h30のa 力作解明 サモンナイトシリーズは、テイルズエターニアの「ヒアデス」ファンだとみる。 召喚の誓約。人質を取る為の人質、と言う手段が生む、確執と不和の起源。の真意

メモ
クラフトソード設定に見る
カサス落命譚


同胞を傷つける意図は無い
カサスの嗅覚が追跡能力として
脅威。


人間との報復も無意味にしたい

手足を傷つけ、服毒させた捕虜
を並べた地点にカウントダウン式爆弾と焼き討ち。
延焼はありで止め、

酸持ちの虫責めの飽和攻撃で武装破壊。

嗅覚を奪い、大怪我したカサスは。
暴走し、姫側に止められる。


森の前に決裂し一戦し村人側敗北。二戦目で夜たいまつ持ち。

災いの元凶、狙うと。


どうせ、呪いは続けない。
脅迫先が逃げたい上人質は無意味。
人質に時間をかけると脅迫先が姿を消す上、総攻撃社を使って瞬殺すれば、
人類社会、蒼の派閥と騎士団は確実に報復に来る。

口封じも、混乱時に伝書鳩やダイイングメッセージを残されると無意味。

対処した場合も、みつかいがわは
何もしなかったと公表。

交渉前の見せしめで手足傷つける、を繰り返せば殆ど残らなくなるから、非情を演じねばならない。

金目当てや人買い、侵略者と違い。
船と異世界目当てのギアン達に有効。
金は既にあるし、人を信じないなら接収されない。
魔術に価値ある土地でも無い
火事の原因を自分達のせいにされて公権力に追われた場合

追跡してくる官憲が目立つし、御使い達に居場所がばれて先制される。

罠をかけて囮を追って、逮捕されるかも。
追われる以上、一ヶ所にかける時間も制限をされる

結局は包囲を展開する場所を捜索中占拠するため。サモンナイト2のトライドラ侵攻やサモンナイトクラフトソード語のようになる。

そして、その占拠がサモンナイトシリーズの歴史を作る。
現地国家に、侵攻者が迷惑な第三国が秘密裏、ろかく技術供与、



サイクロン作戦の提供を受けた側が。
今度は供与者の敵に回り、制圧



サモンナイト6をプレイしていて。正体不明のラスボスに頭を抱えることになるが。サモンナイト3サモンナイトエクステーゼサモンナイトクラフトソード物語で。憑依系のラスボスを敵に回すのは。
ろかく技術でサイクロン作戦をやったことの、犠牲者が。
結局はサモンナイト4の、エニシアが堕竜ギアンを、死なす選択したように。始まりの歴史では犠牲者は切り捨てられたから。
歴史のキーマンはカサスだった。

本来、サモンナイト2のユエル編のように。「自分はもういい」なんて「悲しい嘘」つかなくていい、ブロンクス家はカサスを助けるべきだった。
サモンナイト4  13話の姫の軍団にいったケースのポムニットがシルヴァーナ。カサスがユエル。狂血の呪いが首輪に相当したのだろう。
 
姫の軍団編が一段落したら、リシェル達はポムニットを追うべきだったが。15話で手酷くやられ過ぎて、エストがバッドエンドになってしまい。
ミニスのシルヴァーナ追跡、ユエル救出シナリオがシルヴァーナを返す前で終わったようだ。
結局、あの後ユエルがたどり着いた先毎、戦火に見舞われたらしい。
カサスがいる場所も同じく。生き延びた場合は、カサスがアグラバインになったのだろう。
先祖のユエルの境遇があれで、子孫のアグラバインが敗走後、逃亡先で追跡者に周囲を巻き込む。

カサス救済ルートは悲しい嘘ルートなのだが、
本来の歴史では失敗した。
結局ユエル役と敵同士のまま、決戦で倒し、負傷したユエル役は敵組織にとどめを刺される。
ルヴァイド死亡ルートのように。

テイルズエターニア
テイルズオブエターニアのヒアデスと言うキャラは。
「娘を人質に取られたために、脅迫者に屈し。味方を裏切りターゲットの妻子を人質に取る協力をしてしまう」
「最後は権力者に付き従って改造され、精神を崩し。
村を襲撃したり街を焼き滅ぼした、極悪人として主人公一行に倒される。最終戦では、ロボットのような義体に組み込まれて改造生命となった姿で襲ってくる。」
サモンナイト6のエルストに似た姿な気がする。サモンナイト2のレルム村に出た黒騎士みたいな悪玉人格だったが。

カサスは、嗅覚が鋭いからこそ、サモンナイト4 ユエルサブストーリーのように。匂いの無い人➡人形が生き物の服を着たりすると引っかかる。

カサスの狂血の呪いの人格は分からないが、同類はエグゼナやディエルゴ。カサスと狂血の呪いのセットは冬虫夏草のような状態だろうが。
最大の危険性は、本人が幻覚症状に陥る、向精神作用が副作用で生じること。
狂戦士という点ではドーピングも手段だろうが、保護者の中で一番学識あるギアンですら、本気であっても対処できない
難解さを誇る点で間違っている。
身体を変身させる単純な強化呪詛に隠れて、ガス系、薬学上の各種効用も発現する。
肯定はしないが、痛覚が鈍麻する一方で、視覚に頼らない魔力や化学物質感知は通常の同種族を超える。完治を活かした、薬草の識別能力を、薬剤師として役立てる道もあるだろう。
しかしー自分を売り込むためにカサスは経歴を誇張している。クラウレ戦後のリシェルとの描写を見るに。
戦闘時の状況判断力は高くない。
外見ほど、至近距離で撃たれた最大攻撃の威力が無かったのに、多対一の状況で有効攻撃手段を持たないリシェルを迫撃した。そうすると、敵の数を減らした直後多人数で波状攻撃をかけられ取りつかれ、出来た隙に急所に攻撃されるリスクが生じてしまう。
戦闘と追跡両方に優秀だが、幼少期に召喚されたためにメイトルパ同族が部族ないで習う戦いや狩りの技術継承が出来ず、個人志向になっている。また、精神性も本来のリオネルより大人しいようだ。
いや、召喚術の社会問題性の一つであるが。

「ずっと夢見たままで居たいんだ」
と言う最終決戦前の台詞は、サモンナイト5の冥土関係者に共通する症状である。
ーーー
カサスが狂血の呪いを持ったまま落命するのも覚悟の内かもしれない。

しかし、カサスの被保護者は象徴化と誇張を、カサスの死後に続け、実際とは異なる特殊能力詳細を語り続ける。
強力な力を継承できるチャンスと広まるなどして崇められ狙われ。
封印に到った遺体などを巡り新たな問題が生じ。サモンナイト クラフトソード物語2のようになってしまう。

サモンナイト3を見る限り、元々カサスに合致しない専用能力を不適合者に強引に定着、束縛する呪詛式が構築されている気配がある。
適合者同士であれば、世帯継承を重ねる強さもあるかも知れないがー

死に場所がトレイユ近郊シリカの森などになった際は、死後取りついた呪いなどが魔力を撒き、寄せられた召喚獣の凶暴化で酷いことになる。
サモンナイト1、3のトードスとジルコーダが近そう。
サモンナイト2の悪魔侵攻の昔話のきっかけもそれだったのかも知れない。

ーーー
取りあえず、「世界の破壊」はサモンナイトの大きなテーマであるが。
始まりはサモンナイト4の離魂病と。3のイスラの人質として呪われた身の人間のストーリーだった。

ーーー
「イスラは何がしたいのか分からない。」

よく言われることで、サモンナイト3の謎解き要素であるが。

結局はアズリアの説明の延長。
「自分のみをだしにした、脅迫ー人質交渉で身内の大切な人が不幸になって欲しくない。」
➡「自分のことなど構わないで」

人質交渉破綻
のために、自害を図り。それが出来なかったときは、無理心中目当てのように、脅迫者まで危なくなる「籠城自爆」テロを起こす。
脅迫者を殺そうとしたので、脅迫者に殺される。
「結局は「人質➡取引材料の自分」が居なくなれば被害者は苦しまなくて済む。」

そういう思想動機で動いていたのだろう。

ケンタロウにしろ、サモンナイト4が竜の卵が落ちて始まらなくても。ギアンとケンタロウが敵対する限り、いずれケンタロウの子供であるフェア・ライは理由をつけて、人質にするため狙われた。
人質を捕まえる手段のために更に人質を取る。
テイルズオブエターニアのヒアデス」が示す因果に巻き込まれたかも知れない。
レンドラーがやるかはともかく、担当は剣の軍団➡黒の旅団ポジションだったか。

ーーー

召喚主本人に。信頼を築かれた後で
「全てを破壊し尽くせ」と願われる。

被召喚者にすら迷惑で、むかつく話だろう。

結局は自暴自棄に近い自殺を尊厳死と飾っているように見える。

でも、被召喚者は主を見捨てなかった。
1全て➡主もを殺せないように、暴発を装い自らを弱体化させてみせる。
2「ありったけの魔力をくれてやる」条件だったから、報酬の魔力を別口で奪い。報酬の支払い能力が無いから、全てを破壊してなんかあげない。

とやりとりする。
人質交渉のことを知るまで、そんな形で主に抵抗して見せたのだろう。「分かり合いたい」「響友でいたい」大切な人のために。

どうしても、と言われたときは。
ラスト、手段を奪うために自殺や逃走してみせる

愛があったと見る。

しかし、
「この子達の未来が決まる」
場合。結局は被脅迫者は真実に気づけないまま、
大切な人➡人質に絶縁され突き放された挙げ句、
人質と脅迫者の修羅場を見ているしか無く、
被害者の人質の方が籠城事件を起こし、狂っているように見え。
結果人質が脅迫者に殺される悲劇を嘆くしか無くなるだろう。


ーーー
トレイユの場合、互いに必要ないならば突き離すのも優しさだ。


「価値があると見られる限り、
脅迫者に要求がある限り、搾取するため人質の身柄が脅かされる」
ポジションに人質を置いてしまう。

それを避ける手として、被脅迫者が人質に関心無いよう振る舞い突き放す。それも賢慮であり善意なのだ。
ーーー
ユエルの首輪やセルボルト家の文言のように。
刑務官が服役者を従事させる手段として用意された者が別な手段として使われるようになったのが呪い、と言うケースもあるとは思う。

西遊記のように。
ああ言うのが無いと、はぐれ召喚獣が犯罪を起こすために、現地の人は安全のため、命を狙わなければならなくなる。
リィンバウムの福利と双方のために必要とされるものだからこそ。
悪用、が常套手段になった今の社会倫理は悲しいのだ。

「罪を断つ天使」リビエルがアロエリ加入時のイベントで言った台詞のように。
処断で無く更生の道を提供する、
道理
を思った先がこうだからこそ、手段の管理元のコンプライアンス、監査規定が歪んだ物語が悲しい。


カラウスとユエルでは、その道理が反転している。
悪行をさせようとする使役者に、まっとうな被使役者が抵抗して、体罰を受けて強要されていたから。

サモンナイト 人質について

サモンナイト4 
8話 メモ


レンドラー

そこまでだ!

!?

その場に武器を置け
召喚石も一つ残さず捨てるのだー
逆らえば、この娘の喉笛をかき切るッ!

リシェル
ポムニットッ!?

ポムニット
も、もうしわけーございませんー

セイロン
戦う力無きものを人質にとるとはなんと卑劣な

グラッド
これが貴様のやり口かレンドラー!?

黙れッ、若造がッ!!
どういうことだ?我輩は命じたはずだ。万が一の時に備えて待機していろ、と。このような姑息な手段をとれなどとは命じておらんッ!!



そのとおり
しかし、それよりも優先するべき命令が我々にはあっただけ。我々の本来の主人より与えられた命令がな。


まさか!?

暗殺者
竜の子を捕らえることこそが最重要。将軍殿が三度も続けてしくじるはずなどなかろうが。その時は、お前たちのやり方でお助けして差し上げろ、と。

あやつが、そうー命じたのかー

いかにも

ぐむううぅぅっ!!

ーーー
暗殺者
もう一度、繰り返す。武器と召喚石をその場に捨てるのだ。

ふざけーッ!

ダメです、アロエリ!!落ち着いてッ!?

お願いだよッ!!ポムニットさんのこと見捨てないで!!

く、そぉーっ

ーーー
ポムニット
やめてくださいまし!私のことなんか気にしないで!?構わず、こいつらをやっつけちゃってください!!

暗殺者
ーやかましい!

ポムニット
あぐっ!?

リシェル
ポムニットぉっ!?

リシェル!?
ーーー
暗殺者
ーーーシャアァッ!

うあぁっ!!

おじょうさまっ!?
  


ううっ、ポムニットをポムニットをーっ放せえぇーッ!人質だったらーあたしが、なるからだからーっポムニットをーっ離してよぉーっ

おじょうさまー

ーッ!!

竜の子
!?

暗殺者
見せしめだーその小娘は始末しろ。人質は二人も要らん。


ーーー

でやあああぁっ!!

暗殺者
ーッ!!

さあ、急いでみんなのところまで戻って!

う、うんー

ミント
アルバくんーどうしてー

どんなときでも、暴力によって非道を行うものを許しちゃいけない。それが巡りの大樹自由騎士団に属するものたちの誇りであり、おいらにとっての騎士道なんだ。だから、戦うーおいらは、お前達を見過ごしはしない!!

暗殺者
勢いで小僧一人が飛び出したところでなにも変わらんぞ。こちらには人質がいることをー

げはぁっ!?

いやはや、残念。人質は取り戻させていただきましたので悪しからずー

ミルリーフ
シンゲンのおじちゃん!?

暗殺者
貴様、いつの間に!?

あなたたちが得意気に口上を述べている間に近づいただけですよ。恩人を見捨てて逃げるのは自分の性分じゃありませんしね。

ー死ねッ!!


ーけえぇいっ!!

暗殺者
なーっ!?


不意打ちのわりにはお粗末な攻撃ですね。
ーーー

ちゃんばらの芸をやるのは好きじゃないんですがねえ。外道が相手でしたら良心も痛みませんし。切り捨て御免にさせていただきますよ?

暗殺者
ーかかれッ!!
まとめて、始末をしてしまえぇぇッ!!


騎士の少年、ここは共演と生きましょうか。
ああ、望むところさ。


こっちは任せてくれ!
だからー

思いっきりこいつらをぶちのめしてやれ!

分かった。

思いっきり相手をしてやる。
































































歴史の真実 サモンナイトメモa

竜の子を渡さない、雪を無視して、包囲を抜ける。
包囲の外の別な場所で姿を見せ、街ー里の戦略価値を下げる。

戦略価値を下げるため、ポムニットのように、襲った街人が返り討ちに遭ったように見せ、反撃で町を破壊しようとして未遂に終わり、逃げた。演技をした。つまりクラフト1。

サモンナイトの真実。
ギアンの父は、クラストフ家が召喚したものでは無い。
無色の派閥を探る蒼の派閥の、総帥直下の召喚獣潜入工作員
クラストフ家自体への興味では無く。オルドレイク一派など無色全体がロストテクノロジー追求に着手したため、ロストテクノロジー情報漏洩がどこからか調べるために来た。
調律者マグナ回収もロストテクノロジー略奪防止。

結果、ロストテクノロジーはリィンバウム内部で無く、シルターンで伝承された者が、自分の交渉相手である出先機関ー紅き手袋に情報を媒介させたため。

シルターンの野のもの大名の類いが。
自国での軍事行動と反政府技術集団制圧を目指すためサイボーグコマンダー、レンジャー、アサシンを求めた。
その被害者からの戦利品伝承技術を新王国などに渡して。ウィンウィンな技術取引を行っているそうだ。
キルスレスは2本の魔剣の贋作だが。
資料を基に手がけたのは本職のシルターン御用名工である。


ハイネルの時点で。
シルターン側が握るリィンバウムの技術のアセンブル作業依頼を行っており。

紅き手袋側に来ていた別な内通者が発覚したため。
計画一時凍結、機密抹消命令が来たため。
何が重要だったか隠すため。隠し場所の島全域の完全破壊を命じたところ、噛みつかれた。亡霊召喚獣の姿、改造が答えだが。アルディラにも召喚兵器生体プロテクトを応用した、精神改変を行っていたため。被験者アルディラごとの破棄を防ぐために、
島を護りたい一派を騙して主導した。






空想戦記 サモンナイト4 15朽ちていく世界、のif分岐

空想戦記 サモンナイト4 15朽ちていく世界、のif分岐
「竜の子を渡さない、街は棄てる、ギアンを捕まえて術を解かせる

この場合の正論、はセイロンが言っている物である。
「御子殿は渡さない。そのためなら悪名も喜んで容れる。なんとしてでも守り抜く。」

結果として、いくつも悲劇が生まれる正史に進む。
今回のセイロンポジションは実に例外的だ。「里の御使いNo2でありながら、外から来た有期雇用で、里に家族はいない。」
恐らくは、正史では里に家族がいる人間がキーマンだったのだろう
「優しい人でよかったね」➡てきにまわれば、あしでまといならみうちでもきりすてるぶじんもいる。
アロエリのようでもっと酷い、妻が反逆者側についたような奴がいたんだ。

結果、最後まで主君を守り抜く道を選び、主君の再起のために里と駐留地を棄てた。
サモンナイト4では離魂病を使ったギアンが圧倒的に押しているように見える。

しかし、後の計略で一転、姫の軍団がが里の民ごと追い詰められる
そんな状況でもキーマンは主君を第一にして遠く離れた地で雌伏していた。

結果、ギアンやウレクサのような盲信するものが産まれる。
「母が父の主君で、父は逃げた。」
「母自身が武門の人間でありながら裏切ったことを隠し、子供達が姫の軍団の中で自分を武家の人間として、勇猛な人間としては母達のために尽くすよう仕向ける嘘だったんだろう。」
母がついた嘘のせいで、子供達は不幸になったのだろう。

メモ
計略後。帝国軍の中では。
召喚獣を元の世界に返すのが目的、とは付き合わせるための嘘、と捏造。
本当の目的は第二機能の城を用いた、人類への襲撃。姫の軍団は人類への復讐鬼の集まり、とプロパガンダされる。

架空戦記 正史
堕獄➡裏切りの破片➡深淵に続く扉。、

トレイユ包囲線にて。
ギアンをふん縛って術を解かせて殺す道。

まず、無力化されたジュデップ家とブロンクス家から召喚石、を徴用。

➡まず、ハンマーで地下通路を掘る。
駐在所の地下室檻の中とか。
次に闇よになってからはぐれ召喚獣の突進が、足が速いのを捕まえていく。
えさのかわりに、たいきさせてたのむのでもよい。
併せて、姿を消したセクターが秘密基地に爆弾敷設。
イムリミットが近づいた発病数日後が
決行前夜。
獣の軍団兵を隙を見て拉致。

街の中の広場に枷で磔刑にする。
街外周周囲に篝火敷設。
次の夜を待って突入してくるだろうから、抜け道で街の外に出て

御使い一行が裏切りの破片。
ワイバーン、ゼルシリーズで空爆をズレた標準で行う。
帝国軍対姫の軍団構図火種作り。
併せて、風系で巨大なたいまつを実行

更に、アロエリが檻から捕まえたはぐれ召喚獣(バイソン)を放ち、その群に紛れて包囲を強行突破。または、群れとは逆に上流の水路を抜ける。途中で進路変更し匂いを消すため川へ。
匂いをカサスが追うのは、本人が14話で言っていたので。メンバーの匂いがついた服などをブレイドボアなど暴走系召喚獣に括り付けさせて貰い攪乱する。

決戦の地で人為水蒸気爆発による噴火誘発。

討てなければ、ふんかからにげるしょうかんじゅうにまぎれ、すいろぞいにうみをめざし、そこからたいひ。

帝国軍が来た時通さない場合。ポムニット、マリアージュ、守護竜、せいばー父のようにたおされるかも。
「通り道を求めている相手を塞ぎ続ける。医者の通行のためなどの場合は緊急避難。そういうの世間じゃ、本人が自ら招いたことだ、と言われるらしい」

守護竜は本来、イスラのように手ひどく裏切られる予定だったそうだ。

忘れられた島も、生体プロテクトが生んだ都合がいい世界だが。
アルディラとリクト➡キュウマは。本来ファリエル達の敵サイドらしい。

サモンナイト4が正しいかは分からないが。
アズリア、イスラはアルディラとキュウマの本来の立ち位置のようだ。

つまり、賢帝ハイネル➡ギアンが彼らを味方に出来る、というのは幻想。アルミネス伝承のようにアルディラはー

「苦しむ身内を置いて、異界に帰ったあの英雄に復讐する」
➡あの英雄が身内を置いて行ったのは。
本人の意思で無く強制。

火山帯の策でハイネルを討った場合。
帝国軍対姫の戦争ルートになったとき、帝国が反撃に遭い差別する召喚獣を越境者達は見ごろせ無い。のは目に見えている。
「これ以上同朋達を殺させはしない、と。」
帝国軍に越境者が挑んだりしないように
御使い達が、包囲した上で眠りの呪いをかけ、保護したようだ。
はじまりの石ヒロインになるから。村は軍団が焼いた、自分のせい、と思わせることで志気を挫いた。




帝国軍➡
帝国軍が動く理由になった火の手はフェイクニュース
犯罪で無く緊急避難。
元の病気がギアンのせいというのを差し引いても。病人対策の医者を連れてくる道を軍団が封鎖している。封鎖を破れないから、地元の帝国軍に破って貰うための合図に火の手を上げた。
軍団側の死者は、自分達で招いたこと。と片付ける気だった。斬らねば先へ進めない、塞の神

その後の顛末。
時に、
サモンナイト4は初回ルートでポムニットを敵に回すと、武家のような雰囲気に変わられてしまう。
15話で火種を届けに来た時にまた親しみやすくなるが、単に中身が変わっているからと見るべき。

何故ポムニット役の代役を出す必要がでたか。「ピンチヒッターが敵に回ったから」
本物のポムニットが討たれかける真実が正史にあるからだろう。

あのポムニットをどう討ったか。多分、戦力が弱い悪魔の大軍勢で包囲し、感情とマナの焦土作戦に使った。
その結果サモンナイト3ノベライズの幻灯の果ての、味方陣営との食料争奪戦になったのだろう。

リシェル達と脈絡無く強力な個体だったと判明するわけだが、姫の軍団が反乱蜂起の性質を持つ以上、
「領内で人望があって強い家臣が、反乱軍に加わってしまうと、為政者本人の政治生命に関わるから」だと見る。
キュウマみたいなタイプが、リクトの前の上の束ねるグループ内で人望がある中、裏切ってしまうと元主君は手詰まりになりかねない
また、めぼしい部下が皆い無くなって、自分にリーダーシップが無いことを理解している場合、亡国の貴人が領土回収を掲げても誰も支持しない。
「ただ一人人間についたものの、信用しなてくれなかった人間に改造された」アルミネス伝承の余地すら無くなる。
レシィみたいなタイプにとって、イリアスがアルミネスだが、ガブリオを見る限り、中傷絡みで反乱軍側につく素質があるらしい。

主君本人が完全に状況を把握し、イリアスの旗色を把握しきっていたかは不明だが。
所領を追われた主君は、自分より人望があった部下に扮して動向をうかがったのだろう。ロウラーにとっては、高名なバルレルか。
イスラのオルドレイクへの騙し討ちは、サモンナイト2バルレルルート裏切りの誘惑 の別バージョンだろう。

そして、本来主君には自分の手を離れた騎士の男と、領内にいた特殊能力を持つ女の子が同じ側についたはずだが、それぞれの都合で居なくなった。「騎士の方は、ポムニットとの会話の通り、御守りの腕輪で緩和されていただけだった、のかも知れない。」「一時的に抑える」くらいだったからか、火山作戦後悪化し、強化兵士にならないと死にそう、になったのかも知れない。
主君は自分の側につく理想の従者を求めた。
自分の娘や息子の護衛を、家族を斬ってまで優先する者が必要だった。

だから、か。
一度自分達に離反した者を、まだ手元にいて、離反したのが罠だったかのように誤魔化すことにした。
恐らくは、イリアス役を自分ともう一体が二人一役で。アルミネス➡フェア役を新規の召喚獣に依頼したのだろう。救世主の代役請負人。それが本来のアメル達のポジションか。
「無限に歪む墓標」とは、英雄の評価のことだろう。
もう一体は、アルミネス役も兼任だったのかも知れない。

サモンナイト4のギアンやセクターを見ていると、忘れられた島のヴァルゼルドは重要キャラらしい。義肢に不具合でていたし。
ヴァルゼルドは常用キャラだが、その祖対は高名な、イリアスやアルミネス本人で無かったはずだ。

レシィやアズリアみたいなキャラは、獅子、イリアスの系譜と交錯を起こしていた。


メモ 守護竜から見たギアン
考察
相手の身内を騙して味方につけて、盾にしたところを爆弾つけて、相手を暗所で恫喝。
用済みの時は、相手の信用を削ぐために爆殺し罪を相手になすりつける。

カサス相手➡
なまくらを装備に指定し、檻の中でけーファイやらせて。万一奇跡が起きたら。
胴元に損失を与えた責任を取らせる。




全ての始まり➡
王、とその友人のクラフトマン。
政変集団がクラフトマンを追う。
人民を搾取したものの従犯に。

秘伝を開示させ、フランチャイズさせつつ、親方として一点物も造らせる。


目的 自勢力強化。

クラフトマン➡逃亡。

逃亡先は召喚師の元。追った連中から、世界を召喚師の手にすることを求める過激派、と言う冤罪を着せられる。 

クラフトマンの理由
本当は、先進過ぎる軍事技術を、増殖中の連中に渡したくない。

匿った物の理由。
匿った者には、技術は自分達の優位を脅かすもの。技術全てを葬れる確信があるならクラフトマンをばっさりやってしまうべきだが、継承者が一人な保証が無い。ワンピースのトムズワーカーのように後発がいたら対抗させるために匿った。
  


メモ
包囲している軍勢相手に捕虜を採ること。


人間が捕虜に大してする拷問、改造、死刑のレパートリーはよく分かっている。捕虜が勝手に反撃したかも分からない。

捕虜を採り、包囲を突入に、それも足並みが揃わないものに変わる。
サモンナイト3ならば、人質全員救出、で無く。殺された演劇がされた、人質入りの遺体袋が途中で降ろされるはず。遺体袋に入ったまま川に落とされ、川の中を泳いで決戦の地へ

メモ
同胞救済を掲げる民族団体は大義上人質を見捨てられないが、実際は見捨てる。
誘拐で無く、自発的な軍紀違反の脱走として
脱走兵追撃名義の救出もあるかも知れない。「上官が部下を見捨てるなんて。」
捕虜救出を、上層部の意に反して行った仁愛の人まで。直ぐ戻ってこなければ脱走兵扱いにする。
イリアスみたいな奴が嵌まりそうなのはそれか。

メモ
クラストフ家一派閥から、高価な密漁品がフリーで。人類全体がいつ密猟者に変わるか分からない危機の選択。まだマシ?

メモ
古妖精は、自分たちだけ妖精郷にやり過ごせればいいと考える性格の悪い種族。そんな奴等型種族の、勝ち目が無い竜と組むときセーフティを用意してないはず無い。竜が乱心、報復、次世代が不良、他人に操られたり騙された最悪にも備えてる。それを要求するのも。

サモンナイト4 15話の状況考察。

帝都に向かう、
ブラフ。
先行のセクターは知り合いの医者を呼びに包囲を抜ける?と言って発破準備。

大同都市に行くため、水車小屋から川を遡り湖へ

決戦の地、山頂へ


「包囲を続ける限り、疫病
+火の手の汚名は軍団に降りかかる」
「村人側は、疫病中に何故か包囲されたので烽火を上げただけだ、と言える。」
「疫病+包囲を解くなら、村を襲い子供を誘拐した犯人が疫病を予備、そいつを捕まえるため包囲し、突入した。火はそいつがつけた、と言える」
犯人に襲われたこの姉妹+蒼の派閥成り済まし、で。

カサスについて。
サモンナイト3を見るとカサスのゆうなタイプは強くてもやさしい、思いやりがある人と描かれる。

しかし、「子供達を自分みたいにしたくは無い」とは。賭け試合の闘士、としてのドーピングなどの支障では無い。
カサスがやってきた仕事は、戦いでは無くバイオレンス見世物。スナッフムービーになったことは数度以内だと思うがー。
カサスの上司は、召喚師と言うより悪徳興行主。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ケーフェイ
戦う相手が召喚獣ならば顔見知りを一方的に虐待した良心の痛む境遇だが。更に酷いのは、実際はケーフェイである勝負をガチンコと信じて、「自由を勝ち取るための賭に出た」戦場に一縷の望みを抱いて死ぬような勇気ある人間兵士も蹂躙してきたから。

ガチンコならば戦力差が開いていても、弱者に勝ち目が残っていてフェアだ。しかし、粗悪な装備を支給されて、敗者役も薬でおかしくされた舞台でデモンストレーションすれば、それはおかしくなる

カサスが逃げたのは「召喚獣を搾取する、実験体扱いする閉鎖環境」では無く。
自分達は被害者で、生計のための必要悪だから、と卑怯な手に染まっていく自分が嫌だったからだろう。「カサスは、不正に染まりその一部になっていく悪徳レスラーとしての自分と、悪徳」が嫌いだった。
卑怯な手だからこそクラウレに反発するし、ポムニットが戦おうとしたとき、責任を押しつけて逃げるような形になる自分の醜さが嫌だった。

後継者が同じように染まっていくことを絶つために、卑怯なことをその時見つめて、それまで従っていた衣食住のある環境を飛び出した、正義を忘れず、潔い護衛獣だった。

狂血の呪いの方が発作を強くする理由は、勇気を搾らなければ奪われる、と言う強迫観念と防衛本能。
ケーフェイなのを知らないで、絶対に勝てない条件下で。それでもカサスに挑み散った弱兵達の勇気と生きる意思が、発作の鍵だった

カサスに挑んだ者達は、絶対勝てない装備と練度で。受刑、として見世物に出演していた。不可抗力を除けば、君臨していたカサスは確かに卑怯だ。
忘れられた島の廃棄施設の一つが、受刑場歓楽街➡若者の園➡楽園➡歓楽街。
「僕たちの組織と深紅の鎖は仲良くやっていた。」

敗残兵や、無色の派閥と組んだ最大手主流派の抵抗勢力捕虜は召喚獣とのショーに出されていた。それも、敗者役こそ次が要らない致死毒を飲まされて肉体強化、見当識を失って。戦力分析も出来なくなった。「ロギンズ」
ヘイゼルの
何故逃げたのだスカーレル、お前ほどの使い手が、とは。
カサスと同じかは分からないが、そういう理由だったのだろう。

強すぎて、一撃でオーバーキルしてしまうシロトトなどは。変身などで始めは勝ち目を見せて誘いつつ、場が盛り上がったところで。再生など勝てない能力を見せて絶望した相手を倒し見世物にしたのだろう。
レイムの「遊ぶ」とは、ライオンがじゃれてるって意味だった。


あるいは、初めから日常社会で育てていればそうはならなかったかも知れない。しかし、見世物劇場において、興業時間を稼ぐためには、剣闘士のような戦いをするしか無かった。瞬殺は興ざめ。懲罰としても、なぶり殺しにしくじらないため、定量ダメージの毒が正解だった。

フラット一味も、懲罰にかかった可能性がある。
ロギンズはバノッサやビジュに似た反応だった。
カサスは、そういう不正に憤っていた。手品に慣れてる自分が恐くて。
なお、カサスがレイムを幼児期に救えているルートもあったのかも知れない。

興業劇場部門は、薬物実験マニアだった。



ダミー召喚。ギアン父立場で。➡イスラ。

母を逃がす。主君一人に護衛二人、もう一人が敵身内。



サモンナイト4メモ

12話プロローグ
「元はと言えば全部あんた達が原因なんじゃ無いっ!!分かんないのなら何度だっていってあげるわよ。あたし達の生活がどんどんむちゃくちゃになって行ってるのは。あんた達がここに来てからだ、って言ってんのよッ!!

だって、ホントのことじゃない!?
こいつらが来てから毎日のように厄介ごとばかり続いてー
いつまで待ってれば前みたいな暮らしが戻ってくるのよ!?
(だから、そのためにみんなでがんばっているんでしょ。それに、大変なのは分かってて、決めたことじゃないか。)
ーっ
(姉さんだってそれを承知の上で協力するってー)
うるさいっ!!うるさい、うるさいっうるさあぁぁいっ!その通りよッ!!そのつもりでずっとそうしてきたわよ!
だけどーっこんな、酷いことになるなんてーっ

「壊れてくのが分かるの
あたし達の暮らしがだんだん、壊れていくのが分かるのよッ!?」

「だったら、いますぐもとにもどしてよッ!?なにもかも元通りにしなさいよぉっ!!」

「できっこーないくせにさーだったら、無責任に慰めたりなんかしないでよっ!!」
(姉さん、待って!?)
(今は、何を言っても逆効果だと思うぜ?)


(寧ろ、あいつは今までよく耐えてきたと俺は思っている。年端もいかない娘が戦いの日々に身を起き続けるためには。虚勢の一つでも張らねば、やっていけぬだろうさ。)

「だからぁ、ちゃんときいてなさいよっていったじゃ無い!?ごめんなさいー昨日のこと、やっぱアタシが悪かったわ。八つ当たりしてたの自分でも、ホント恥ずかしいわ。あんた達だってしんどいのは同じなのにねー
でも、アタシ酷いことばっか言ったしー」

(それは、お前が大事なものを護ろうと必死だったからだ。そういう気持ちは尊いものだと俺は思っているし。ああして、正面からぶつけてくれた方がすっきりしていい。)


あれぐらいのけがはすぐになおっちゃうよ。
それに発作は、いつものこと、時間が経つの待つしか無いんだ。
(それは知ってるよ!でも、どんどん酷くなってきているから。)

「匂いを辿って追いかけてきたんだ。大切なみんなの匂い、ちゃんと覚えているからね」
こいつら、本当にあんたのこと思って一生懸命だったんだ
ーそうですね。貴方の言う通りよく、分かります。

「やだーっそれだけは、もういやなのーっ
真っ暗なお部屋に戻るのだけは、絶対イヤああぁぁっ!!」
「ただで優しい人間ほど注意しなくちゃいけないよって。兄ちゃんが、いつも言ってただろ!?」
「そういえば、飲まず食わずで、ずーっと歩いてきたんだっけ」
「そんなーそこまで、迷惑はかけられない!?」


「あ、あのーよびつけて、どうもすみませんー」
「ぶしつけな質問でとても恐縮なのですがーこちらに、僕と同じ亜人の子供が、おじゃましていませんか?」

「ありがとうございます。ほんとに、ありがとうございますー」


「おっかしいなあ。気前よく買ってくれていたんだから。さぞやあくどい商売でたんまり儲けて。お金余ってんだと思ったら、金庫の中身、これっぽっち
なんて」

サモンナイト4メモ


「貴様がここで倒れれば子供達はどうなる?傷つき、飢えながら追われる日々を、また繰り返させるのか?ニンゲンに脅える必要など無い、笑顔で暮らせる明日を幸せな未来を、与えてやりたいと願ったのは偽りなのか!?」

「あの人は泣いています。誰も傷つけたくないと血の涙を流しています。まるで、幼い頃の私と同じようにー
止めてあげてください、カサスさんをー無限の苦しみから救い出してあげてくださいまし!



「ーだまれッ!!
そこまで分かっていて。なのに、何故ー貴様は、それを利用しているのだ!?恥を知れッ!!」
「殺すしかー止められないの?」