱れる。

侵攻先の因縁ある民間人を始末して、密輸他、不祥事一切をお仕着せる、陰謀を張る。

→少し武器・麻薬輸出の規模を大きくし過ぎて、密輸出先で、反乱が起きそうになる。

国際情勢推移により、昔の味方が今の敵となる。

また尻尾切りで、捏造した冤罪を理由に、別件逮捕→別件制圧。何度か繰り返し、シンデレラの国は、分離独立を主張し出す。)

故郷を狙う主戦派が、再びイニシアティブを握り、

 

最終的に、

・故郷の国(シンデレラの国)は、

・嫁ぎ先の国(夫の国)に

→侵略を受けて亡国、植民地として吸収される。

・(ヴァルキリープロファイル2 ディパン亡国)

・故郷の国ブルネリア→嫁ぎ先の国トラキシア

[クロエとイングリッド]

 

(→テイルズオブジアビス+テイルズオブファンタジア魔科学

・核攻撃による、無差別毒殺)

(捏造した冤罪を理由に、別件逮捕→別件制圧。

何度か繰り返し、シンデレラの国は、

[ヴァンガード→ファンダリア動乱 ダリス・ヴィンセント]

二国からの、分離・独立を主張し出す。

こうして、テイルズオブグレイセス ifシナリオは、

→ランド

(→ゼスティリア ローランスに占領されたカムラン

→ベルセリア 野盗に占領された?アバル村やサウスガンド

「そもそもは、タイタニアを、業魔ベルベット・アイゼン一味が占領している」

「だからこそ、いる筈の災禍の顕主を狙って、メルキオル開発新兵器 神威

ジークフリートによる秘奥義で、聖隷を犠牲に、ターゲットを砲撃する」

「ベルセリアでタイタニアにいた面子が無事だったのは、奇跡」

ラジアータストーリーズ if 妖精王ザインのライトエルフの里と、占領された要塞。

ラタトスクの騎士 ヴァンガードに占領されたアルタミラ

→エクシリア2 クロノスかアルクノア残党に占領された、キタル族の樹海・マクスバードか移動会談場

ヴェスペリア 要塞ヘラクレスに、エステルがいてアレクセイがいない、バージョン。

エンテレケイアに占領された、過去のザウデ山、カルボグラム、エゴソーの森、ブラックホープ

ジアビス クーデター派に占領された?新生ホド島=過去のホド島→マルクト首都グランコクマ)

が、核攻撃を受けて、障気の海に沈む。

と言う、バッドエンドに終わる。)」

と言う、正当性あるものだった。

テイルズオブファンタジア ジャミル

(テイルズオブデスティニー 真マリアン)

の悲劇。

 

本来の歴史では、その罪の持ち主は、サザンクロス博士→ミクリオのことだが。

 

と言うより、テイルズオブジアビスは、主人公足るべき存在がイレギュラーな世界でしかない。

 

本来は、リグレットがリーダーで、六神将の一人がヴァンである世界。

ルークの席に「アリエッタ」がいて。

アッシュの席に「シンク」がいる?

 

師であるリフィルが、選ばれたコレットを騙して

利用するように。パッセージリング→世界の楔→神殿の大精霊を倒させる。

その結果として、アクゼリュス→ある地域、を破滅させる。

丁度ラタトスクの騎士で、雷の神殿で事故が起きるように。

その後で、しいな→テイルズオブジアビスのシンク→本来の、テイルズオブハーツのリチア=本来のローレライのように。

クズだのなんだの、散々掌を返すそうだ。ある意味、ロディルによるコレットの扱いは、しいなが受けたものと同じか。

それでも、ローレライの鍵を使う場面が、

・ルークとアッシュが逆になり、生け贄になろうとする

→ルークを、アッシュが

→アリエッタを、シンクが

コレットを、しいなが

→娘(双子の妹)を、母(双子の姉)がー

懸命に、自分が生け贄になるから、と引き留めるようになるらしい。

 

コレットがプレセアの双子の妹であることを考えれば、正規キャストでは、

エステルを、エリーゼ

→セナを、ルチア(ティア)が

→(双子の妹)を、(双子の姉)がー

懸命に、自分が生け贄になるから、と引き留めるようになるらしい。

 

 

話を変えるとー

何れにせよ、テイルズオブヴェスペリア世界のフレンのifは。

本来→敵に作戦で隙を着かれ、敗戦を経験。

責任も取らされた上で、病により生死をさ迷う、

らしい。

 

騎士道精神を発揮して、全軍でかかった結果

→多重の別動隊で→

・軍事資源と

・地形攻撃を狙った、敵軍に敗北した。

 

・スパイ対策と

反戦論封じ込めを狙った 味方・組織上層部により、情報を制限・捏造されていたことも

→敗戦理由の一つだった。

 

スターオーシャン4のように、失敗続きだったようだ。いや、寧ろスターオーシャン4劇中はレイミの方の、敗北ばかりだろう。

 

そこについては、ラタトスクの騎士でアリスが言っているように、

「マルタちゃんは、でしゃばって。解決能力無いくせに。すっごく、目障りだった。」

と、言っている通りだったのかもしれない。

 

 

 

 

メモ →因みに、勝利の決め手となったのは。 →現地付近の、虜囚の檻の鍵を解き放つこと (ヴェスペリア 闘技場の魔物の檻+ベルセリア 監獄島タイタニア脱獄)」

メモ

「→虐殺した側→エゴソーの森の地権を持つ、原住民クリティア族とミョルゾ(憑魔ヘルダルフ側)。
→虐殺された側→エゴソーの森に砲台などを不当建造した、親衛隊と暗殺ギルド・海流の爪側(聖寮側)。
 
→因みに、勝利の決め手となったのは。
→現地付近の、虜囚の檻の鍵を解き放つこと
(ヴェスペリア 闘技場の魔物の檻+ベルセリア 監獄島タイタニア脱獄)」

 

メモ イズールドとパルマコスタ→カムラン瞳石if

メモ
イズールドとパルマコスタ→カムラン瞳石if


街占領前に、ローランス側がミューズを誘拐。
その旨をヘルダルフ以下に知らせる。
ミューズを助けるためにわざわざ罠に嵌まりに行くなど、被害を出せば国への裏切りだ。
罠に填まるのを待っている間に、さっさと逃げることにした、とわざとばらす。
そうなれば、サインドが言う、「今の世の中」と言える。
約束しておいた聖職者が、人質の処刑を知ってて、エゴのために見捨てて去る。

ヴェスペリアでは、レイヴン、ジュディス、カロル、パティ達が、
リタ、ユーリ、ラピード組を置いて去る。
と見せて、わざと神殿要塞→ダンクレスと地下水道シェルターを取らせて、援軍を待って奇襲する気。
アルヴィンのプレザを嵌めた、「偽情報」
幻水。
マッシュ

密輸品の鎧で、両国に変装できるし、隠れられる。

テイルズシリーズと原発 11稿目 20191210テイルズオブヴェスペリア エゴソーの森事件 if この事件はアイフリードの孫と目され、宝を探すパティ・フルールを狙って起きたもの。 =ガウェイン、ローランス本隊を狙ったラジアータストーリーズ ブラッドオーク事件では、ガンツを狙っていたのだ。うっかり、ジャックに当たる筈が、もう一人に当たった。何れにせよ人違いだった。

テイルズシリーズと原発 11稿目 20191210
メモ 許されざる罪加筆
 
結論
ヴェスペリアの一大テーマ。ブラックホープ号事件。アイフリード=パティの祖父?は大義無き悪、だったのか。
 
→解答・
ブラックホープ号の一件では。
・その事件に関しては、虐殺した側に大義があった。
その件に関して、移民の一グループに対する、虐殺の悪評を負った側を責めるのは、不公正である。
「→虐殺した側→エゴソーの森の地権を持つ、原住民クリティア族とミョルゾ(憑魔ヘルダルフ側)。
→虐殺された側→エゴソーの森に砲台などを不当建造した、親衛隊と暗殺ギルド・海流の爪側(聖寮側)。
 
→因みに、勝利の決め手となったのは。
→現地付近の、檻の鍵を解き放つこと
(ヴェスペリア 闘技場の魔物の檻+ベルセリア 監獄島タイタニア脱獄)」
 
→ブラックホープ号事件=人魔戦争、魔側がアイフリード(ヘルダルフ)。
→本人ではなく、本人が荷担した陣営が。
魔=プラネーマまたはマギルゥを含む、原住民側だった。
明確な、ブラックホープ号側=アルクノア=シンフォニアの魔界の民との交戦中勢力であり、傭兵・義勇兵として、そちらに参戦しただけのこと。そして、戦勝した。
テイルズオブベルセリアであれば、異大陸=サウスガンド側とミッドガンドの戦争において。
かつてアイフリードは、海賊団手下に隠れて、王国軍からの依頼もこなして、資金調達していたのに。
開戦前後に、それまでの受注関係を捨てて、サウスガンド側に新規雇用されたのだ。
→アイフリード役
→ジュード=ミトス=アステルによる、原住民側での、反侵攻作戦荷担。
エクシリアとラタトスクの騎士を見る限り、本来ジュードはアルクノア同盟者=帝国側であるが。ジュードはラジアータストーリーズ妖精編のジャックのように→開戦前後に、故国への反抗=寝とられ、の道を選んだ。
結果、寝返ったジュードが着いた側が戦勝→侵攻計画を挫き、原住民側の地権を保護する。
大義を見事に成し遂げた。
テイルズオブベルセリアのベルベットのアバル村についての証言も。「襲撃した、業魔化した野盗」に、後ろ楯兼依頼主である上部組織がいた、ということである。→すなわち、メルキオルが後ろ楯となった、ミッドガンド王国軍暗部。故に、ベルベットはアルトリウスとその組織・聖寮が、襲撃被害者の仇なのだ。
→因みに、アバル村の業魔病の原因は、薬害公害病イタイイタイ病の同類。
闇仕事の→学者メンディ救出→郊外の秘密密掘施設破壊依頼と、同じ状況が、アバル村であった。
秘密密掘施設における公害病の、責任者が移民側=アルクノア=シンフォニアの魔界の民=
「元締め」「メルキオルが後ろ楯となった、ミッドガンド王国軍暗部」。
 
ジュードの故国への反抗についても、移民→入植者=アルクノア=シンフォニアの魔界の民、
よりも原住民側に大義があったため、裏切りとして糾弾するには、値しない。
 
最低でも、原住民側が自分の土地で、
「移民達が、現地の常識を逸脱した、犯罪や汚染や悪人への荷担をするため、移民受け入れは出来ない」
→明確な意思表示をした上での、移民側の強行な武力行使を確認してからの、開戦であった。
勝敗について、移民側=アルクノア=シンフォニアの魔界の民、は不服だろうが。
移民側の→戦士の殿堂や天地の窖やアスピオ、で吹聴されている噂は、敗北者達により、明確に婉曲された情報である。
戦時下ならばともかく、終戦してから悪評を流布すべきでは無い。アンフェアだ。
この状況を見る限り、テイルズオブヴェスペリアの帝国軍側が、移民達の後ろ楯のようだ。
もしジュードがこの状況を知っているならば、帝国の一般市民に対し、
シンフォニアのオリジンやクラトスを証人に、
・「禁書」と同様の、歴史資料を証拠に、
名誉回復と侵略行為糾弾のための、反証材料として、開示すべきである。
帝国軍側→ケニー家側の未開惑星保護条例違反が、明示される。ミッシングプロシージャ規定成立の、直前の出来事だったはずだ。
テイルズオブヴェスペリア エゴソーの森事件 if
この事件はアイフリードの孫と目され、宝を探すパティ・フルールを狙って起きたもの。
=ガウェイン、ローランス本隊を狙った。
ラジアータストーリーズ ブラッドオーク事件では、ガンツを狙っていたのだ。うっかり、ジャックに当たる筈が、もう一人に当たった。何れにせよ人違いだった。
間違えて、エステル=ケアン役、ローランス ラストンベル待機組を撃った。
更に元を辿れば、テイルズオブエクシリアの、ジュード対アルクノア艦隊事件に由来する。
(ブラックホープ号事件。侵攻に対し抵抗した、虐殺した側に大義があった。)
敗北したジュードへのお礼参りを目論んだ、アルクノア残党。
パティ・フルールの行動予定を元に、待ち伏せをすることにした。
が、大ポカをした。
ifではパティとカロル、リタはエゴソーの森とは別の地点へ向かう最中。
別行動中のユーリとラピードとエステルの組がエゴソーの森に来た時に、人違いで銃撃。結果、エステルを生死不明にしてしまった。
パティ達を狙って、誤情報を元にエステルを暗殺未遂してしまった。
 
それが、ラジアータストーリーズの事件。
+、ラタトスクの騎士で語られる、アステルとリヒターの顛末。
 
アステル→パティ。
リヒター→リタ。
 
所長が、エミル→アステルを見て驚いたのが、エクシリア由来。
初めから、ミトス→ジュード→アステルを誤情報で、異界の扉へ誘き寄せて暗殺するつもりだった。
リヒターは、事態究明を避けるためのスケープゴート兼暗殺ターゲット二人目。仲間割れで、相討ちになったことにする予定だった。
しかし、お間抜けなことに連中とは別行動中のグループを、人違いで銃撃してしまう、自損事故を起こした。
今回は、軍側が民間ギルドを狙った事件。手違いで、
軍実行者が評議会有力者狙撃をやったことになっては。説明の仕様がない。
「不味い。不味すぎる→テイルズオブリバース、ドクターバースの仇。」
民間人との因縁を果たそうとして、身内と大事になる、手前に行った。
なんとか、立場が弱い身内のスケープゴート、癒着している、本件とは無関係なリヴァイアサンファングのせいにして、尻尾切りをした。→ラタトスクの騎士では盗賊ギルドとダークエルフスパイ。
それが、テイルズオブゼスティリアの、風の傭兵団回想。
 
演繹
故に、暗殺者とされるヴァルキリーアナトミアのカチナも、
→警備に狙われるきっかけとなった事件、については。原住民ヴィクトリエ陣営と、利害を一致させていた、と推測される。
冤罪被害者が撃たれた理由も、大義は、狙われた側にあった。警備兵や弓隊の方に、大義が無かった。
 
感想
テイルズオブシンフォニアでは、一貫してコレット愛護を貫くロイド目線で、善良なコレットを守るために、主にコレットを狙う敵を倒していく、シナリオである。
作中で描かれるミトス=ユグラドシルは、ラジアータストーリーズダークエルフだけに。別な創作物ソードワールトシリーズのダークエルフのように、
「自分達を受け入れない世界を捨てて、自分達だけの為の新世界を創造し、入植したい」
という大それた思想を持っている。
ソードワールドシリーズノベル ナイトブレイカーズ」等。
つまり悲惨な境遇が原点となった、実際よりは過剰な被害妄想に満ちた、悲惨なやつ。
→ただし、シンフォニアパーティーが言っているように、事情があるからミトスのやって来た全てが、正当化されるわけもない。
それでも、少なくとも
ブラックホープ号の一件では。
・移民→アルクノア=シンフォニアの魔界の民に対する、ブラックホープ号事件に関しては、虐殺したミトス=ジュード=アステル側に大義があった。
その件に関して、虐殺の悪評を負った側を責めるのは、不公正である。
 
歴史上のある時点において、ミトスが大義のために、歴史的偉業を成し遂げたのは事実であった。
テイルズオブエクシリアを見る限り、歴史に残るよりも、ミトス側の被害も過大だったようだが。
アルクノア=魔界の民への勝利、という偉業を為して、大義ある側の人々を守った。
その時に、マーテルが生存していれば、後のことは置いて、ミトスは幸福になれたのだろう。