とある科学編 過去の事情。考察メモ20200129

 
とある科学編 過去の事情。考察メモ20200129
 
第一勢力・
木山春生とチャイルドエラー低位能力者達。ただの民間人。
 
第二勢力・
木原幻生&被験者レベル6
第二勢力より立場が強い、協力者。
 
第三勢力
木原幻生以外第二勢力に対する、利害対立中の政争グループが存在。
その襲撃者・第三勢力。
研究者内の派閥・利権対立を理由に、第二勢力木原幻生のプロジェクトの一つの、妨害を画策。
襲撃の手口は、サイバー攻撃としての毒リンゴ。何かしらの実験中に、横槍でAIMジャマ-系技術で不意打ちする予定。
第二勢力の実験現場と、第一勢力の実験現場には何かしらの繋がりがあった。
実験現場同士で資材の行き来があった。と言うより。実験現場の末端研究員が、資材の流用、横領をしていた。
第三勢力にとってのハプニング発生。
第三勢力が細工した、第二勢力宛の毒リンゴが。
第二勢力での本命のレベルシックスシフト計画前に。
→バゲージエラーのような、節約のための横流しで。
→第三勢力の毒リンゴが、第二勢力→第一勢力での人畜無害な筈の実験へ、紛れ込んでしまう。使い回しする気だったのか。
結果、第二勢力所属のレベル6に、毒リンゴが炸裂する前に。
第一勢力の、襲撃者にとって完璧にどうでもいいチャイルドエラー達が、サイバー攻撃により被害を受けてしまう。
その襲撃前の暴発、により。毒リンゴの存在に第二勢力が気付く。
暗殺に利用されそうなセキュリティホールが分かったため、セキュリティ体制をより強化した。
表向きは、第二勢力は第一勢力に関わらなかったことに改竄、第三勢力は影も形もない。
第一勢力内部で、木山春生が被験者相手に事故を起こしてしまった、と報告書が製作される。
普段から怪しい第二勢力であるが、この件は意図した結果ではない。寧ろ、落とし穴を仕掛けられた側。
ただ、結果を見て評価するならば、思いがけない形で、科学の発展に役立つ臨床データが舞い込んできた。
第一勢力の「バゲージエラーのような、節約のための横流しで。
→第三勢力の毒リンゴが、第二勢力→第一勢力での人畜無害な筈の実験へ、紛れ込んでしまう。使い回しする気か?」
については、
第二勢力の本番前に、事前の第一勢力の実験でテスト、臨床試験して。
結果的に危険性が分かって、再発防止に繋がる。
安い実験で、本命の高い実験の防御ができて、ラッキーだった。と済ました。
第二勢力にとっては、第三勢力に狙われている意識が希薄だったため、命拾いしたのは不幸中の幸いだった、としか言えない。
→枝先万里達が、アクセラレーターや垣根、麦野達悪にどっぷり使った連中の臨床試験に使われたと思うと。
第一勢力の「流れ弾の被害者となった民間人」達は。
「真犯人の加害者」である第三勢力以上に、暗殺されかけた第二勢力のレベル6の奴等「本来の被害者」に、食い物にされた気がしてしまう。
幻生達に対する、第一勢力の恨みや被害者意識は。
完璧に八つ当たり、被害妄想である。
第二勢力は、理不尽に暗殺されかけて不幸中の幸いで命拾いした、本来の被害者だ。第一勢力に対して何故責任があるというのか?
強いて言えば、実験現場で横流しと使い回しを無断にしていたケチな奴等と、監督責任があるやつの自己責任。
 
 
 

メモ サモンナイトのオリジナル設定20200127 人物相関図。 ムシウタや鎌池和真作品を読んで回想を繰り返す、サモンナイトのオリジナル設定のメモ。

メモ サモンナイトのオリジナル設定20200127 人物相関図。
ムシウタや鎌池和真作品を読んで回想を繰り返す、サモンナイトのオリジナル設定のメモ。
 
始点
召喚師・魔眼の音使い→資源地帯の領主
アーノ、ベルウォレン・リンドヴァル、レシィ
側近護衛獣・妖狐→テコ、パッフェル
×
高位鍛治師兼戦士の妻→エア・コルトハーツ、ユエル
息子→ウィル、トルク
側近護衛獣の一・妖狐→テコ、パッフェル、(クレシア・カミシロ)
側近護衛獣の二・炎竜精→アルヴィル(イスルギ)
「何代目かで、資源地帯でクーデター発生。領外に追われることになる」
「資源地帯故に、
テイルズオブシンフォニア(パルマコスタ、トイズバレー鉱山)、
テイルズオブグレイセス(ウィンドルのラント)や
テイルズオブジアビス(ホド島 エルドラント)、 
ヴァルキリーアナトミアのように。
→内外の悪人に、被害を受けていた。
→半妖精(ハーフエルフ)系の犯罪結社を含む内外の搾取・干渉・策略に悩んできた。
→領主家が、召喚師としての武力や技術を求めたのも、自衛目的が第一。
→難民としてライル一族は受け入れた。しかし資源地帯と領主家は
→ロレイラル世界の侵攻が盛んな時代には。
資源目当ての侵略と、現地犯罪者への武器支援及び横領や密貿易支援を、ロレイラル世界軍にされてきた。
私利私欲の暗殺や、自国王家への独立反乱や、他世界への侵略のためではなかった」
代を重ねて、
偶然師に見出だされた末裔・召喚師→マグナ(グラッド)
側近護衛獣・妖蛇→ハサハ(アプセット)
×
高名な高位治療師(別人)を騙る、
高位サプレス系治療師
(かつて犯罪結社において、魔獣侵食とハーメルンの笛吹事件に荷担した前科者・サプレス系堕天使=悪魔)
→アメル(アリーゼ)、ヴェローチェ
資源地帯を革命で追われた王族末裔兼、
高位治療師の娘
(元犯罪結社重犯罪者・堕天使=半魔。実は、犯罪者の娘)
→トリス、(イスラのキルスレスの憑き物)
側近護衛獣の一・妖蛇→ハサハ
「父親とは別居が続くため、同居している父の護衛獣を、姉さん、と呼んで育った。生涯において、殆どの物は姉ほどの価値が無い。」
「召喚師としても潜在能力が高い。
しかし混血としての、鮮血色の魔眼や、光使い・死霊使い・人形使い・リジェネレーションのユニークスキル系統樹は圧倒的。
サプレス系としては小児の年齢なのに、ユニークスキルも合わせると、信仰対象に成る程稀少。」
 

予知真実 インテリビレッジの座敷童一巻 20200127

予知真実 インテリビレッジの座敷童一巻 20200127
座敷童の予知。ああなる理由。
→姥捨村に少し近い。
あの会話の中で、
「鬼とか人魚が高く売れる」
「竜の鱗、猫又の肉、鬼の角」
→河童のミイラ、
と出ていた。
本来の死因は分からないが、
最低でも、
梁にフックで吊るされた惑歌は人魚。
両足を切られた、と言うところで内幕も人魚。
ガスコンロで焼かれた艶美は肉を食べる類→人魚か猫又など。
首をねじ切られた舞は、鬼か竜。
ようは、あの予知映像は編集後→偽装工作後のもの。
ただし、偽装対象に人魚を入れるならば、舞台は水辺でないとおかしい。
この会話であれば、
全翼機が太平洋上にいた」、というのが鍵か。
風化村とは別な水辺で、人魚や蛇絡みの事件で、ああいう偽装をした。
→そして、事件現場が回線で繋がった、風化村ホテルだったように偽装した、ということか。
→座敷童かは知らないが、予知オカルトは、第三者の捏造済みの物を見せられる、というあてにならないものだったのだろう。
多分、別な場所で構築済みの失敗作が、忍に映像を見せていた。構築中のオリジナルではなく。
他所で安く作られた流用品の、予知。
恐らくは、ハチテレビの明石蜜達が。
オリジナルパッケージ作成に際し、
→自殺の名所-東尋坊などで撮った、呪い倉庫異物をサンプルにしたもの。
根っこにあるのは心霊写真都市伝説。
↓ 
あのパッケージの肝は、内幕の、梁での窒息死か。もう少し分かりやすい内幕の自殺体を発見してから、
→誰かが遺体を両足切断して、
「拷問による他殺」、
に偽装しようとした、か。
機動隊関係者の情報筋から、内幕が最近の事件で、沖縄系海賊の処刑手口に関わった、と知っていたものの偽装なのか?
パッケージ絡みならば、偽装が杜撰だった。
水辺の妖怪の見立て殺人、ならば。小手密惑歌が、事件発生前後に水辺へ旅行してないのに、工作してしまった。
それなのに、インパクトがある水辺の見立て殺人、をオカルト的には民間人の惑歌にしてしまった。
→水辺の見立て殺人の、次点は艶美
見立でなく、潜水艦やポンプを使う場所・減圧室などで、潜水病のような死にかたをしたから、ああ偽装するしか無かった?
地に潜った奴等は、実際には海に潜っていた、か。
 
海に行った艶美をこそ、惑歌の偽装にかけるべきだったから。内幕以外の情報を、偽装した連中は知らなかったのだろう。
小手密惑歌と菱神艶美を間違えた、のか?
→内幕を拷問で殺害したことにするなら、艶美の処刑を見せた後でしたことだと捏造した方が、インパクトがある。
そうなると、忍が疑問に思ったように、
「どの死体も血がどろどろ流れている」
のはおかしい。最低でも、苦しむ殺し方で拷問を受けた内幕は、死亡が遅いはずなのに。
それに、艶美は焼死だから、血の流れが他よりも鈍い筈。
 
話を変えるが。
→機動隊は想定外だろうが、オカルト絡みの勢力が舞でも手に負えない兵力で来れば。
遠くから監視していた、百鬼夜行空対地部隊が増援に来ていたのだろう。
→だから、舞は駄々広い平地の酪農地帯である、風化村を待ち伏せ場所に選んだ。
第二勢力側の偽・祝は、ホテルに仕掛けをしたと思っていた。 
病魔の使役者。「良くて相討ち」
→病魔の使役者が負ければ、「自爆スイッチ」としてトラップを使う、と考えている。
 
ラクリは、オブジェクトでできたエレベーターや、絶叫マシンのように、ホテルの一階部分が地下の密室に一気に降下し、減圧すると言うもの。
才子佳人のスポンサーのように、菱神舞が式神使いだと思っていれば、
「妖怪だけ助かって、人間だけ皆殺しになる」
→中で、菱神舞も助からないと思っていた。
→故に、その階にいた菱神舞の死亡映像を録画していた。
→故に、妖怪である座敷童もすねこすりは、予知映像に写らなかった。
・こんなオチで、忍が言った見取り図を破くことによる、全翼機への遠隔呪詛は幻覚犯の筈。
・そして、第二勢力の偽・祝も、ネタバレしている限りはこのトラップしか用意していない。
→「体を妖怪以上に改造している菱神舞に、オブジェクトエリートが耐えられる仕掛けは、必殺になら無い。」
ただし、映像パッケージが捏造なため、
→必ず発動すると安心した、罠の成否は不明、としか言えない。
→しかも、その罠は一番仕留めなければならない、菱神舞(消耗しているとはいえ)を殺せない。
・口封じした元スポンサーは、妖怪を殺すための技術を、才子佳人から接収した。
・第二勢力である偽・祝一味は、即席の妖怪ミイラ薬製造用の、ミイラ製造用乾燥肉技術を、才子佳人から接収した。
因みに、酪農業が盛んな地域だから、食品乾燥機施設を用意しても、自然だろう。
https://ja.m.wikipedia.org › wiki
ウェブ検索結果
ジャーキー - Wikipedia
ジャーキー (jerky) とは肉を干した保存食料のことである。 南米の先住民の言語の一つであるケチュア ... などで作られる、酢に漬けた後に塩漬けされ、スパイスや、硝石などで保存性と味が付けられ、細長くスライスされた乾燥 ...
 

https://ja.m.wikipedia.org › wiki
乾燥熟成肉 - Wikipedia
乾燥熟成肉(かんそう じゅくせい にく)とは、食肉を調理前にある程度の期間保存することで、食味や食感を変化させた
 
https://agripick.com › ...
たっぷり作れる!おすすめ食品乾燥機10選|業務用&家庭用大容量モデル|農業・ガーデニング ...

業務用やたくさん作りたいご家庭で使える食品乾燥機を紹介。ドラミニやドラッピーなどの定番機種から海外製品まで、価格やスペックをまとめました。またお得に買える中古 ...
 
 
 
https://www.ipros.jp › 食品乾燥機
食品乾燥機 - 企業7社の製品とランキング - IPROS
食品乾燥機のメーカーや取扱い企業、製品情報、参考価格、ランキングをまとめています。イプロス ... 干し野菜・ ドライフルーツが簡単に作れる業務用電気食品乾燥機 です
https://ja.m.wikipedia.org › wiki › ミ...
ミイラ - Wikipedia
ミイラ(木乃伊)とは、人為的加工ないし自然条件によって乾燥され、長期間原型を留めている死体のことである。 永久死体であって「枯骸」とも呼ばれる。 同様に長期間保全 ...
Category:ミイラ
補陀落渡海
即身成仏
石頭希遷
不朽体
明海
楼蘭の美女
 
 
 
 
https://natgeo.nikkeibp.co.jp › web
監修者が解説、特別展ミイラはここがすごい | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
2019/11/02 · 11月2日(土)~2020年2月24日(月) まで、東京・上野の国立科学博物館で特別展「ミイラ 『永遠の命』を求めて」が開催されます。ミイラの不遇の歴史や、  ...
 

https://natgeo.nikkeibp.co.jp › news
ミイラ巡る黒歴史、薬として取引、見物イベントも | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
2020/01/05 · エジプトで発掘されたミイラはかつて、 欧州で薬や顔料として売買され、体を包む布を開く「ミイラ 開き
 
 
 
 
 
 

Haiiroouke 真実20200127  証人保護任務 「バカっぽく見えるよう[作っている]少年」 ↓ インテリビレッジの座敷童一巻 菱神舞が陣内忍を称して。

Haiiroouke 真実20200127  証人保護任務
「バカっぽく見えるよう[作っている]少年」
インテリビレッジの座敷童一巻
菱神舞が陣内忍を称して。
初歩で分かる、途中経過
[サナトリウムの一件、単独犯に見える蜥蜴の尻尾、[遺産相続エージェント]は、もっと深く広い集団だった。
→仮にそうだとしても、遺産相続エージェント現地組がやられて逃げ帰って話が終わる程度、だと思われていたが、そうではなかった]
[何故か。
百鬼夜行周辺の情報収集中に、菱神舞辺りが、
陣内忍?をターゲットにした襲撃計画を察知した?からだ。
詳細は不明だが、クリティカルな情報を知られたために、口封じが必要、らしい。
菱神舞としては、本人の無事は頼まれなければどうでもいいが。
目的・
菱神舞の顧客・祝に危険な、襲撃計画犯グループを辿りたい
小目的・
「ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報」
を聞き出したかった。
→襲撃者の狙いは、直訴前に無かったことにすること。直訴を含めて、手強いやつに情報が転写されれば、釣り餌を狙うのは無駄になる。その情報も、舞ならばより上手く餌に使える。
舞が現場で判断するが、当主も、是非知る価値があるだろう。
襲撃計画犯グループが詳細不明ならば、何時動くか分からないものを待っているより。
こちらから襲うチャンスを渡して、見え見えでも、陽動と餌で釣りたい。
当座のイニシアティブ[チケットの流れ]
舞に相談された、百鬼夜行トップと豆狸
→派遣エージェント・トップの影武者付き豆狸[現場では、二人目の菱神舞に化ける]
→菱神舞
→菱神艶美
→小手蜜惑歌
→釣り餌・陣内忍
これが、風化村ホテルを、忍が訪問するまでの流れ。
風化村ホテルで、豆狸自ら忍に接触
・忍が百鬼夜行中枢の秘密を知っている、その前提でゆすりをかける。
1
百鬼夜行中枢・当主、に似た人物の撮影ビデオを、行きずりに見せて忍に見せる。
・忍が当主を知っていれば。知っていることを、明かすか隠すかの対応に分けられる。更に、口封じに値する秘密を知っている「自覚がある」のか。
→明かすならば、
百鬼夜行当主に繋ぎがあるのか、と会話を選び。
→当主に有益な直訴がしたいから、口封じを望む奴等から匿ってくれ」
→隠すならば、
百鬼夜行当主の姿を見て、顔色を変える。
今回、忍は本当に百鬼夜行当主を知らなかった。
故に判断としては、
・忍は非常に用心深く、相手が口封じ側か分からないから馬鹿なふりを通す。そして、プロにもそれに成功するレベル。
・本当に知らない[真実はこっち]
の二択となる。
折角釣り餌を呼んだ豆狸としては、前者に賭けた。
2
その上で、プロの手腕ならば目撃を回避できたのに、わざとうっかり素人が現場を発見するような形を仕組んだ。
潜り込ませた手の者→松海博マーク2と、わざと殺陣を鮮やかにやって、
釣り餌・忍の冷静さを奪った。
機密を知る当たり籤だと張っているからこそ、
「それを振りかざすな」
「ガキがポケットに拳銃突っ込んでいるより危ない」
と発言していた。自衛手段の装備、または座敷童を使った戦闘用パッケージがあると推理していた。
→全くの徒手空拳だった。次が消火器、ならばオカルトの武装は無い。
冷静さを奪うことに成功してなお、忍とのやり取りの中身は、とんちんかん。
妖怪の業界に関しては、本当に馬鹿→民間人だと、豆狸は確信できた。
豆狸は、ターゲットに期待していた、
「ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報」
を聞き出したかった。
→襲撃者の狙いは、直訴前に無かったことにすること。直訴を含めて、手強いやつに情報が転写されれば、釣り餌を狙うのは無駄になる。
→なのに、賭けは空クジだった。
多段式の罠かは知らないが、
3
豆狸は、意図した相手との電話で、
[一応は演出した、舞が銃を抜くような非常事態演出、というムチの最後通達のカードを切った]
ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報
を吐くのに、一応は期待していた。
ダメ元だったからこそ、偽・祝も
「知っていることは、それで全部ですか?」と尋ねた。
「ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報」
を追い詰められた釣り餌・ターゲットが、命乞いなり懐柔なり脅迫なり、の交渉材料にちらつかせるのを期待した。
強硬路線でも失敗、と言うか豆狸のシナリオから外れたところで。
回線ジャックによって、豆狸の敵対者・[本来の襲撃計画犯グループ手練れ]が、忍に電話越しで接触
豆狸のシナリオ通りならば、回線で繋がった先も、多重の祝側尋問者だった筈なのだ。
豆狸も知らない内に、百鬼夜行内部の不穏分子ー
[忍に、口封じする必要がある機密を知られた、と緊張感を持った連中]に成り代わられた。
振り替えると、
・豆狸達が、釣り餌を襲いやすい風化村に誘い出した、待ち伏せ
・その意図を更に上回る[回線越しの遠隔]の形で、百鬼夜行内部の不穏分子ー
[忍に、口封じする必要がある機密を知られた、と緊張感を持った連中]が、
釣り糸を食い破り、釣り餌を食い千切ろう→口封じしようとした。]
ただ、その部分については、
「それを把握していないとは。あなた、本当になにも(バックボーンを)知らなかったんですね」
と、必要ないから口封じキャンセル、と見破られた。
口封じしたかったのは、現地組から広がった、裏切り者ネットワークと不祥事、なのか?
釣り餌・忍についてはそうでも、
別会計で座敷童・縁を[忍に、口封じする必要がある機密を知られた、と緊張感を持った連中]は狙っていたので。
罠を食い破れると確信した、自分の身内の筈の病魔に、目的達成と口封じを指示した。
その意図が挫かれて、返し箭で反撃された。
 
なお偽・祝とその台本ライターは、最低でも本物当主付きの側近か、内外政に関わる部門の百鬼夜行構成員ではない。
だったら、才子佳人に構成員全滅報告が出されているのに、百鬼夜行が才子佳人を吸収した、とは表現しない。戦利品の形の、資材と資料を回収したことか?
より納得のいく説明として。
・偽・祝は、才子佳人を全滅させた元スポンサー=対オカルト用の武器→鈴を持ち出した奴等を、百鬼夜行と間違えていた、と考えられる。 
・そうなると、元スポンサーが才子佳人を吸収した時期が何時だったのか、を大幅に見誤っていることになる。把握しているよりもずっと前。しかも、吸収しておいて、やっぱりこじれたからと自ら潰している。
感想
→偽・祝も事情通なようで、実は情弱だった。
忍はこいつ本当に百鬼夜行か、と疑っていた懸念が当たり。座敷童・縁は狙っていたのが百鬼夜行でないのに、的外れなことをしている、とシリアスがった。
話を変えると、二通目の電話の主も
「家人が自ら問題を解決しなければ、根本的な解決にならず、幸福は訪れない」と言っているため。本人の自己認識では鎖国派らしい。鎖国派のカテゴリの中でも、小グループに散っている?
さて、大筋。
真実の結論。
「実際は、餌を口封じしたい第二勢力と、その様子を知って餌を守ろうとする第一勢力の二者に、ノーマークの第三勢力がいた。
元々は第三勢力は途中まで主犯として、従犯の第二勢力と癒着していた。しかしリストラ対策のために、白色革命の形で、第二勢力の口封じをする必要が出た。
第三勢力が、第二勢力の首を狙い出した。
目立つし、腕に自信がないから、第二勢力を弱らせる必要が出た。オカルト同士の潰し合いで漁夫の利を狙えば、一石二鳥以上の得がある。
第三勢力が、第二勢力に、
「餌が第二勢力の機密情報を知って逃走中だ、至急口封じしろ」、と嘘をついた。
更に、第三勢力が第一勢力に
→わざと第二勢力の餌の狩り情報をリークした。
 

第一勢力が先に餌を確保し、待ち伏せ場所に誘導。
第三勢力はその事を傍受できた。だから、更に上手をいく第三勢力が、二者の決着後に突入しよう、と計画。
餌を挟んで、第一勢力と第二勢力がオカルト同士の潰し合いをして、最低限、不祥事の生け贄羊用途で、第二勢力の首をとれるように。」
 
忍を挟むと。
結論。
「実際は、餌を口封じしたい第二勢力と、その様子を知って餌を守ろうとする第一勢力の二者に、ノーマークの第三勢力がいた。

元々は第三勢力は途中まで主犯として、従犯の第二勢力と癒着していた。しかしリストラ対策のために、白色革命の形で、第二勢力の口封じをする必要が出た。

第三勢力が、第二勢力の首を狙い出した。

目立つし、腕に自信がないから、第二勢力を弱らせる必要が出た。オカルト同士の潰し合いで漁夫の利を狙えば、一石二鳥以上の得がある。

第三勢力が、第二勢力に、
「餌が第二勢力の機密情報を知って逃走中だ、至急口封じしろ」、と嘘をついた。
更に、第三勢力が第一勢力に
→わざと第二勢力の餌の狩り情報をリークした。
百鬼夜行周辺の情報収集中に、菱神舞辺りが、
陣内忍?をターゲットにした襲撃計画を察知した?
詳細は不明だが、クリティカルな情報を知られたために、口封じが必要、らしい。

菱神舞としては、本人の無事は頼まれなければどうでもいいが。
目的・
菱神舞の顧客・祝に危険な、襲撃計画犯グループを辿りたい
小目的・
「ターゲット自身が襲撃される覚え
→口封じする理由となる、機密情報」
を聞き出したかった。
→襲撃者の狙いは、直訴前に無かったことにすること。直訴を含めて、手強いやつに情報が転写されれば、釣り餌を狙うのは無駄になる。その情報も、舞ならばより上手く餌に使える。
舞が現場で判断するが、当主も、是非知る価値があるだろう。

襲撃計画犯グループが詳細不明ならば、何時動くか分からないものを待っているより。
こちらから襲うチャンスを渡して、見え見えでも、陽動と餌で釣りたい。』
第一勢力が先に餌を確保し、待ち伏せ場所に誘導。
第一勢力は、第二勢力を罠で狩るつもりだ。
第二勢力は、非実体の遠隔呪詛で第一勢力の罠を食い破って、餌の口封じをやりおおせる気だ。
第三勢力はその事を傍受できた。だから、更に上手をいく第三勢力が、二者の決着後に突入しよう、と計画。

餌を挟んで、第一勢力と第二勢力がオカルト同士の潰し合いをして、最低限、不祥事の生け贄羊用途で、第二勢力の首をとれるように。」
 
 
 
 

Haiiroouke 真実 20200127 インテリビレッジの座敷童一巻と四巻 [結論 飼い猫が逃げたような話。 雪女が、座敷童・縁のように、「渡り歩いた、そこで行われていることの一端を垣間見て、」 飼い主の悪事を話せる状態で、家から逃げ出したから。 逃げた猫が警察に告げ口する前に、無かったことにしようと。 飼い主は、増援を外から呼んで、逃げた飼い猫の口封じを依頼した。

Haiiroouke  真実 20200127 インテリビレッジの座敷童一巻と四巻
[結論
飼い猫が逃げたような話。
雪女が、座敷童・縁のように、「渡り歩いた、そこで行われていることの一端を垣間見て、」
飼い主の悪事を話せる状態で、家から逃げ出したから。
逃げた猫が警察に告げ口する前に、無かったことにしようと。
飼い主は、増援を外から呼んで、逃げた飼い猫の口封じを依頼した。
→「飼い主[施設の警備員スパイ]は、
増援[猟銃ハンター集団]を外から呼んで、
飼い猫[雪女]の口封じを依頼した。」]

「実はメジャーな、マッチポンプ
「楽して儲ける」、が遺産相続エージェント?の理念だったそうだ。
多分、サナトリウム内部で被害にあったと言うお年寄りも→猟銃ハンター達の身内。

繰り返すが、
「童話 雪女」のように、お年寄りと猟銃ハンター達は身内、つまりグル。
振り込め詐欺や訪問販売員詐欺に、ターゲットと同年代を使う、老老詐欺だったのだろう。
どういう利益モデルか。
作中の遺産相続エージェントだけでなく、サナトリウム施設つきの警備員と、職員の一部、本当に善意の第三者の金蔓お年寄り付の警備員の一部、「可能性的には、惑歌つきの警備員達」が。
→今回の雪女騒動で儲ける、敵の現地グループ。
雪女騒動や、宿泊客が必ず死ぬ部屋、によって。警備業の需要はバブルとなった。

惑歌が見抜いた、遺産相続エージェント達では全員ではなく。忍の回想では、足りない。
もし忍が、クリティカルなことを本当にしていれば、端役だと思っていた施設職員やお年寄り達の警備員に、後ろから刺される-具体的には毒殺されていた。
楽して儲ける、はともかく。
今回の犯罪の後ろにあるのは雇用問題、就職難だったのかもしれない。
ただ、それだけでは遺産相続エージェントが、騒ぎの前後に出てきた説明がつかない。自称・対オカルト専門家の賞金稼ぎ、の線もあったが。
それに、本質はマッチポンプならば、雪女に対しては本気で猟銃で追い回していた、という説明がつかない。
「本質はマッチポンプならば」という前提が崩れた。
より具体的には、何かしらの雪女側の事情で、本当に警備員達側から離反してしまった。
家の飼い猫が逃げた、程度ならば良いのだが、
その飼い猫は飼い主の悪事を知っていて、悪事に関わっているから、警察に詳細を話すことが出来た。
→飼い主の急所を握っていたのだ。
雪女が、座敷童・縁のように、「渡り歩いた、そこで行われていることの一端を垣間見て、」
飼い主の悪事を話せる状態で、家から逃げ出したから。
サナトリウム内の職員スパイ側はこのトラブルに急遽、繋がっている犯罪組織経由で、増援組のライフルハンター達「遺産相続エージェント?」を発注。
トラブルに対する特別プロジェクトチームが、遺産相続エージェント?だったわけだ。
四巻の、艶美の自作自演の白蟻駆除のような、盗聴ブレイカーズや。
外堀刑事と大きな犯罪組織・日本支部安楽会有力者の、対話パイプのように。
結論
飼い猫が逃げたような話。
雪女が、座敷童・縁のように、「渡り歩いた、そこで行われていることの一端を垣間見て、」
飼い主の悪事を話せる状態で、家から逃げ出したから。
逃げた猫が警察に告げ口する前に、無かったことにしようと。
飼い主は、増援を外から呼んで、飼い猫の口封じを依頼した。
→「飼い主[施設の警備員スパイ]は、
増援[猟銃ハンター集団]を外から呼んで、
飼い猫[雪女]の口封じを依頼した。」

メモ インテリビレッジの座敷童一巻 プロローグに見る。 巻き込まれた一般人目線の顛末20200127

メモ インテリビレッジの座敷童一巻 プロローグに見る。
巻き込まれた一般人目線の顛末20200127
四巻、裁木を助けようとした刑事の顛末
ターゲット・雪女、少年時代の殺し屋裁木
民間人・陣内忍、?
ターゲットは手練れ。通常の遭遇戦では劣勢。
「罠に追い込んで、敵がトラップによるダメージで混乱したところを、追い討ちで一気に制圧する」作戦。
まず、あるベンチに時限・条件式のトラップを仕掛けておく
ターゲットの追い方を工夫。わざとベンチに誘導
トラップ起動タイミングに合わせて、追い討ち。
の筈が、通りすがりの民間人が、ベンチからターゲットを追い払ってしまう。
民間人の側でトラップ起動。
民間人をターゲットと誤認?
自分が通り魔にあったと思った民間人が、全力逃走。
追っ手が、民間人かターゲットか認識できないまま、追跡。
結果的な事故として、追っ手はターゲットを見失って、ミスリード事故を起こした。
民間人がこのままでは狩られそうだから、事態が分からないまま、周辺環境を利用したトラップを用意
逃げ込んだ先の農園境界線の、高圧電流網で侵入者前後を挟み、警備員急行の時間を稼ぐタイプの、トラップ。
それにわざと民間人がかかって、バリアにした。
トラップにより、民間人が追っ手から逃げ切る。
追っ手が、作戦を切り上げて帰還する途中で、通り道で致命誘発体に遭遇。運悪く死亡。
詳細は、夜道→夜雀→犬神筋→
・犬神が憑いたノコが故障する→ノコに猟銃が対応
・犬神は耳から入り、臓器に憑き、各種症候群を招く→バイオハザードとゾンビパニックへ
と言うシステム。
事件後。
追っ手の知人は、追っ手はターゲットを所属組織から救うために一生懸命だった、と追悼。
追っ手の知人は、ターゲット追跡作戦中の死亡だったため。ターゲットが追っ手を殺害した、と誤認した。ターゲットからすれば、言いがかりでしかない冤罪。
民間人にしろ、正当防衛だった。追っ手に追われたのは、追っ手側の確認不十分→過失→人違いだったのだから。
追っ手側の確認不十分という過失による、
善意の第三者民間人が行った、
不幸な誤解に基づく正当防衛
→追っ手の死亡事件。
追っ手は、ターゲットを闇から救えないまま、道半ばで死亡した。
ターゲットの所属組織内で、冤罪が理由で、ターゲットはオカルト専門家の地位を気づき、後戻りできない訓練を受ける。
十年後、犯罪組織内のオカルト専門家として、顧問魔術師になったターゲットの姿が。

メモ インテリビレッジの座敷童一巻 プロローグに見る。 巻き込まれた一般人目線の顛末20200127

メモ インテリビレッジの座敷童一巻 プロローグに見る。
巻き込まれた一般人目線の顛末20200127
四巻、裁木を助けようとした刑事の顛末
ターゲット・雪女、少年時代の殺し屋裁木
民間人・陣内忍、?
ターゲットは手練れ。通常の遭遇戦では劣勢。
「罠に追い込んで、敵がトラップによるダメージで混乱したところを、追い討ちで一気に制圧する」作戦。
まず、あるベンチに時限・条件式のトラップを仕掛けておく
ターゲットの追い方を工夫。わざとベンチに誘導
トラップ起動タイミングに合わせて、追い討ち。
の筈が、通りすがりの民間人が、ベンチからターゲットを追い払ってしまう。
民間人の側でトラップ起動。
民間人をターゲットと誤認?
自分が通り魔にあったと思った民間人が、全力逃走。
追っ手が、民間人かターゲットか認識できないまま、追跡。
結果的な事故として、追っ手はターゲットを見失って、ミスリード事故を起こした。
民間人がこのままでは狩られそうだから、事態が分からないまま、周辺環境を利用したトラップを用意
逃げ込んだ先の農園境界線の、高圧電流網で侵入者前後を挟み、警備員急行の時間を稼ぐタイプの、トラップ。
それにわざと民間人がかかって、バリアにした。
トラップにより、民間人が追っ手から逃げ切る。
追っ手が、作戦を切り上げて帰還する途中で、通り道で致命誘発体に遭遇。運悪く死亡。
詳細は、夜道→夜雀→犬神筋→
・犬神が憑いたノコが故障する→ノコに猟銃が対応
・犬神は耳から入り、臓器に憑き、各種症候群を招く→バイオハザードとゾンビパニックへ
と言うシステム。
事件後。
追っ手の知人は、追っ手はターゲットを所属組織から救うために一生懸命だった、と追悼。
追っ手の知人は、ターゲット追跡作戦中の死亡だったため。ターゲットが追っ手を殺害した、と誤認した。ターゲットからすれば、言いがかりでしかない冤罪。
民間人にしろ、正当防衛だった。追っ手に追われたのは、追っ手側の確認不十分→過失→人違いだったのだから。
追っ手側の確認不十分という過失による、
善意の第三者民間人が行った、
不幸な誤解に基づく正当防衛
→追っ手の死亡事件。
追っ手は、ターゲットを闇から救えないまま、道半ばで死亡した。
ターゲットの所属組織内で、冤罪が理由で、ターゲットはオカルト専門家の地位を気づき、後戻りできない訓練を受ける。
十年後、犯罪組織内のオカルト専門家として、顧問魔術師になったターゲットの姿が。