三人の王族の冒険1 アトラス テイルズシリーズ 石探し物語20201214


三人の王族の冒険1 アトラス テイルズシリーズ 石探し物語20201214
ヴァルキリーアナトミアに見る、幼馴染み三人組+ワンの事情。
「入るな、危険」
の遺跡跡→古戦場に、子供が探検のために入る。

題材はお宝探し、レアアースである石の用途は、
・評議会、協会が有力者で、探し物を渡せば金になるし、コネと外交カードになる。
・好事家でもある、三人の一人がコレクションしている。
・三人のうち一人が学者で、自分が提唱した理論科学の実証と工学素材として、レア素材を使いたい
・三人とは異なる、現地の知人が難病で、医療用素材に必要。

三人の内二人はさほどの影響がなかったが、地元の王子であり、天才少年だった一人は深く影響を受ける。
その石の記憶→施設が健在だった頃の、拉致被害者にまつわる思念を見て、非常に感化される。
石にまつわる異民族→ネレイド→レナ、レイラ・ジロンド、コハク、アリエッタ、フェニモール(祝福)
の呼び掛けを聞く。
テイルズオブレジェンディアで敵将が気付いたのは、セネルの力が洞窟にレア素材採掘に赴いた際に、後天的に獲得したもの→目的に必要なのは、最も石とリンクするセネルだったということ。
類似の現象は、テイルズオブグレイセスシェリアが、祭壇でラムダの力を受けたときに、特殊能力に目覚めたことが示す。


テイルズオブジアビスのアッシュやルークの処遇も、本来はオリジナルが、
→他所から拉致されて強制労働されていた、弾圧された民族へ傾倒しすぎたから。
テイルズオブシンフォニアやテイルズオブクレストリアはいきすぎで、
結果的に、天才少年は、ヴァルキリープロファイル2のように、辺境国の賊将として悲惨な敗死をする

養女のセレス・ナタリアに、何故自分は実の親がいないかと問われた養父母は胸が一杯になるだろう。
母親は、かつては大国の特殊部隊幹部を勤めた歴戦の精鋭だった。しかし、あらぬ罪を所属傭兵ギルド及び出身地単位で、元雇い主に着せられた。そして軍席・軍功・関与外交任務の抹消、
→及び契約に関する話を一方的に白紙にされ、雇い主の内外政争を中心にした
→有象無象の不祥事を押し着せられて、大軍と広域毒ガス兵器により粛清。
(幼少期の養女も、戦場から離れた場所にいたが、民間人を巻き込む攻撃で吸い込んでしまい、死者がごろごろ出る環境から救助された。それ以来、身体が弱い。)。

父親は、三人組で石探検をやった際に有毒ガスを吸い込んで、一番重傷化し、記憶喪失+記憶捏造・価値観易変が激しかった。
養母の親族である曾叔父一族に、継承すべき地位を奪われた。
→別に、正当な診断を行っても、
毒素による、
「精神への影響が重篤で、正常な国務、及び従来の国家外交継承に遂行に支障を来す」と言う理由で継承を取り消されても。合理だったと思うが。
本人はそれに拘るつもりがなく、潔く地位を手放し、妻の出身国及び民族が、先進国の食い物にされないように尽力。
→外国による、「植民地侵略に役立つ、先進技術の研究開発強要」、と言う一方的な都合のために、
「世界の命運を揺るがすバイオテロ計画、を首謀したマッドサイエンティスト及び研究所と、兵器管理者不祥事主導を為した敵国スパイ」と言う大罪人容疑を捏造される。

こんな悲劇の両親を持って、精神を歪めずに育て上げた養父母は、素晴らしい。


養女から見れば、実父母と養父母は本来四角関係。
1実母→実父と養父に、そこまで愛され、真剣に求婚されているとは思っていない。本人と実父は行き違いをしており、本人が大変な時の前後にアクション無く、引き籠っていたと見なされている。心身のバイタル的なものだとは、認識される。
実際は、三人組全員が探検中に有毒ガス、地盤崩落、地震による地下水津波で生死の堺をさ迷う。記憶喪失及び記憶捏造がひどく、正常な価値観を取り戻して、断片的に彼女を思い出すまでの間に、致命的な事態が起きる。
2実父→一番に実母への愛、二番目に彼女が生きる世界と民族のために、大胆な行動を取る。エルフの一族共通の価値観であるが、「最愛の人には自分が白馬の騎士でないと」、と言う強迫観念が強く、守れなかった跡は人生を左右するトラウマとなる。
王子を脅すために姫を人質にとって脅迫、と言うテイルズオブデスティニー説もあるが。ただ単に雇い主がスケープゴートに対して寝首を狙う、悪意に満ちて最悪だっただけで。
実父への悪意と実母への悪意は、首謀者が同じだけの別件、別問題だった。
いや、実父に関しては養父以上に、妻の戦力や軍人経験を認識していなかった。
3養父→実は若い頃は、養母よりも実母の方が本命。養女から見れば、実母への未練もあって養育している人。
なお、養母と一族による、地位目当ての実母暗殺論を否定しつつ、一応は気にしている。
実母のことは他国軍人として認識していて、詳細には傭兵だ、と言うことを知らなかった。
4養母→養父とは幼馴染みで、従兄弟同士。実父とは恋愛関係には無いが、実兄弟同然に家族の絆を持っていた。
実父も恋愛対象ではあったらしいが、政略結婚の意味が強い、実父との交際により消滅。養母は、実父母(遺産問題で差し置いた父に対してより、母に対しての罪悪感が強い。
有力者一門が侵略国家側として、実母が属する後進国民族への戦勝、略奪及び虐殺弾圧をしたことを悔いている。
理由→三人組が行った探検で、レアアース鉱脈の存在が認知され、植民地主義推進の大きな要因となったからだ)に対する罪の意識を強く持っていて、
→養女養育は、贖罪の性質も強い。
また、実母の家族構成は誤認していた。
なお、この三人組は元々王族の生まれであるが、三人組の内二人が属するギルドは、国際交易も手掛ける大企業であり、鉱脈発見者を輩出したことは、更なる資産増大化に多大な貢献をした。
セレスのイメージは、小公女のエンディングである。

見つけた鉱脈が、ダイアモンド鉱山か、「エネルギー炉用資源及び新素材」鉱山かの違いだ。

不幸がなければ、養女の実父も、養母の一門幹部として、鉱山事業で大成功する道を歩めた。
金や地位など、本人はさして価値を見いださないだろうが。名声と軍功は、実力で得られる、知力と才と環境に満ちた男だった。
小公女』(しょうこうじょ、A Little Princess)は、 アメリカの小説家フランシス・ホジソン・バーネットによる、児童文学作品の一つ。 雑誌「セントニコラス」 ...
Image

本来、三人は辺境への善意医療中に、生命の危機に陥ったのであり、ヴァルキリーアナトミアなどで噂される身内の裏切りとは、ほど遠いテーマであった。
他国の煽動者スパイ暗躍があったとは言え。テイルズオブエクシリアのガイアスのような、来歴に左右されない新国家建設を待ち望む一部軍人と一族、一団がいたからこそ。
→養女の養母一族による、甥を罠に嵌めた陰謀論は、内外に有名になった。



テイルズオブエターニアスターオーシャン2を見ると、先進国の青年貴族と、後進国の特殊能力者美女との異民族恋愛は、ハッピーエンドに見えるが。
正史世界ではどちらも、襲撃された恋人の夭逝と言う、悲劇のロマンスに終わる。





Haiiroouke解明 オクトパストラベラーoctopus travelerに見る、ネイティブインディアンとアメリカ開拓史。20201123

Haiiroouke解明 オクトパストラベラーoctopus travelerに見る、ネイティブインディアンとアメリカ開拓史。20201123
『回答 
ホルンブルク王国のモデルは→アメリカネイティブインディアン ホピ族。
ベオウルフ王のモデルは、大いなる清めの日の石板、伝承の兄弟→ホピ族の指導者となった、弟では。白き人と太陽にまちわる、兄がいる。
邪神ガルデラは→洪水とコアトル。

聖火神エルフリックとは→マニフェスト・デスティニー啓蒙主義の女神と、火薬など科学兵器技術。
封じられた力とは、→ホピ族の予言にある、第四の滅び、人の欲と邪心では? 
→または、地下資源ウラン・ウラン鉱脈→灰のつまった瓢箪か。』

『マティアスとオフィーリア モデル→

ホピ族の大いなる清めの日、伝承に照らすと、オフィーリアが白き肌の人の兄で二人の従者を連れ、太陽の印や十字を持つ。  』

追記。
オクトパストラベラー世界の聖火教会は、地域の首謀者的存在だと見る。
聖火教会の裏の顔は、火薬を専門とする死の商人→外国企業だと見る。
 
大地神ガルデラ云々の逸話も、嘘。
侵略者は聖火神の方。
・サイラスシナリオ一章で聖火教会史が奪われたこと
・トレサシナリオ三章で、フィリエン王国の王の側近、エドバルトの重い盾が出てくること

・ノエルを探る。24才。
「考古学を研究する父親の研究成果は、学院に認められず。父の無念を晴らしたいと考えている。」
「彼は、今は亡きホルンブルク王国を建国したとも言われている伝説の人物よ。架空の人物だって笑う人もいるけど…私は実在したって考える。」
「証明するためにも、伝説にある石碑を探さなきゃ」
・サブシナリオ「歴史研究家ノエル」三章で、古いタペストリーから、
「フェリエン王国は、ホルンブルク王国建国時に、ベオウルフ王にタペストリーを贈った」

「フェリエン王国より、ベオウルフ王に贈る」(なお、フェリエン王国の言語は古ホルンブルク文字に似ているが、「あれ、少し違うみたい」ところどころより文法が難しく、解読困難)(サイラスシナリオ四章と同じ、タペストリーの文様は文字。)。
その前「ベオウルフ王が築いたエバーホルド城塞は見つけたけど。貴重な砦が、劇場に…。これでは当時の痕跡なんて」

・サブシナリオ「歴史研究家ノエル」一章のハイランド地方石碑で、古ホルンブルク文字で、フェリエン文字ではない。
内容は、「この周辺(ハイランド地方)には、フェリエン王国と言う国があったみたい。
フェリエン王国の第二王子こそ、ベオウルフ王だと書いてあるわ!
フェリエン王国と聖火騎士団は、共にある国と戦って勝利したー
その時国王に代わって、第二王子が前線に立ったのね。
相手国を倒したベオウルフ王は、その功績から国を興すことを許されるー
その王国の名はホルンブルク。勇敢なる王を懐く守護騎士の国ー」
「うん、ベオウルフ王の伝承と合致するわ」
 
→「建国以前は、フェリエン第二王子で、聖火教会に支援された」。

サブシナリオ「歴史研究家ノエル」二章で、「死を振り撒く竜と豪勇の王の死闘」
二章の「ストーンガード、風に舞う吟遊詩人 口伝の歴史。既に滅びた国についての詩。 エバーホルドの城塞」には、
「死を振り撒く赤き瞳のドラゴンが現れ、ホルンブルク王国に危機が迫る。
その竜を倒すべく立ち上がったのは、老齢となったベオウルフ王ー
王は竜を迎え撃つべく城塞を築き、命を懸けて竜を討った」
趣旨が描写される。
 

実際は土着信仰を持つ先住民「フェリエン王国」を、国外の傀儡となった武門「黒陽会」「ホルンブルク王国→フェリエン第二王子、赤い目の竜殺し、建国王ベオウルフ王」が、「聖火教会の」軍事支援を受けて滅ぼした。

そして、次は支援していた聖火教会の裏切りにより、傀儡武門「黒陽会」も、教会の闇討ちで口封じされ、資源は国外の末端である聖火教会が根こそぎ強奪した。

大陸の覇者 権力を極めしもの編で、タイタスが緋晶薬研究黒幕とされるが。「赤目」が生物兵器だとすれば、ベオウルフ王は「マッチメイカーに勝たされて」竜殺しになった可能性がある。
→案外、オルベリクエピソード三章のリザードマン達に、エアハルトとオルベリクが挑む場面が、吟遊詩人の歌のモデルとなった場面だったのかもしれない。

ただ、もしハンイットシナリオ三章のように、竜殺しが竜と相討ちになっていたら、第一発見者が手柄を横取りするかもしれない。

それが歴史では?
大地神モデル
コアトリクエ Coatlicue
>>関連項目一覧
古代の中央アメリカの伝承における大地母神。名前は「蛇女」「蛇の婦人」(あるいは 蛇のスカート)の意味。 コアトルCoatlが蛇。
アステカの最高地母神。ウィツロポチトリ神の母。

雨季を司り、農業に関わる。出産や織物の女神だが、狂暴な女神でもある。

参考資料
・ 世界宗教事典 (ヒネルズ:著 青土社)

 
関連項目一覧
ウィツロポチトリ (神)
テテオイナン (女神)
アステカ神話 (文化地域)
古代メキシコの先住民族 (文化地域)
アメリ先住民族 (文化地域)


>> Page top

(C) 幻想世界神話辞典 - GENSO SEKAI Myth dictionary
http://jiten.sakura.ne.jp/dic//coatlicue.html
 
聖火神のモデルは、啓蒙主義自由の女神では?
マニフェスト・デスティニー
アメリカの進歩の絵。
ja.m.wikipedia.org › wiki › サンドク...
ウェブ検索結果
サンドクリークの虐殺 - Wikipedia
サンドクリークの虐殺は、1864年11月29日にアメリカ のコロラド地方で、米軍が無抵抗のシャイアン族とアラパホー族インディアンの村に対して行った、無差別 ...
含まれない: 女神 | 含めて検索: 女神
 

ja.m.wikipedia.org › wiki
マニフェスト・デスティニー - Wikipedia
1872年に描かれた「アメリカの進歩」。女神の右手には書物と電信線が抱えられており、合衆国が西部を「 文明化」という名の下に征服しよう ...
 

ja.m.wikipedia.org からの検索結果
www.meisterdrucke.jp › John-Gast
アメリカの進歩、1872... - MeisterDrucke - アート作品
 
アメリカの進歩、1872 作: ジョン・ガスト アートプリントとして。詳細に気を配り、本物のアーティスト仕様のキャンバスに印刷。
 
評価
 
5.0  
 (819)
 
y-sonoda.asablo.jp › 2008/11/26
ジョン・ガストの「アメリカの進歩」: 園田義明めも。
2008/11/26 — これはジョン・ガスト(John Gast) が描いた「アメリカの進歩(American Progress)」。 1872年頃の作品とされています。 時は西部開拓 ...
 
 
 
plaza.rakuten.co.jp › diary
19世紀のアメリカ(40) 第2章 明白なる天命…1 | ザビ神父の証言 - 楽天ブログ
2010/06/11 — 上に掲げた絵は、ジョン・ ガストという大衆画家の「アメリカの進歩 明白なる天命」と題する1872年作の絵です。当時の太平洋岸へ ...

参考
サイラス編四章壁画が示すもの
生と死のコアトルと、ホピ族の予言 大洪水伝承、水の生き物→トカゲ
門 グランドキャニオン

『抜粋
そこで、彼らの守護神である「太霊マサウ」は、

第4世界で生きていくための教えと予言を刻んだ石版を手渡しました。

しかし、その石版によると第4の世界もまた、

人々の邪心が蔓延することによって滅びる危機を迎えるようです。

つまり、物質文明に溺れた人々の傲慢により、大きな悲劇が起こるというものです。

その日は、「大いなる清めの日」と呼ばれています。


この石版は2人の兄弟に分けられ、弟はのちのホピ族の指導者となったようですが、

白い肌の兄は、遠く日出ずる方向(日本?)へ向かって旅立ったようです。
https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://gamp.ameblo.jp/sf-spirin/entry-10940836117.html&ved=2ahUKEwjKlKKUrpjtAhW6wosBHSrPDtYQFjABegQIAxAB&usg=AOvVaw2jJHuUi_nAbNSo-4jBnNLS

『ホピの神話によると、地球は全部で9つの世界を体験するとあります。 

・ 第1の世界 ―― トクペラ …… 無限宇宙から人類創造。

・ 第2の世界 ―― トクパ …… 人と氷による大浄化。

・ 第3の世界 ―― クスクルザ …… 大洪水による滅亡。

・ 第4の世界 ―― ツワカキ …… 現在。

 

第4の世界の始まり、つまり今から約1万年前に、

ホピ族の祖先が第3の世界の大洪水を逃れて中央アメリカの西岸に漂着しました。

これまでの3つの世界も、全ては人類の邪心によって滅び去ったようです』
『  ■先祖伝来の「ホピの予言」とは?

ネイティブアメリカンの多くの部族が、先祖伝来の土地を追われ別の地域へと強制移住させられている中、コロラド高原中央部の4州にまたがる地域「フォー・コーナーズ」で2000年以上も前から暮らしている部族がホピ族である。多くの少数部族が消滅の瀬戸際に立たされているが、ポピ族は2010年の統計で1万8327人にのぼっており、まだまだ隆盛を誇っている。

ホピ族には先祖から口述で伝えられている「ホピの予言」がある。伝承によれば、現在の我々の文明は第4の時代(Fourth World)であり、先の3つの文明は“火”と“氷”、それに“水”によって滅ぼされたということだ。一説によると“火”とは火山の同時噴火による大災害であり、“氷”とは氷河期、“水”は大洪水であるといわれている。そして現在の第4の時代も、終わりに近づいているということである。

1958年、アメリカ人聖職者のデイビッド・ヤング氏がホピ族の長老である「ホワイト・フェザー(白い羽)」から、ホピ族に伝わる9つの予言を聞かされた。

https://www.google.com/amp/s/www.excite.co.jp/news/article-amp/Tocana_201609_post_11046/
『www.jp-spiritual.com › hopi1
ホピ族はホピの予言で有名です、アメリカの不毛地帯に住むネイティブ ...
 
ホピ族はネイティブアメリカンインディアン、 フォーコーナズという聖地を先祖から2 ... この不毛の地と思われたホピの住む土地でウラン鉱脈が発見されました。
 
抜粋
ホピの集落ちかくのウラン鉱脈とホピの予言
この不毛の地と思われたホピの住む土地でウラン鉱脈が発見されました。 広島市長崎市に投下された原子爆弾に使われたウランもこの聖なる土地から、ホピ族を騙して採掘されたものでした。 ホピ族の人たちが告げるもの、それは、このまま行くと世界が滅亡してしまう、平和に生きる道を選ぼうと言うメッセージです。

ホピは代々口述で伝えらてきた【ホピのメッセージ】がありあります、ホピの長老はこのメッセージをつきのように語ります:

「ここは、アメリカ大陸の背骨であり、ヒマラヤなどと同様、地球の自然エネルギー震源で、もしここが破壊されたら、全地球的な規模で変動が起きる」 この地面には、使い方によっては人類を滅亡してしまうものが埋まっている。

人類がこれを争いではなく平和に利用することが出来るようになる日まで、この場所に留まりこれらのものを守っていくようにと。 また空から灰のびっしり詰まったひょうたんが降ってきたら、ホピ族に伝わる予言を広く世界に伝えるようにすこと。
https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://www.jp-spiritual.com/hopi1.htm&ved=2ahUKEwirwvvesJjtAhWHfd4KHYbBA0oQFjABegQIBxAB&usg=AOvVaw03IdiJ-JXOitQQpCrh5chL

『 www.bepal.net › trip › overseas
ウェブ検索結果
ホピの預言とコロナウィルスが教えてくれること|BE-PAL
 
他の人はこちらも検索
ホピ族 沖縄
ホピの予言 映画
ニーマンの儀式
ホピ族 カチーナ
ホピ族 名言
ホピ族 ココペリ
ホピ族 本
ホピ族 壁画
www.excite.co.jp › ... › びっくり
アメリカ先住民「ホピ族の予言」が世界滅亡を断言! 地球に落下する“天国の ...
2016/09/30 — 先祖代々にわたって口述による“予言”を継承しているアメリ先住民族・ホピ族 ――。最近の8つの予言はすべて的中したといわれて ...
 
 
 
ja.m.wikipedia.org › wiki › ホピ族
ホピ族 - Wikipedia
ホピの予言では「母なる大地の内臓をえぐってはいけない」と言われており、地球上すべてのウラン採掘に反対している。 彼らの ...
文化
地下資源
その他
 

『americadaishizen.com › ナバホ族
ホピ族 予言の民 | ラスベガス全集 米国ラスベガス写真家 Ken Kanazawa | 米国 ...
https://americadaishizen.com/lasvegas/monument-valley/%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%9B%E6%97%8F/%E4%BA%88%E8%A8%80%E3%81%AE%E6%B0%91%E3%83%9B%E3%83%94%E6%97%8F/
抜粋
「灰の詰まったひょうたん」原子爆弾の事を予言していた。


フォーコーナーズのホピの住む土地にはウラン採掘所があり、広島市長崎市に投下された原子爆弾の原料と成ったウランは、ここから採掘されたものである。

ひょうたんの灰は、とてつもない破壊力を持ち、川を煮えたぎらせ、不治の奇病を起こし、大地を焼き尽くし、長いこと生命を育てなくする。

ホピ族には大昔に別れた「黒髪で肌の白い兄」がいて、「白い兄」は遠く日出る方向に向かって旅立ち必ず戻ってくると言った。

ホピ族の予言によれば大いなる清めの日が切迫する時「白き兄」が二人の従者を従えやってきて世界を邪悪から清め、


平和に導き入れる。従者の一人は卍と十字のマークを持ち、もう一人は太陽の印を持っている。

生命の道を固守し続けた僅かな数のホピ族の生き残りと共に新しい平和な世界を到来する。


この三人が使命をまっとう出来ない場合に「大霊は西からある者」を起こす。

それは非常に多くの冷酷な民である。彼は、大地を破壊し、地上に生き残るのはアリだけになる」


とある核戦争で最後に残るのは放射線に強い昆虫類だけと言う。

「白い兄」はインディアンと同じモンゴロイドで一番肌が白い日本人だと言う説がある。


東に向かった兄はアメリカ大陸からみて極東にある日本列島にたどり着いた。

従者のもつ「太陽の印」は日本の事で「卍」は仏教の事か、ナチスが逆鍵十時をつかった事からドイツ、


「十字」とはローマカトリックのあるイタリアではないかという説もある。

「西の冷酷な民」は全く慈悲というものを知らず、ものすごい数で赤蟻のように地面を埋め尽くす。


ホピは、「世界は今物質への強欲のためにバランスを失っており、世界は終わる。」という警告を発している。


正しい道を選べば発展の道が残されている』

『 notoron.com › プレイ日記
ウェブ検索結果
オクトパストラベラー感想その47 オフィーリア編4章:強い絆 | 回想倉庫
今回は闇落ちしたリアナを救うため、ウィスパーミルの村へ行きます! 目次. 到着ウィスパーミル; 救世主の正体; 謎の儀式; VS ..

https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://notoron.com/octopathtraveler-47%3Famp%3D1&ved=2ahUKEwjJt-aztZjtAhXmdt4KHRvLBW8QFjAEegQIARAB&usg=AOvVaw2frxZtLC2InlHXfXlUuxA0&cf=1

 

Haiiroouke解明 オクトパストラベラーoctopus travelerに見る、それぞれの真実の死因。

 

Haiiroouke解明 オクトパストラベラーoctopus travelerに見る、それぞれの真実の死因。

主要人物
学者サイラス 
(?名声を極めしもの)(富を極めしもの編の善玉)
→敵方の拠点探索中に、トラップに嵌まり転落死?
いや、提供された情報が寝首を狙う協力者の罠だった。恐らく死因は、地下通路に爆薬を仕掛けられての焼死。オルベリク四章の流れを、本気で信じていた。
 
戦士オルベリク
(?権力を極めしもの)(すべてを極めしもの善玉?)
→人による口封じではなく。
(友軍の裏切りにより)戦場にて投入された、生物兵器モンスター狩猟中に、返り討ちに遇う。
 
『本人は、同僚であるサイラスに恨まれる理由を「故郷を見殺しにしたこと」と認識している。
しかし、サイラスからは「先代権力者だった彼の父母に冤罪を着せ、謀殺(毒殺)により地位を簒奪したこと」と思われている。流石にそれは、首謀者ではないらしい。』
 
神官オフィーリア(名家の三女であり、実際には死去した長女の、代役の養女)
(?富を極めしもの)(権力を極めしもの、及びすべてを極めしもの善玉)
→片想いする恋人(サイラス)が、彼女の知らないところで変貌。恋人が次女である姉を刺殺し、姉も変貌。変貌した姉に気付かず、家督問題と併せて姉に毒殺される。

家族想いだが、本来は恋人に重度依存。一方で、狩人ハンイット編の雪彪リンダのイメージとも思える。
しかし大陸の覇者編 富を極めしものでは、父の死後に姉妹家族を部下に殺害させ、財産を独占した野心家として描かれる。
すべてを極めしもの(獅子)の血縁者や指輪解放時の狩り王女のように、ネコ科。
 
盗賊テリオン(ハーゲン)
(?すべてを極めしもの)
財産を築き、地域のゴッドファーザーになるも、仇討ちにより戦死。
いや本来は物語が始まるより前に、変貌した同僚(アーフェン)により、崖から転落死させられる。
なお、テリオンとアーフェンは互いに良く成り代わる。(一番大事なものとは、本人の人生と、他人からの信頼。)
→それをする理由は、狙われている親友を自分が庇うため。
テリオン自身は情報戦で他者に不和を撒くのが得意であるが、変貌と言う異常事態さえなければ、本人は親友からの信頼を得ていた。

本来は、依頼をしたお嬢様(オフィーリア)が既に変貌していた。お嬢様に自らに遺恨ある女聖火騎士(プリムロゼ)を誘導され、仇討ちにより破滅。

仇討ちの直接の経緯は、
→女騎士の父の主君、に自らを含む三人の裏切り者と別口の復讐者(サイラス)の四人が仕えていた。
しかし、(テリオンは)他所からの依頼を事前に受けていたため、主君と騎士の父それぞれを殺害
→その裏は、今は割愛。
→実際には、クライアントが放った生物兵器モンスターが殺害。

本来は商人志望の、学生経験者。情報力に長け、統治者としての才と野心を持つ。
また、狩人ハンイットシナリオの師匠の相棒→魔狼ハーゲンのイメージが、恐怖で兵を束ねる領主ヴェルナーや海賊船長だ。
すべてを極めしもの(獅子)の血縁者のように、ネコ科?
 
薬師アーフェン
→老境期に、森にて生物兵器モンスターから毒攻撃を受け、死亡。

背景としては、他国の王子殺害を、その国の王子の親族から遺産絡みで依頼される。
しかし、依頼を受けたふりをして王子を活かす選択をした。結果として、誘拐首謀者が王子暗殺のために放った、生物兵器モンスターから毒攻撃を受け、死亡。

なお、生物兵器モンスターはあくまで使い捨て。ハンイット二章で分かるが、
マッチメイカーである首謀者→第三者は、狩人と獣のどちらが勝とうと相討ちになるように、途中の橋や崖を、計画的に落とした。恐らくは火薬による仕掛け。
初めから、アーフェンを野外死させるための罠依頼だった。
 
→本来は傭兵から身を持ち崩した盗賊であり、盗賊として築いた財を元手に、貿易商人として商売で成功を納め、やがては王朝の創始者に成り上がる。
戦乱の世の弱肉強食から→
「仮想敵国に不足したものを、安価に提供することで衝突を最小限にする、外交戦略」で周辺地域の平穏を一時期実現する。
 
 
 
商人トレサ(本来は、名家の長女であり、オフィーリアの語る役の本物)
→恐らくは、お気に入りの崖の上で遊んでいる内に、事故により転落死。
 
狩人ハンイット
病死と毒殺、両方の可能性あり。ただし、毒殺の場合は容疑者候補に上がった犯罪者は、スケープゴート。身内である家臣に、黒幕に内通する悪党がいた。
また、本人が薬物の知識を持つことから、国を襲った生物兵器モンスターの毒から、
被害者→三女?を救おうと野外採取に出掛けた折、強力なモンスターに深傷を負わされたものと見られる。
本来は年長者で、夫(オルベリク)よりは、早く亡くなるらしい。夫も容疑者への仇討ちをしたと言うが、人違いだろう。
 
→本来は先住民出身の美女。そして名家の後妻(妾)であり、次女(プリムロゼ)の母親。気高い性質で遺産争いを唆す悪党の誘いに屈しなかった。しかし、母子の存在は名家→王朝の分裂を招く契機となる。
長女と三女暗殺依頼の、容疑者の濡れ衣も着せられる。
 
踊り子プリムロゼ
仇討ちのために、仇の拠点へ地下通路を通って潜入する過程で、味方の闇討ちなどに遇う。
いや、地下通路による作戦を提案した、敵への反抗勢力リーダー(サイラス)が、実際は既に変貌していた。
恐らく、罠の中身は→閉鎖空間における火薬爆発と火災。
罠を突破して仇の一人を討つことは出来たが、リーダー自身による不意討ちで刺殺。
→先住民出身だった母(ハンイット)の血を引き、本来は気高い名家の次女。

 

 

Haiiroouke テイルズオブクレストリア要点→テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士  考察 グラキエスのコアとフラノール事件。20201123

Haiiroouke テイルズオブクレストリア要点→テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士  考察 グラキエスのコアとフラノール事件。20201123

 

テイルズオブヴェスペリア

テイルズオブエクシリア

ラタトスクの騎士→

テイルズオブクレストリア

のように、軍事侵攻を企む危険な黒幕が兵器開発の野望のために、オーブ強奪をしたと言うシナリオが、崩れていく。

フラノール事件に関しては、こういう流れだろう。

詳細不明だが、このフラノールは地元犯罪グループが多数派だった。

犯罪者の中に、テセアラ国→フラノール市管轄の公共財にすべき、グラキエスコアを。

氷の神殿から盗み出し、高額だから不当転売しようとする裏切り者が出る。行商人から売られたみずぐもは一つで無かった為、他の購入者が氷の神殿遺跡荒らしを行いゲット、ストーリー開始の随分前に転売していた。

犯罪グループの情報網で、ロイドであれエミルであれ、正当な回収者がコアを集めている情報を得る。

ピンチだ。

犯罪グループでは回収者を口封じ出来ないし、しかも財宝が無いことがばれれば、地元全体に盗難がばれて、街全体の捜査で裏切りがばれてしまう。

 

本音は「金にさえなれば、買い手は誰でもいい。」

→回収者が金持ちで、闇取引に応じればそいつらに売ってもいいが、正規の取引記録を残せないから困っている。

ピンチに対する起死回生策を、誰かが考え付いた。

「回収者が無理矢理強奪していったことにして、他の街の住民に横領を誤魔化そう。」

偽物回収者が財宝を持っていったことでみんなが引き下がればよかったのだが、またトラブルが起きた。

被害者である住民がこんなアイデアを出した。

「街の財宝なんだから、懇意にしているテセアラ軍騎士団に、容疑者を調べてもらい。盗まれたものを回収してもらおう。」

↓ 

被害者のプラン 内容。

『被害者が、自作自演で容疑者に冤罪を着せ、そこから騎士団の有事介入に持ち込んで、解決を図り出した。

→ウィチルの自作自演・ラゴウ邸有事介入作戦。』

目的

「懇意にしているテセアラ軍騎士団に、容疑者を調べてもらう、その口実を作る。」

初めは、「道具や身内のハーフエルフ数名にファイアーボールで騒ぎを起こさせて、近くに来た騎士団に捜査開始させる」計画だった。

→初めは計画通りの筈だった。

状況証拠

『フラノールの街は、住民が倒れているのと関係ないところに焼け跡が複数残っていたり。煙が出ているのに地形や建物に火災が起きない程度の、痕跡だけだった。

火が着いた時は、被害者はいなかったのだろう。』

『地形破壊や、死なない程度の傷害を役者に負わせて、→その犯人をロイドやエミルにする計画だと、全体共有していた。』

必要

『負傷した役者が、容疑者をでっち上げる嘘をつけば、捜査できる。』

そのプランは、予め被害者が話を通した筈の

「地元が懇意にしているテセアラ軍騎士団」共犯者の裏切りで、別なシナリオになる。

焼け跡をつける騒ぎの間に、共犯者が裏切った。

『被害者役の役者を、死なない程度に収めるシナリオだったのに、致命傷まで負わせた。』

それは、予め役者に話していた第一シナリオを超えた、第二のシナリオだった。

その騒ぎを

「地元が懇意にしているテセアラ軍騎士団」は、「有事介入」せずに、不祥事の口封じのチャンスに用いた。

つまり、街の被害は二段階あった。

第一シナリオ

「ファイアーボールによる、被害の少ない焼け跡作りと、役者への軽傷」

第二シナリオ

「逃げ出した共犯者による、第一シナリオを知っている地元犯罪グループへの口封じ→死傷者が出る襲撃」

疑問

「なんで、現地の警備や付近の警察関係者は、エミル達の到着が遅れていたのに、影も形も無かったのか?」

と言うことの答えである。

 

第二シナリオには、そいつらの中の悪徳グループが関与していた。

第一シナリオからすれば、騙すターゲットは本来近くにいた筈のテセアラ騎士団であり、

→故にリフィル達が街を通りすぎて、一方でエミル達が来る前に、襲撃事件が起きた。

→恐らく、騎士団と容疑者候補のロイドが街の近くにいる情報を受けてから、第一シナリオスタートになって、途中で第二シナリオに切り替わったのだろう。

 

 

話を変えると、こんな感じか。

一連の経緯。

「黒幕

甘言と懸賞金→財宝情報を聞いた地元犯罪グループが、裏切ってとっくに転売。

転売で本物が持ち出されたタイミングから時間を懸けて、

→フラノール一帯で、マナの乱れ、温度の格差が起きる

横領がばれないように見張りを常駐。

スケープゴート探し。

ロイドを囮にする予定。

ハプニング

ロイドが来る前に、第三者のリフィル達が来て、第一シナリオが間に合わない。

起死回生

見張りが、リフィル達と面識の無い、フラノール土産物屋の出稼ぎしている息子になりすまし、先取りしたと騙す。

起死回生

リフィル達が待ち合わせをしている隙に、現地の土産物屋の一家を誘拐。

更に、第一シナリオ開始を黒幕共犯者の地元犯罪グループに合図し、計画実行。途中から第二シナリオで、現地組末端を口封じ。

黒幕は、初めからエミル一行を真犯人役に設定していた。

テセアラ側のコア回収に着手され、横領を発見される前に口封じし、後で追加捏造証拠による冤罪を着せて、真犯人だったことにするプラン。

氷の神殿に、黒幕の別な共犯者であるヴァンガード・リヒター達幹部を待ち伏せさせる。

本来は待ち伏せで、真犯人役のスケープゴートを皆殺しにする予定だったが、

別な共犯者であるヴァンガード・リヒター達幹部達がしくじり、長引いた。

起死回生

黒幕はスケープゴート役を、エミル達から、ヴァンガード・デクス達幹部に切り替える、シナリオ変更を行った。デクスがあのタイミングで変身のネタばらしをしたのは、黒幕の作意、か。」

 

オーブ強奪スケープゴートの変遷

『真犯人役スケープゴート・エミルとテネブラエ達

囮・ロイド

起死回生・土産物屋の息子

ヴァンガード・デクス』

考察「魔弾 神子と女神の殺し方」テイルズオブシンフォニア+テイルズオブベルセリア 抜粋 「特殊能力付加装置ジークフリートに関する研究」 「サブシナリオ ザビーダとテオドラ」20201123

考察「魔弾 神子と女神の殺し方」テイルズオブシンフォニア+テイルズオブベルセリア  「サブシナリオ ザビーダとテオドラ」20201123

 

テイルズオブシンフォニアでは、クラトスに魔法の力を与えたと言う粉薬「アイオニクス」。

テイルズオブベルセリアでは、テイルズオブヴェスペリア設定の「聖核」が鍵となる。

そして、テイルズオブベルセリア作品を通して描かれる、メルキオルによるカノヌシ制御法追求とジークフリートの縁を示す。

「食らわば

→敵の身体に食らわせる

→相手に被弾させて、力を中から撃ち込めば」

抜粋

「特殊能力付加装置ジークフリートに関する研究」

「アヴァロスト時代の異物と思われるジークフリートは、内蔵された術式によって霊力の操作を可能とする。

一般的には、撃ち抜いた相手の霊力を操作し、『増幅』する装置として認識されているが、

これは正規の機能を起動・制御するための基本能力に過ぎない。

そもそもジークフリートの正体は、対ドラゴン戦用の特殊兵器と推測される

『力の結び付きを断つ弾丸』

『一時的に穢れの影響を遮断する弾丸』が認識されている。」

 

別資料

「古代アヴァロスト語の古文書」

→「ドラゴンと聖隷に関する研究書」

ポイント

「潰さずに取り出す→くりぬく」「クル、スニク」

内容

『白き大角いただくドラゴンの、

心くりぬき血と共に

食らわば消えん

聖隷の加護』

「そもそもジークフリートの正体は、対ドラゴン戦用の特殊兵器と推測される」

推測内容『銃ジークフリートで聖隷や五大神の加護を受けた敵を倒すためには、

他の聖隷やドラゴンの心臓→聖核を、血→マナを保持したまま素材として、弾丸を制作する。』

→『力の結び付きを断つ弾丸』

『一時的に穢れの影響を遮断する弾丸』

を制作することが出来る。

目的

『聖隷や五大神の加護(呪詛)を受けた敵→災禍の顕主、

ヘルダルフやベルベットを倒すため』

手段

ジークフリートの砲身に対し、他の高位聖隷一体丸ごと、またはその核を、生け贄の弾丸として消費する。つまり、敵に向けて撃ち出す。

弾丸を貫通させずに、敵の体内に残留させる。

そして体内から相手の力に干渉させることで、敵が持つ外部からの加護や呪詛を無効化(干渉)する。』

参考イメージ

『 ja.m.wikipedia.org › wiki › ブレス_...
ウェブ検索結果
ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの - Wikipedia
小国が多数存在しており、ルディア王国を盟主とした連合を結成している。大戦中はセネスタやチャンバなどの町が帝国の呪砲によって呪いで汚染された。 大陸の ...
概要
世界観
あらすじ
登場人物
 
含まれない: 呪詛 | 含めて検索: 呪詛
 
ooragi.hatenablog.com › 2019/04/02
ブレス オブ ファイアⅣ うつろわざるもの(PS・2000) - ゲームの想い出ノート
2019/04/01 — 呪砲は、生贄(ニエ)となる人間を呪いの砲弾として目標に撃ち出す兵器であり、ニエの感じる苦痛が強ければ強いほど呪いの威力が増します。』

感想

『叔父アルトリウスに弟ライフィセットを生け贄にされて、ガチギレしているベルベットからすれば。

大義のために身内を犠牲にする方法論は、ジークフリートも緋の夜も同じ、禁忌である。』 

 

感想

この手段ならば、勇者ミトスや聖女マーテル達クルシスの天使を、人の手で倒すことも出来る。

しかし、何故当時穏健派だったあの連中を、射撃したかは不明である。主戦派のフェローやラタトスクとかにしろよ。

 

Haiiroouke解明 オクトパストラベラーoctopus travelerに見る、それぞれの真実の死因。20201121

Haiiroouke解明 オクトパストラベラーoctopus travelerに見る、それぞれの真実の死因。20201121
『回答 
ホルンブルク王国のモデルは→アメリカネイティブインディアン ホピ族、
ベオウルフ王のモデルは、大いなる清めの日の石板、伝承の兄弟→ホピ族の指導者となった、弟では。白き人と太陽にまちわる、兄がいる。
聖火神エルフリックとは→マニフェスト・デスティニー啓蒙主義の女神と、火薬など科学兵器技術。
邪神ガルデラは→洪水とコアトル。
封じられた力とは、→ホピ族の予言にある、第四の滅び、人の欲と邪心では? 
→または、地下資源ウラン・ウラン鉱脈→灰のつまった瓢箪か。』
 
主要人物
学者サイラス 
(?名声を極めしもの)(富を極めしもの編の善玉)
→敵方の拠点探索中に、トラップに嵌まり転落死?
いや、提供された情報が寝首を狙う協力者の罠だった。恐らく死因は、地下通路に爆薬を仕掛けられての焼死。オルベリク四章の流れを、本気で信じていた。
 
戦士オルベリク
(?権力を極めしもの)(すべてを極めしもの善玉?)
→人による口封じではなく。
(友軍の裏切りにより)戦場にて投入された、生物兵器モンスター狩猟中に、返り討ちに遇う。
 
『本人は、同僚であるサイラスに恨まれる理由を「故郷を見殺しにしたこと」と認識している。
しかし、サイラスからは「先代権力者だった彼の父母に冤罪を着せ、謀殺(毒殺)により地位を簒奪したこと」と思われている。流石にそれは、首謀者ではないらしい。』
 
神官オフィーリア(名家の三女であり、実際には死去した長女の、代役の養女)
(?富を極めしもの)(権力を極めしもの、及びすべてを極めしもの善玉)
→片想いする恋人(サイラス)が、彼女の知らないところで変貌。恋人が次女である姉を刺殺し、姉も変貌。変貌した姉に気付かず、家督問題と併せて姉に毒殺される。
家族想いだが、本来は恋人に重度依存。一方で、狩人ハンイット編の雪彪リンダのイメージとも思える。
しかし大陸の覇者編 富を極めしものでは、父の死後に姉妹家族を部下に殺害させ、財産を独占した野心家として描かれる。
すべてを極めしもの(獅子)の血縁者や指輪解放時の狩り王女のように、ネコ科。
 
盗賊テリオン(ハーゲン)
(?すべてを極めしもの)
財産を築き、地域のゴッドファーザーになるも、仇討ちにより戦死。
いや本来は物語が始まるより前に、変貌した同僚(アーフェン)により、崖から転落死させられる。
なお、テリオンとアーフェンは互いに良く成り代わる。(一番大事なものとは、本人の人生と、他人からの信頼。)
→それをする理由は、狙われている親友を自分が庇うため。
テリオン自身は情報戦で他者に不和を撒くのが得意であるが、変貌と言う異常事態さえなければ、本人は親友からの信頼を得ていた。

本来は、依頼をしたお嬢様(オフィーリア)が既に変貌していた。お嬢様に自らに遺恨ある女聖火騎士(プリムロゼ)を誘導され、仇討ちにより破滅。

仇討ちの直接の経緯は、
→女騎士の父の主君、に自らを含む三人の裏切り者と別口の復讐者(サイラス)の四人が仕えていた。
しかし、(テリオンは)他所からの依頼を事前に受けていたため、主君と騎士の父それぞれを殺害
→その裏は、今は割愛。
→実際には、クライアントが放った生物兵器モンスターが殺害。

本来は商人志望の、学生経験者。情報力に長け、統治者としての才と野心を持つ。
また、狩人ハンイットシナリオの師匠の相棒→魔狼ハーゲンのイメージが、恐怖で兵を束ねる領主ヴェルナーや海賊船長だ。
すべてを極めしもの(獅子)の血縁者のように、ネコ科?
 
薬師アーフェン
→老境期に、森にて生物兵器モンスターから毒攻撃を受け、死亡。
背景としては、他国の王子殺害を、その国の王子の親族から遺産絡みで依頼される。
しかし、依頼を受けたふりをして王子を活かす選択をした。結果として、誘拐首謀者が王子暗殺のために放った、生物兵器モンスターから毒攻撃を受け、死亡。
なお、生物兵器モンスターはあくまで使い捨て。ハンイット二章で分かるが、
マッチメイカーである首謀者→第三者は、狩人と獣のどちらが勝とうと相討ちになるように、途中の橋や崖を、計画的に落とした。恐らくは火薬による仕掛け。
初めから、アーフェンを野外死させるための罠依頼だった。
 
→本来は傭兵から身を持ち崩した盗賊であり、盗賊として築いた財を元手に、貿易商人として商売で成功を納め、やがては王朝の創始者に成り上がる。
戦乱の世の弱肉強食から→
「仮想敵国に不足したものを、安価に提供することで衝突を最小限にする、外交戦略」で周辺地域の平穏を一時期実現する。
 
 
 
商人トレサ(本来は、名家の長女であり、オフィーリアの語る役の本物)
→恐らくは、お気に入りの崖の上で遊んでいる内に、事故により転落死。
 
狩人ハンイット
病死と毒殺、両方の可能性あり。ただし、毒殺の場合は容疑者候補に上がった犯罪者は、スケープゴート。身内である家臣に、黒幕に内通する悪党がいた。
また、本人が薬物の知識を持つことから、国を襲った生物兵器モンスターの毒から、
被害者→三女?を救おうと野外採取に出掛けた折、強力なモンスターに深傷を負わされたものと見られる。
本来は年長者で、夫(オルベリク)よりは、早く亡くなるらしい。夫も容疑者への仇討ちをしたと言うが、人違いだろう。
 
→本来は先住民出身の美女。そして名家の後妻(妾)であり、次女(プリムロゼ)の母親。気高い性質で遺産争いを唆す悪党の誘いに屈しなかった。しかし、母子の存在は名家→王朝の分裂を招く契機となる。
長女と三女暗殺依頼の、容疑者の濡れ衣も着せられる。
 
踊り子プリムロゼ
仇討ちのために、仇の拠点へ地下通路を通って潜入する過程で、味方の闇討ちなどに遇う。
いや、地下通路による作戦を提案した、敵への反抗勢力リーダー(サイラス)が、実際は既に変貌していた。
恐らく、罠の中身は→閉鎖空間における火薬爆発と火災。
罠を突破して仇の一人を討つことは出来たが、リーダー自身による不意討ちで刺殺。
→先住民出身だった母(ハンイット)の血を引き、本来は気高い名家の次女。
 
追記。
オクトパストラベラー世界の聖火教会は、地域の首謀者的存在だと見る。
聖火教会の裏の顔は、火薬を専門とする死の商人→外国企業だと見る。
 
大地神ガルデラ云々の逸話も、嘘。
侵略者は聖火神の方。
・サイラスシナリオ一章で聖火教会史が奪われたこと
・トレサシナリオ三章で、フィリエン王国の王の側近、エドバルトの重い盾が出てくること
・ノエルを探る。24才。
「考古学を研究する父親の研究成果は、学院に認められず。父の無念を晴らしたいと考えている。」
「彼は、今は亡きホルンブルク王国を建国したとも言われている伝説の人物よ。架空の人物だって笑う人もいるけど…私は実在したって考える。」
「証明するためにも、伝説にある石碑を探さなきゃ」
・サブシナリオ「歴史研究家ノエル」三章で、古いタペストリーから、
「フェリエン王国は、ホルンブルク王国建国時に、ベオウルフ王にタペストリーを贈った」
「フェリエン王国より、ベオウルフ王に贈る」(なお、フェリエン王国の言語は古ホルンブルク文字に似ているが、「あれ、少し違うみたい」ところどころより文法が難しく、解読困難)(サイラスシナリオ四章と同じ、タペストリーの文様は文字。)。
その前「ベオウルフ王が築いたエバーホルド城塞は見つけたけど。貴重な砦が、劇場に…。これでは当時の痕跡なんて」
・サブシナリオ「歴史研究家ノエル」一章のハイランド地方石碑で、古ホルンブルク文字で、フェリエン文字ではない。
内容は、「この周辺(ハイランド地方)には、フェリエン王国と言う国があったみたい。
フェリエン王国の第二王子こそ、ベオウルフ王だと書いてあるわ!
フェリエン王国と聖火騎士団は、共にある国と戦って勝利したー
その時国王に代わって、第二王子が前線に立ったのね。
相手国を倒したベオウルフ王は、その功績から国を興すことを許されるー
その王国の名はホルンブルク。勇敢なる王を懐く守護騎士の国ー」
「うん、ベオウルフ王の伝承と合致するわ」
 
→「建国以前は、フェリエン第二王子で、聖火教会に支援された」。
サブシナリオ「歴史研究家ノエル」二章で、「死を振り撒く竜と豪勇の王の死闘」
二章の「ストーンガード、風に舞う吟遊詩人 口伝の歴史。既に滅びた国についての詩。 エバーホルドの城塞」には、
「死を振り撒く赤き瞳のドラゴンが現れ、ホルンブルク王国に危機が迫る。
その竜を倒すべく立ち上がったのは、老齢となったベオウルフ王ー
王は竜を迎え撃つべく城塞を築き、命を懸けて竜を討った」
趣旨が描写される。
 
実際は土着信仰を持つ先住民「フェリエン王国」を、国外の傀儡となった武門「黒陽会」「ホルンブルク王国→フェリエン第二王子、赤い目の竜殺し、建国王ベオウルフ王」が、「聖火教会の」軍事支援を受けて滅ぼした。
そして、次は支援していた聖火教会の裏切りにより、傀儡武門「黒陽会」も、教会の闇討ちで口封じされ、資源は国外の末端である聖火教会が根こそぎ強奪した。
大陸の覇者 権力を極めしもの編で、タイタスが緋晶薬研究黒幕とされるが。「赤目」が生物兵器だとすれば、ベオウルフ王は「マッチメイカーに勝たされて」竜殺しになった可能性がある。
→案外、オルベリクエピソード三章のリザードマン達に、エアハルトとオルベリクが挑む場面が、吟遊詩人の歌のモデルとなった場面だったのかもしれない。
ただ、もしハンイットシナリオ三章のように、竜殺しが竜と相討ちになっていたら、第一発見者が手柄を横取りするかもしれない。
それが歴史では?
大地神モデル

コアトリクエ Coatlicue
>>関連項目一覧
古代の中央アメリカの伝承における大地母神。名前は「蛇女」「蛇の婦人」(あるいは 蛇のスカート)の意味。 コアトルCoatlが蛇。
アステカの最高地母神。ウィツロポチトリ神の母。

雨季を司り、農業に関わる。出産や織物の女神だが、狂暴な女神でもある。

参考資料
・ 世界宗教事典 (ヒネルズ:著 青土社)

 
関連項目一覧
ウィツロポチトリ (神)
テテオイナン (女神)
アステカ神話 (文化地域)
古代メキシコの先住民族 (文化地域)
アメリ先住民族 (文化地域)


>> Page top

(C) 幻想世界神話辞典 - GENSO SEKAI Myth dictionary

 
聖火神のモデルは、啓蒙主義自由の女神では?
アメリカの進歩の絵。
ja.m.wikipedia.org › wiki › サンドク...
ウェブ検索結果
サンドクリークの虐殺 - Wikipedia
サンドクリークの虐殺は、1864年11月29日にアメリカ のコロラド地方で、米軍が無抵抗のシャイアン族とアラパホー族インディアンの村に対して行った、無差別 ...
含まれない: 女神 | 含めて検索: 女神
 

ja.m.wikipedia.org › wiki
マニフェスト・デスティニー - Wikipedia
1872年に描かれた「アメリカの進歩」。女神の右手には書物と電信線が抱えられており、合衆国が西部を「 文明化」という名の下に征服しよう ...
 

ja.m.wikipedia.org からの検索結果
www.meisterdrucke.jp › John-Gast
アメリカの進歩、1872... - MeisterDrucke - アート作品
 
アメリカの進歩、1872 作: ジョン・ガスト アートプリントとして。詳細に気を配り、本物のアーティスト仕様のキャンバスに印刷。
 
評価
 
5.0  
 (819)
 
y-sonoda.asablo.jp › 2008/11/26
ジョン・ガストの「アメリカの進歩」: 園田義明めも。
2008/11/26 — これはジョン・ガスト(John Gast) が描いた「アメリカの進歩(American Progress)」。 1872年頃の作品とされています。 時は西部開拓 ...
 
 
 
plaza.rakuten.co.jp › diary
19世紀のアメリカ(40) 第2章 明白なる天命…1 | ザビ神父の証言 - 楽天ブログ
2010/06/11 — 上に掲げた絵は、ジョン・ ガストという大衆画家の「アメリカの進歩 明白なる天命」と題する1872年作の絵です。当時の太平洋岸へ ...
参考
サイラス編四章壁画が示すもの
生と死のコアトルと、ホピ族の予言 大洪水伝承、水の生き物→トカゲ
門 グランドキャニオン
『抜粋

そこで、彼らの守護神である「太霊マサウ」は、

第4世界で生きていくための教えと予言を刻んだ石版を手渡しました。

しかし、その石版によると第4の世界もまた、

人々の邪心が蔓延することによって滅びる危機を迎えるようです。

つまり、物質文明に溺れた人々の傲慢により、大きな悲劇が起こるというものです。

その日は、「大いなる清めの日」と呼ばれています。


この石版は2人の兄弟に分けられ、弟はのちのホピ族の指導者となったようですが、

白い肌の兄は、遠く日出ずる方向(日本?)へ向かって旅立ったようです。

『ホピの神話によると、地球は全部で9つの世界を体験するとあります。

 

・ 第1の世界 ―― トクペラ …… 無限宇宙から人類創造。

・ 第2の世界 ―― トクパ …… 人と氷による大浄化。

・ 第3の世界 ―― クスクルザ …… 大洪水による滅亡。

・ 第4の世界 ―― ツワカキ …… 現在。

 

第4の世界の始まり、つまり今から約1万年前に、

ホピ族の祖先が第3の世界の大洪水を逃れて中央アメリカの西岸に漂着しました。

これまでの3つの世界も、全ては人類の邪心によって滅び去ったようです』

『  

■先祖伝来の「ホピの予言」とは?

ネイティブアメリカンの多くの部族が、先祖伝来の土地を追われ別の地域へと強制移住させられている中、コロラド高原中央部の4州にまたがる地域「フォー・コーナーズ」で2000年以上も前から暮らしている部族がホピ族である。多くの少数部族が消滅の瀬戸際に立たされているが、ポピ族は2010年の統計で1万8327人にのぼっており、まだまだ隆盛を誇っている。

ホピ族には先祖から口述で伝えられている「ホピの予言」がある。伝承によれば、現在の我々の文明は第4の時代(Fourth World)であり、先の3つの文明は“火”と“氷”、それに“水”によって滅ぼされたということだ。一説によると“火”とは火山の同時噴火による大災害であり、“氷”とは氷河期、“水”は大洪水であるといわれている。そして現在の第4の時代も、終わりに近づいているということである。

1958年、アメリカ人聖職者のデイビッド・ヤング氏がホピ族の長老である「ホワイト・フェザー(白い羽)」から、ホピ族に伝わる9つの予言を聞かされた。

https://www.google.com/amp/s/www.excite.co.jp/news/article-amp/Tocana_201609_post_11046/
『www.jp-spiritual.com › hopi1
ホピ族はホピの予言で有名です、アメリカの不毛地帯に住むネイティブ ...
 
ホピ族はネイティブアメリカンインディアン、 フォーコーナズという聖地を先祖から2 ... この不毛の地と思われたホピの住む土地でウラン鉱脈が発見されました。
 
抜粋

ホピの集落ちかくのウラン鉱脈とホピの予言
この不毛の地と思われたホピの住む土地でウラン鉱脈が発見されました。 広島市長崎市に投下された原子爆弾に使われたウランもこの聖なる土地から、ホピ族を騙して採掘されたものでした。 ホピ族の人たちが告げるもの、それは、このまま行くと世界が滅亡してしまう、平和に生きる道を選ぼうと言うメッセージです。

ホピは代々口述で伝えらてきた【ホピのメッセージ】がありあります、ホピの長老はこのメッセージをつきのように語ります:

「ここは、アメリカ大陸の背骨であり、ヒマラヤなどと同様、地球の自然エネルギー震源で、もしここが破壊されたら、全地球的な規模で変動が起きる」 この地面には、使い方によっては人類を滅亡してしまうものが埋まっている。

人類がこれを争いではなく平和に利用することが出来るようになる日まで、この場所に留まりこれらのものを守っていくようにと。 また空から灰のびっしり詰まったひょうたんが降ってきたら、ホピ族に伝わる予言を広く世界に伝えるようにすこと。

『 www.bepal.net › trip › overseas
ウェブ検索結果
ホピの預言とコロナウィルスが教えてくれること|BE-PAL
 
他の人はこちらも検索
ホピ族 沖縄
ホピの予言 映画
ニーマンの儀式
ホピ族 カチーナ
ホピ族 名言
ホピ族 ココペリ
ホピ族 本
ホピ族 壁画
www.excite.co.jp › ... › びっくり
アメリカ先住民「ホピ族の予言」が世界滅亡を断言! 地球に落下する“天国の ...
2016/09/30 — 先祖代々にわたって口述による“予言”を継承しているアメリ先住民族・ホピ族 ――。最近の8つの予言はすべて的中したといわれて ...
 
 
 
ja.m.wikipedia.org › wiki › ホピ族
ホピ族 - Wikipedia
ホピの予言では「母なる大地の内臓をえぐってはいけない」と言われており、地球上すべてのウラン採掘に反対している。 彼らの ...
文化
地下資源
その他
 
『americadaishizen.com › ナバホ族
ホピ族 予言の民 | ラスベガス全集 米国ラスベガス写真家 Ken Kanazawa | 米国 ...
抜粋

「灰の詰まったひょうたん」原子爆弾の事を予言していた。


フォーコーナーズのホピの住む土地にはウラン採掘所があり、広島市長崎市に投下された原子爆弾の原料と成ったウランは、ここから採掘されたものである。

ひょうたんの灰は、とてつもない破壊力を持ち、川を煮えたぎらせ、不治の奇病を起こし、大地を焼き尽くし、長いこと生命を育てなくする。

ホピ族には大昔に別れた「黒髪で肌の白い兄」がいて、「白い兄」は遠く日出る方向に向かって旅立ち必ず戻ってくると言った。

ホピ族の予言によれば大いなる清めの日が切迫する時「白き兄」が二人の従者を従えやってきて世界を邪悪から清め、


平和に導き入れる。従者の一人は卍と十字のマークを持ち、もう一人は太陽の印を持っている。

生命の道を固守し続けた僅かな数のホピ族の生き残りと共に新しい平和な世界を到来する。


この三人が使命をまっとう出来ない場合に「大霊は西からある者」を起こす。

それは非常に多くの冷酷な民である。彼は、大地を破壊し、地上に生き残るのはアリだけになる」


とある核戦争で最後に残るのは放射線に強い昆虫類だけと言う。

「白い兄」はインディアンと同じモンゴロイドで一番肌が白い日本人だと言う説がある。


東に向かった兄はアメリカ大陸からみて極東にある日本列島にたどり着いた。

従者のもつ「太陽の印」は日本の事で「卍」は仏教の事か、ナチスが逆鍵十時をつかった事からドイツ、


「十字」とはローマカトリックのあるイタリアではないかという説もある。

「西の冷酷な民」は全く慈悲というものを知らず、ものすごい数で赤蟻のように地面を埋め尽くす。


ホピは、「世界は今物質への強欲のためにバランスを失っており、世界は終わる。」という警告を発している。


正しい道を選べば発展の道が残されている』

 

考察 ヴァルキリーアナトミア 乎春_騙されてる?シナリオ20201119

考察 ヴァルキリーアナトミア 乎春_騙されてる?シナリオ20201119

とアトラス作品で多い。主人公以外がするならもっと。

しかし、乎春シナリオの場合は、遺留品が不自然である。


先ず、父が仮面の持ち主だと言うのが本当ならば、何故父は仮面を着けたまま死なず、仮面の裏に父の血が着いていなかったのか。血が着いていたかの記述は無いが、父の血が着いていたら乎春も父の物だと、指摘されずとも気づく。

次に、仮面を着けたまま血まみれになった侍の死体だが。通行人が寄っていたのに、誰も片付けなかったのはおかしい。乎春は第一発見者ではないし、恐らくは血まみれになるまで相当時間が経ったもの。

また、死体が血まみれなのに、文が人相書き迄全員分問題なく読める状態で残っているのはおかしい。
恐らく、乎春を誰かが見張っていて、その接近に合わせて文を置いた。


推測すれば、仮面の組織と、負っていた一味などのグループは二つまたは複数あり、敵対関係にある。
そして、恐らくは司法関係の第三勢力が多重スパイをやっており、組織間抗争を煽ることで、分断統治を為している。

最後の仇が言った言葉通り、上が間抜けならば、今の上を傀儡として擁立している強大な外国工作員が、
その国の防諜も請け負っている、か?


考察を続けると、血まみれの武士が何故放置されたのかが鍵になる。
テイルズオブジアビスの序盤を思い出すとイメージつくんだけど、多分、その仮面の武士は異民族や外国人だったのではないか。
現地で忌避されていた可能性がある。関わり合いになるとまずい、とか治療失敗で逆恨みされそうなど。
多分、生前に発見者がいたのに誰も応急手当もしてくれず、傷を長時間放置されて死亡したのでは?
何処か別の場所で死んで、そこから人目につく場所に運ばれた可能性もあるが、そのケースでは死体の血がまだらになるし、運んだ経路に血痕が残る可能性がある。
誰も触れなかったんだろう。誰かが指示している。

こういう話は本来、国籍はどうあれ、被害者や遺体を知っていたならば現地の公務員が「保護責任」「管理責任」を負う筈である。それがない、と言うことは、運がなかったか、あるいはーと言うフィクションならではだ。