因縁ーカルマルート 誰が誰の仇か。

ひょっとしたら、ソルを殺したのは、祖先であるファリエルなのかもしれない。

レイムに対するアメルの台詞は、
ソルに対するリプレの、
リョウガに対するバスゥの台詞なのかもしれない。
レイムの依り代の仇がメルギトスだったろうことを考え、サモンナイトクラフトソード編でサクロを倒していたのが操られていたウレクサだったことを考えると。
人形を操っていた吸血鬼傀儡師だったバリスタパリス=ファリエルが子孫の一人サクロ=ソルを殺したことになる。
サモンナイトクラフトソード2編でエアがリョウガを倒すのは、結局同じことである。

サモンナイト6のイストー異識体?創造主関係が
ソルーファリエル関係とすると。

つまり、図式上。
ギアンはギアンの父親を、
先祖である高位幽角獣に殺されていたことになる。
仇討ちすると、血縁内の殺し合いになる。




語られざる因縁ーカルマルート 誰が誰の仇か。


ビジュ
バノッサの父親
➡ビジュを殺したのはセルボルト家オルドレイクの妻ツェリーヌ。サモンナイト1のオルドレイクがサモンナイト3と同一人物か不明だが、結果的な血縁上の父の仇討ちとしてバノッサに討たれる。

肝心の仇のツェリーヌは医療上の都合で病死、と公式設定ではなっている。

バノッサの母親
フリップに実験された、か。
公式設定上はリプレの同類。サモンナイトクラフトソード2を元に類推すると。ビジュの父親=義父の人体実験により人ならざるものとなり死去。二児の親となった自分を助けてくれた子持ちのヒーロー、ソルもいたが、結局は戦死。子供の片方ー弟を抱えて生きるも、死去。
捨てた男はビジュで、酷い目に遭わせた召喚士はビジュと言う話になるが、最低限ビジュは戦場におけるトラブルで戦死したのであり、バノッサの母親は男に捨てられたのでは無い。義父に捨てられた。
(そういう理由でリプレに似たアメルとの会話中フリップは脅える。)
ヒーロー=リョウガ役と見なした男はあくまで羨望の対象で、別にいる。

イスラ。
ファリエルの父親
実は、アルディラ、ファリエルの関係は尊属関係が逆。配役ミスはともかく若作りした年増はファリエルの方。
更に言えば。イスラ、ファリエルの関係はマグナ、トリスの関係であり、父娘。イスラの方がファリエルより年上であるべき。周回違いだが。

本来、「血縁上の父のイスラ」の仇がオルドレイクとなり、立ち会った相手セイバーが因縁の相手となる。セイバーVSイスラに関して言えば、決闘中にオルドレイクが横合いから狙撃してとどめを刺したようなもの。
ただ、最期のオルドレイクの口調はリシェルの家の物であり。本来のファミィの家系がファリエルの父の仇となる。口調からして、恐らくはゼノビスのアドペック家が仇。
つまりレンドラー、ファミィ(男女のどちらが縁者か不明。恐らくはファミィの恋人がアドペック家)、リプレ、リシェル、バノッサはアドペック家の縁者である。

ギアンの父親
サクロの同類。
クラストフ家に敵対するもののスパイとして送り込まれるものの、監視対象への感情移入により派遣元へ反旗を翻し、死去。
恐らくはカサスの血縁の好敵手。直接手を下した実行犯で無く、罠に嵌めた奴が仇。ティアーズクラウン編を考えると、竜人とも因縁がありそうだがー。ネスティの苦悩を考えると。自らを監視・抹殺対象の元に送り込んだ上役に対する、監視対象へのリマ症候群を発症し。叛意に気付いた上役に敵方の第三勢力の元に騙されて送り込まされ、レイムの依り代同様死去。


ファリエル・アルディラ。
本来の家系における先祖・子孫。
フリップ、カラウスのやりとりを見るに、ファリエルの同類は最終的に子孫に討たれる。
尊属関係上の血縁であろうと、繭世界の異識体扱いされて討たれる。



モナティ➡ヤトト➡トム・ソーヤー➡カミジョウトウマ?

まさか、とは思うが、とある魔術の禁書目録シリーズの上条当麻の名の由来もトム・ソーヤーに由来して、その名繋がりでモナティの同類と仲良いのか?

マーク・トウェイン➡モナティとガウム、 サミュエル・ラングホーン・クレメンズ

サモンナイト作中で良く悲惨な目に遭うレビット一族。
最低でもフィリップ・グレイメンは縁者だ。ハックルベリー・フィンに由来するのだろう。
マルディーニ家の生徒の冒険の由来も、トム・ソーヤーの冒険に因んだ子供の話だろう。
ギャレオ、の名は本名のミドルネーム。ラングホーン由来か。ボルガノも近そう。
ヴァルゼルド、の名は蒸気船ペンシルヴァニアより。



よく、この一族がシナリオ上リビエルやファリエルの同類と入れ替わるが、悲惨ルートである。
メルギトスの由来が、クレメンズ、は流石に無いと思うが。巡りの大樹、の名の由来って、まさかね。



QED 離魂病バイオテロ あのギアンが逆の立場であれば、火祭のことさえ思い至れば、対処できただろう。 

解決法、前の注意
特定の周波数以外の光に当てると、却って悪化するように仕掛けることで、正解から遠ざかるようにしているだろう。だから、下手に直射日光に当てたりする安直な対応をすると危険である。医元病になりかねない。
 
 正解は、パスコードとして設定された特定の周波数の光を活用すること。例えば、聖なる火種を試料として割り出した周波数を持つ灯火を、ロレイラル系で再現すること。
 
証明
アカネを見ていればわかるように、召喚されるだけで耐性がつく病、リィンバウムでリィンバウムの生き物相手に使うしか使えない。それどころか、一部の召喚師しか知らないほどマイナーな、記録的な大流行もないーそれゆえに抗体を持つものがいない病。一部の召喚師が保管していない限り、ウイルス自体が絶滅している。
魔力を吸い続けなければ生きていけないカビ、ではなく、特定のトリガーで、魔力吸収の活動/休眠をスイッチしていると見る
リィンバウムの生き物相手に使うのは、リィンバウムの人間の召喚師くらい。罹患しかねない本人たちが扱うための制御法は必ずある。
ギアンは「君たちとの決着をつける舞台の準備が整っていない」と言っていた。自己顕示欲と承認欲求が高い奴な以上、勝負、知恵比べになる要素を用意している。聖獣はサプレスの縁者だし。
知恵比べで考えるなら、なぜ黒い雪の形をとるのか。広範囲召喚呪詛なら、全くの無合図で起こすこともできるはず。
答えは、雪を降らす雪雲で薄暗くするところに環境設定があるから。雪雲で遮ることで、辺りの光の波長をコントロールし易くしたわけだ。
 
メイトルパの聖火も、火種や熱源としてではなく、光源として闇を払うところが重要なのだから。光を継ぎ続け、部族間で輪のように、歴史的な螺旋のリレーをさせ続けているということだ。
 
サモンナイト2後のアメルの聖樹を考えればいいように、光と水が鍵。カビが本質だし。
 
後は、ミントなど対処要員を回復させて治療法を検討するか。
打つ手なしだから取引に応じる、ふりをして守護竜の瞳を持ってこさせ、光で対策して隙を作った上で奪い取り、至竜の記憶に答えを求める。
 
それが正規の対処法だろう。
マリアージュの力すら吸収されたらお手上げなのだから。寧ろギアンが制御しきれなくなる公算すら出てくる。
 
 
 
なお、ゲックとポムニットすらこの回答は知らないだろう。ギアンは他人を信じていないため、良心に耐えかねてネタバレされるケースが起きない手段を選んだはずであるから。橋を落とそうとしたときのレンドラーとの会話を見る限り、ゲックが新たに答えに至れた、とも思えない。
 
 
 
 

サモンナイト6 峠の魔物 医学面の分析と、村と母親の生存ルート考察



モノローグ
天狗は峠のちのまたの神と呼ばれる。
天狗は本来、良くない方向からよくないものが入ってこないように見張る、塞の神の属性を持っていた。

「近づかないで。そしたら、大丈夫だから。
近づかないで。悪魔の力を使わせないで」
「命を吸い取る魔物。みんな動かなくなって。」
「(戦闘後)力が入らない」
「涙が止まらない」

サモンナイト6 峠の魔物

結論。ポムニットの略奪の力のせいで村が滅びたわけでは無い。
どう見てもサモンナイト6時のポムニットは力のオーバーフローを起こしていた。あれはもはや力の塊だった。
世界の違いはともかく、幼少時のキャパが少ない時にそこまで吸い込み続けるとは考えにくい。
思うに、境界種は、外界からの刺激への耐性がー弱いものもいる。悪魔で無い部分はアレルギー反応持ちなんだ。
そしてー幼少時に村人が命を吸い取られ続けていたと言うことはーポムニット以外に力を吸い取る存在がいたと言うこと。地域単位で悪性の流行病が起きていたり、とか。
ポムニットだけは無事なときに疫病罹患者が近づけば、罹患者の肉体ごと病原体扱いして、悪魔の力自体が防衛反応を起こす。
肉体同士の戦力比は明らかに勝っているとしても。
悪魔の力自体の防衛反応故に、アレルギー症状のように涙が止まらなかったり、発熱による疲れなどが起こる。

その村人達、考え違いのせいで、ただでさえ流行病で生死の縁にいるときに、悪魔退治の追跡劇のつもりで無関係なことに体力費やし続けたせいで、あの世逝きになってしまったんじゃ無いだろうか。

そう考えると、狂血の呪い病にかかったカサスが変身のトリガーになったのも、医学的な防衛反応とも読み取れる。
カノンの共感は、平素なら正しいのだろうが、それ以前に暴走そのものとは関係ない。

いや、あの状況で力が吸い取られていたのは、無意識のアレルギー反応で略奪の能力が発動するからかもしれないが。

そう考えると、ブレイブクリアの同性だけでクリア、と言うのも、拒絶反応の起きやすさに由来する故だろう。

疫病の中生き残っていたと言うことは。ポムニットを倒して大人しくさせるだけの武力と。寝かせて採血し、抗体を採取する段階までいける医療水準さえあれば、ポムニットの村と母親は生存ルートに届いた、と言うことだろう。

そんなの、一般の村に備わってないって。旅の召喚士一行が適切に対処できるかどうか、なんて奇跡的だろう。


ソードアートオンライン19巻 暗黒術士上位はどこへ行ったのか。

「連中の生きることに対する執念は魔獣並。十人が十人戦死する程潔い連中じゃ無い」

ソードアートオンライン19巻 暗黒術士上位はどこへ行ったのか。
今回の事件に関わっているので無いか、と言う。

少なくともまだ準備期間不足で、時期が悪いはず。
「どこかの穴蔵に息を潜めているんじゃ無いか。」
違う。
ダークテリトリーと人界のリソース差が歴然な時に、イスカーンを頭に抱いてなおダークテリトリー世界に責任を持つ理由がある方がおかしい。

どんな手段を使ってでも人界に紛れ込んで。四皇帝戦争時に連絡役を派遣し一斉蜂起するようタイミング調整して、
それでなお代表剣士側の勝ち組についたのだろう。シスターとかに化けて。
人界中の混乱と戸籍管理不全に乗じて、肌の色を調節して他の土地からの訳ありを装って玉の輿や新人発掘に精を出したのだろう。
今頃は、若奥様になっているとすれば笑えるだろう。人界の治安勢力にばれないように。逃亡するしかるべき理由を信じ込ませた男との内縁の間柄、年齢を詐称しての高齢者への養女縁組、死亡確認した相手への成り済ましによる成り代わりで戸籍確保、催眠による記帳役買収
など、
いずれかの勢力に入り込んだり、勢力作りのための傀儡の夫への内助の功ごっこなど、各種準備に勤しんでいる、と言う笑える展開か。
アドミニストレータの栄達同様、それまで硬直化していた人界社会の政治闘争など。暗黒界で同じ暗黒術士相手に政争繰り広げてきた連中にはお飯事扱いだろう。
キリト達の暗黒術士暗躍への警戒は正しい。しかし真に表面化するのは、10ー60年くらいと、潜入した連中が後継者育成などの勢力基盤確保を為し終えた後だろう。
一応不老で無いし、初代の世代が全盛期を過ぎようとする頃、勝負に出て来る奴が出る、と見積もるべき。