解明 テイルズオブヴェスペリア 山場 ベリナス死亡事件。 この件の構図が、テイルズオブゼスティリア サイモンの行動の歪みに繋がっていく。 ユニオンが影のクライアントからの強要で動いていたと、仮定する創作。

解明 テイルズオブヴェスペリア 山場 ベリナス死亡事件。
この件の構図が、テイルズオブゼスティリア サイモンの行動の歪みに繋がっていく。
ユニオンが影のクライアントからの強要で動いていたと、仮定する創作。
 
先ず、エルシフルに関する帝国の背信をクロームが憂慮していたが、その件とユニオンーベリナスの背信はニュアンスが違う。
 
一応、あの件はベリナスが使者を待たせるタイプだったことも災いしていたため、ユニオン側の意思が乱れたことのせいだけではない。
 
先ず、レイヴンとドン・ホワイトホースの外交行為は、あの段階ではユニオン全体を介さない、要人による極秘の打診に過ぎない。
ユニオン全体に表明していない限りは、ユニオン全体の組織行動に数えられない。
経緯はどうあれ、最近のことに関してはフェローからユニオンの街を襲ったことが発端のため。ユニオンがフェローを敵視している中で一部要人がフェローの同族→ベリナスに対話を持ち込むのは、ユニオン全体方針に反する独断行為であるのに違いはない。
 
あの手紙を出した段階では、ベリナスとの融和路線がドン・ホワイトホースの本意だった。
 
しかし、使者を出した後に状況が急激に動いた。
 
ユニオン全体に影響力を与えるような相手から、協力姿勢を依頼されたのだ。
恐らくは帝国軍上層部ー帝国利権関係者だが、詳細は不明なためクライアントX としよう。
そいつの現在の作戦行為に協調しないと、軍との衝突を蒸し返したり、ベリナスへの嫌疑に連座させ、闘技場のフレン連勝→営利賭博を成立させ難くするーのように営業妨害する、と脅してきた。
取り敢えずは協力姿勢を見せるため、聖核集めの指示だけは出した。積極的に履行するかは、ドン・ホワイトホースの裁量にする気で。
 
 
クライアントXにせよ、今回はユニオンはついでにすぎなかった。目的はあくまで、
「ヘルメス式ブラスティア破壊を繰り返す龍使いと使役龍バウル。及び帝国評議会側要人を含む満月の子殺害計画犯フェロー。両者テロリストの討伐。」
必要の比重としては、既に明確な被害を連続して出している龍使いの方が、実益上重かった。
 
 
その作戦を展開したいのだが、正面からの撃破は戦力上難しい上に、両者航空機動力に優れるため、まずかくれんぼとおいかけっこを普通にやっても失敗する。
 
釣りの要領で待ち伏せすることにした。
 
その餌の役が今回のベリナス。ある意味、ヴァルキリープロファイルジェラートに近い立ち位置。
 
クライアントXの本命は、ベリナスーフェローに霊長間の繋がりがあり、固定された拠点があるベリナスが窮地に陥れば、フェローが周囲に現れるのでないか、と画策してのもの。
 
クライアントXの常備戦力は帝国騎士団。誘い役の部隊に拠点を包囲、ベリナスへの危害を暗示させ、フェローが現れたところを、周囲一円により広く敷衍した罠と伏兵で狙い撃ちすること。
フェローに限らずバウルと龍使いもだが、連中はクライアントXが思うよりドライだったため、テロ活動のオフに知人に同行して現地に居合わせただけだった。
そこまでベリナスとのコネクションもなく、ベリナスにせよ動向を事前通達されていなかった。
 
 
クライアントXについては、ベリナスを脅すために、成功しない襲撃ー威圧をユニオンにさせることが主目的であり、ベリナスがテロリストの共犯だった場合討伐するのであれば、自分の帝国騎士団に武勲を持たせるつもりだった。
ユニオンに協力を強要しておきながら、使い捨ての牽制役程度に使うつもりだった。
 
が、牽制のはずの使い捨ての鉄砲玉が、クライアントXの作戦行動上の囮として成果を挙げる前に、クライアントとしては運悪くベリナスを射殺してしまった。
 
結果を見れば、クライアントXの今回のターゲットはテロリスト両者のため。
サポート程度の役に先行され過ぎて作戦に必要な手段ー囮役を自損されてしまった。クライアントXとしては仲介人を介しすぎたため、機密保持も兼ねて→渡す情報を控える意図で、大味な依頼をしたのが仇をなした。
 
ターゲットを誘う囮役を失った以上は、ベリナスー闘技場の街の包囲を続ける意義はクライアントXには無い。
自分の依頼が原因で起きた、両ギルド関係悪化を放置して、騎士団の包囲を撤収させた。
「素材を持ってくれば報酬を渡す」、という依頼だったため、「取引はするが、それ以外の全責任は請負人持ち。
やり取りする素材すら用意しないのに、依頼遂行過程のトラブル対策に協力する責任はない。」という対応だった。
その時のベリナスに関しては、依頼すら本命の意図ではなかったことだし。寧ろ、クライアントXはユニオンを巻き込まない方が、囮役ベリナスを活用してのターゲット討伐見込みがあった。
 
ベリナス死亡事件の顛末は以上である。ベリナスと戦士の殿堂は、今回の件にしては完全に被害者で、テロリストのとばっちりとクライアントの勝手な作戦に組み込まれたため、この結果となった。
 
 
ドン・ホワイトホースとしては、ベリナス死亡後に。クライアントXが求める両テロリストの内、特に龍使いとバウルの首を上手く使い、和解に持ち込むつもりだった。
 
クライアントXの狙いが両テロリストと言うのはドン・ホワイトホースには掴めている。
ベリナスを使うことに失敗してユニオンを使い捨てたわけだが、クライアントの狙いのどちらかでも確保できれば、クライアントと交渉の余地が生まれる。
ベリナスを死なせた補填に、「クライアントと駆け引きする手柄をユニオン側で用意」した上で、小切手のように戦士の殿堂に支払う。戦士の殿堂が手柄を用意したことにしてクライアントから成果報酬を受け取り、クライアントが表向き帝国騎士団の手柄だったと改竄すれば。帝国騎士団がテロリスト討伐したと表明できて、その裏でクライアントも両ギルドも和平をなし、幸せになる。
結局はクライアントも、以降の作戦抜きで成果を買えるため駆け引きに賛同する。クライアントがそこで対エンテレケイア路線を止めるかは微妙だが、当面の本命は両テロリストの被害抑止なため、止まる余地が生まれる。
 
戦士の殿堂にとってのベリナスがそれで済むかは微妙だが、ギルド同士の付き合いとしては妥当な交渉プランだろう。
 
ドン・ホワイトホースとしては、イエガー討伐を試みたのはそのプラン失敗時に備えて。イエガーに自覚はないが、ドン・ホワイトホースにはイエガーは必ず倒す必要ある因縁の相手。
しかし、この状況で試みたのは今回の件に関わりある。
 
ドン・ホワイトホースの交渉プランも、魔狩りの剣が龍使いを打つ前に時間をかけすぎたため→というか戦士の殿堂の動きが早すぎたため成立しなくなった。
 
本来は、ドン・ホワイトホースの首は支払わずに、交渉プランにするつもりだったが。ドン・ホワイトホースの側も何故かイエガーが魔狩りの剣に介入ー情報収集しようとしている情報を掴んだ。
成る程、ユニオンの魔狩りの剣がテロリストの首を確保するのが交渉プランの要であるなら、ユニオン以外の別口が手柄を挙げては交渉が成立しない。
ユニオンには、クライアントXに使い捨てられて、何の成果も無く戦士の殿堂と紛争に陥った、という末路が非常に不都合なため。
交渉材料ー龍使いを自分で狙うか、交渉材料確保の部隊に妨害をしそうな、この状況では猟師ライバル足るイエガー一味は非常に都合が悪い。
その瓦解、手柄確保能力を奪う目的でドン・ホワイトホースはイエガーを狙った。
 
イエガーの脅威を考えれば。
両ギルドが潰し合い、そのトップ後釜にイエガーが収まり、より利権に靡く形で、帝国と大ギルドとの取引利権を独占する未来はードン・ホワイトホースにとって想像に固くなかったのだろう。
 
ギルドが行政運営する都市から見れば、ギルドの後人にとってつまらない未来だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

テイルズオブヴェスペリア。テイルズオブエクシリア2に準えてみるなら、まさに正規キャストは凄惨な一族である。

テイルズオブヴェスペリアテイルズオブエクシリア2に準えてみるなら、まさに正規キャストは凄惨な一族である。
 
要となる、ロレンターヴェスペリアのアレクセイの恋人の父親が、カロル・カペル。
テイルズオブベルセリア冒頭のセリカお姉ちゃん、がカロル・カペルの同類の娘か孫の筈で、ベルベットたちは確実に孫以降の筈。
娘に父親として名乗り出ることをためらい、悩んでいるうちに、冒険者活動中にホーンテッド・ウェポンに取りつかれ、自我が戻らないまま。
力を手にし人が変わった俗物として、かつての周囲に失望されたまま、憑き物の野望により金と権力の亡者扱いされる。
 
果ては、テイルズオブデスティニーにおいて、娘と勘違いした、孫娘の生き別れの娘?ルーティの手で?憑き物もろとも生を終える。
 
遺言は、テイルズオブリバースのドクターバースの「すまない、ー」だろう。
 
おまけに、曾孫娘も本人一人の力ではなかった。直接手を下したかはともかく。故意ではないにせよ従姉妹か叔母に当たるアトワイトの死と生体実験の先にある、力を用いた行為。
「兄と父を殺して得た力だ。」
 
テイルズオブヴェスペリアで創設期の一行が輝いているからこそ、その顛末の悲壮さが色濃くなるのだろう。
 
ヘルメス式ブラスティアの性質と照合するに、満月の子とはJ・D・ウォルスのような略奪持ち魔術師一族のことである。 
 
カロル・カペルに対するリタ・モルディオ、ジュディス、レイヴン。本来は世代が違うものが会するイレギュラーの中で絆を育むからこそ、別作品での自覚無い決裂が悲壮なのだ。
 
そこに関して言えば、ユーリとこのフレンは、フレンの方がかなり昔の人物の筈なのだが。チェスターと、若い頃のーおかしくなる前の生前のダオスの人格が話せているのだから。
 
イレギュラー過ぎる。
 
 
それと較べれば、テイルズオブエクシリア2はルーティの同類が正規キャストでないため、マイルド設定ではある。
ルーティがその手でアトワイト→リタ・モルディオがその手でジュディスを打つことで架け橋ができる設定か。
 
 
テイルズオブエクシリア2もテイルズオブファンタジアファンからすれば、クレスが末期症状中でもクラースを手にかける衝撃展開であるし。今回はリドウーチェスターのガラが凄まじく悪い。でもテイルズオブリバースのサレよりはましで、歪みや破綻は比較的弱い。
「神が人を愛するわけ無いだろう」、の。歪んだバージョンのユメルーハーフの呪いがリドウは弱い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

改稿・力作考察 テイルズオブエクシリア2。 カナンへの道標について。 本来は軍事転用できる技術。それもエルフ由来。

カナンへの道標について。
本来は軍事転用できる技術。
 
ロンダウの虚塵→「アヴァロンの海の霧」「行き過ぎた科学で滅びし、母星の塵」。
テイルズオブファンタジアのフェザーダオスから長い付き合いになっている代物。器具が送電、受電のアンテナとして役を果たし、その機能が時に、周囲の生体にも作用し短絡や共鳴により事故を起こす。
また、生物学的な癒合と侵食を起こし、放射性物質ヨウ素のように、体内被曝に相応するグール化や石化などのパンデミックを発症させたりする。「ルシタニア号事件」「カルデニア暴走と白化」
テイルズオブシンフォニアではハード面と素材が少し分かる。
 
テイルズオブヴェスペリアでは、逆結界、ヘルメス式結界魔導器と新型武醒魔導器などとどんな器具かをより説明する。
アニメ版スターオーシャン2のソーサリーグローブに相当するマナの採掘、送電設備の機能も持っているため。
現地の人類以外生物にすさまじく評判が悪い。「闘技場の街の漁師の台詞」→「最近、スカスカだった魚の身に急に脂がのって美味しくなった」。と言うものが。
フェローやデュークにジュディスが、聖核や満月の子を排除しようとする道理である。道教の自然思想に近い。星は、人間以外の生き物にとっての持ち物でもあり、調和すべき。「宇宙船地球号」に近い考え方。
スターオーシャン2で「ソーサリーグローブが落ちてから魔物が凶暴化し、人を襲い出す」のも人工物が魔物に飢餓をもたらすからである。食いつめれば暴動蜂起に繋がる。
スターオーシャン2のソーサリーグローブも本来はジャミング系逆結界魔導器のはずである。
桃源郷の迷霧、それを発生させる装置による隠蔽結界がロンダウの虚塵
しかしーテイルズオブヴェスペリアテイルズオブシンフォニアが示すように、果ては住処を枯死させるだけである。
 
→話は変わるが、
デロス・カーラーンを土壌汚染した大量の廃棄薬物の脅威は止まず、科学の力による「ロンダウの虚塵」の逆結界を、埋蔵用パッケージに用いることで対処している。コンクリート遮蔽に近いか。
そのため、テイルズオブヴェスペリアのジュディスやデュークは、大量の猛毒を納めるパンドラの箱を破ろうとしている、ということでもある。ヴェスペリアの「不落宮」の意義も本来はそれだろう。
 
マクスウェルの次元刀→「神の使者の光翼、光の鋭剣」。「じげんとう→てんしか→天使化石」。及び「契約精霊動力式魔導砲」。
イメージ的には、テイルズオブイノセンスティア・グランツのイノセント・シャインと。スターオーシャン2ルシフェルの滅びの風の力。レプリカネビリム同様の強化を施したティア・グランツが、テイルズオブシンフォニア、神話の四大天使マーテル、のイメージに近いのだろう。
ジュード個別エピソード、オリジン研究の果て。及びミラ個別エピソードのミュゼ。どちらも、精神崩壊リスクと諸々の障害に繋がる技術。
 
テイルズオブシンフォニアのクルシスの輝石。
「また、生物学的な癒合と侵食を起こし、放射性物質ヨウ素のように、体内被曝に相応するグール化や石化などのパンデミックを発症させたりする。「ルシタニア号事件」「カルデニア暴走と白化」
テイルズオブシンフォニアではハード面と素材が少し分かる。」
体内被曝相応の症状について→
被曝 - Wikipedia

 
他の人はこちらも検索
放射線被曝 即死
被曝 レントゲン
公衆被曝 線量限度
被ばく 障害
医療被曝とは
被曝 原爆
放射線 癌 因果 関係
ひばく
甲状腺(こうじょうせん、Thyroid gland)とは、頚部前面に位置する内分泌器官。甲状腺ホルモン(トリヨードサイロニン、サイロキシン、カルシトニンなど)を分泌する。
含まれない: 被曝
 
 
悪性腫瘍(固形がんなど)、白血病副甲状腺機能亢進症の場合. 被爆地点が爆心地より約3.5 km内である者; 原爆投下より約100時間以内に爆心地から約2km以内に入市した者; 原爆投下 
どのクラスの汚染かは、テイルズオブハーツ、クリノセラフの回想が教えてくれる。
謎の事件で崩壊した跡は関連作品でも出てくるが、現場の情景を写したものはレアなため、テイルズオブハーツは貴重な作品と言える。他方、ヴァルキリープロファイル カミール村の段階から、二大陣営の干渉地帯に近い場所→「ベラルーシチェルノブイリ」の大規模事故が。作品の一部のモチーフになっていた確証でもある。
テイルズオブハーツの場合、問題となったのは「動力炉」と「使用エネルギー資源の特性」。
 
器具同士がゲシュタルトを組み、短絡を起こし。器具に適合する周囲の生体に対しても、規定外の密着、癒合から腫瘍病を発症するため。果てはテイルズオブシンフォニアのエクスフィギュア化と言える。テイルズオブヴェスペリアの過剰エーテル障害、とも近い。
テイルズオブファンタジアのフェザーダオスはデロス・カーラーンからの受電マナで強化されるがー。あれに適応していったからこそ精神障害に繋がっていった。
テイルズオブイノセンスのリトルクイーンも、テイルズオブファンタジアのフェザーダオスの配役が変わった存在、でもある。デロス・カーラーンの力はステロイド剤扱い?
テイルズオブシンフォニアのように、クルシスの輝石が魔導砲の素材になっていることを考えると、マクスウェルの次元刀とはそちらのこととも言える。
 
さらに言えば、ダオスレーザーやビッグバンの力のモデルは爆縮レンズ由来である。コレットがそこまで行かないのは何故だろう?
爆縮レンズ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.orgwiki › 爆縮レン...

爆縮レンズ(ばくしゅくレンズ)とは、原子爆弾核分裂反応を発生させるための技術のひとつである。爆発をレンズ ... の世界の原子爆弾の多くが爆縮レンズを用いたインプロージョン方式と ...
 
 
 
 
 
 
 
他の人はこちらも検索
核 弾頭 起爆
リトル ボーイ 名前 由来
北 朝鮮 核 砲弾
広島 型 原爆 範囲
広島 原爆 パラシュート
原子 爆弾 作り方
原子爆弾のつくり方 爆縮レンズ開発 - NAVER まとめ

2017/09/24 · 爆縮レンズはインプロージョン方式の中心となる技術である。 ... ファットマンの モックアップ タイプ 核爆弾 開発国 アメリカ合衆国 配備先 アメリカ陸軍 開発・生産 開発期間 
 
 
 
スターオーシャン4のバークタイン夫妻の話でも出るが、テイルズオブエターニアの晶霊砲開発が一番イメージに近い。
が、テイルズオブシンフォニアテイルズオブジアビスやテイルズオブレジェンドが示すように、あくまで大量破壊兵器。プレイヤー側で世界破滅阻止のために使う、というのは幻想でしかない。
テイルズオブハーツが示すように、失敗した果ては悲惨である。
 
方舟守護者の心臓→「モーゼの鳩」。
テイルズオブヴェスペリアテイルズオブハーツを見て、やっと分かる代物。
テイルズオブヴェスペリアの、クリティア族と共存する翼ある異種族→バウル。
注文されているのは、テイルズオブヴェスペリアにおける聖核、アパティアであり、魔狩りの剣のバウル狩猟任務ではある。テイルズオブハーツでは、異種族のスピルーン。
目標型は、
それの同種族を素材に、機械化されただろう存在→
本来は、ミラと二人で世界を救った、タイムファクター・ミュゼがバウル役のはずだった。ジュードエピソードのセルシウス&水龍、が対照か。
 
海瀑幻魔の瞳→「吸血鬼魔導師の憑依祭器」。
ヴァルキリープロファイルのドラゴンオーブと、それを連想させるテイルズオブデスティニー1,2。のレンズ。神の眼は手が届く代物ではないため、レンズの武器の中でも最高峰であるソーディアンのことだろう。
注目されるのは、どの、ソーディアンか。テイルズオブジアビスのレプリカネビリムが答え。ヴァルキリープロファイルのJ・D・ウォルス設定→吸血鬼伝承と連続殺人事件。
五つ目のカナンの道標であるべき存在→ソーディアン・アトワイト。 
 
 
最強の外殻能力者→考えてみれば、当たり前のこと。伝説の武器に身を包んだ勇者。
あっけなく言えば、闘技場の他作勇者任せエンド。
・ロンダウの虚塵。ソーサリーグローブ→逆結界魔導器による外部からの遮蔽。
・マクスウェルの次元刀→天使化と量子力学魔導砲(惑星譜術)。最強のスーパーモードとマナの弓。
・方舟守護者の心臓→機械化翼龍を元にした、航空要塞。乗り物を兼ねる護衛従者。
・海瀑幻魔の瞳→本来の種族の寿命と能力限界を越えた、不死者化と他者からの接収能力をもたらす祭器(ソーディアン)。
 
 
そこまで揃えた最高権力者本人。
テイルズオブファンタジアを考えれば、全てを揃えた者が未来から来て、自らの先祖に栄華をもたらす話の筈。
テイルズオブヴェスペリアがすごく近い。本来、カロル・カペルはテイルズオブデスティニーのヒューゴ・ジルクリスト→テイルズオブレジェンディア脇役に相当する先祖役の筈。
孫や曾孫に当たる子孫役がリタやジュディスの筈。
 
カロル・カペルが試練に挑んでいるときに、ソーディアン化でジュディスを従えたリタが、「強くてニューゲーム」のフル装備で助太刀すれば。まあゲームクリアできるだろう。
 
それは、テイルズオブファンタジアのダオスと、敵対する未来人両者と変わらない方法論だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

考察・テイルズオブハーツ→テイルズオブイノセンスと善悪入れ替わったタイプの物語。 テイルズオブイノセンスと善悪がひっくり返る理由は、騎士と姫が理由。 クリードが仲間と仲良く出来る世界、への願い。

考察・テイルズオブハーツテイルズオブイノセンスと善悪入れ替わったタイプの物語。

テイルズオブイノセンスと善悪がひっくり返る理由は、騎士と姫が理由。

クリードが仲間と仲良く出来る世界、への願い。

 テイルズオブイノセンス

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://ja.wikipedia.org/wiki/%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25BA_%25E3%2582%25AA%25E3%2583%2596_%25E3%2583%258F%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584&ved=2ahUKEwjWro_t5ZfdAhULMt4KHcInA1cQFjAjegQIAhAB&usg=AOvVaw0JDRrDa5RRd4s7PVU1yPbN

テイルズオブハーツ

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://ja.wikipedia.org/wiki/%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25BA_%25E3%2582%25AA%25E3%2583%2596_%25E3%2583%258F%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584&ved=2ahUKEwiDt5Lm6ZfdAhWPM94KHTBqACkQFjAjegQIARAB&usg=AOvVaw0JDRrDa5RRd4s7PVU1yPbN


テイルズオブヴェスペリアのフレンとエステリーゼ、彼らが善玉ポジションになるよう物語を描こうとすると、テイルズオブファンタジアメンバーが敵ポジションになりやすい。

彼らの人間関係がどんなものか。テイルズオブベルセリアのオスカーとテレサ・リナレスではいまいち分からないが、テイルズオブハーツの皇帝パライバ・マリン・ド・レと結晶騎士カルセドニー・アーカムを見ると。その思いが伝わってくる。

テイルズオブハーツクリードと較べ、心を通わせられるものがいる幸せ、のようであるのだがー。

はっきり言ってラスボス・他作主人公キャラによる、ボスラッシュに近いテイルズオブハーツ設定からすれば。

カルセドニー・アーカムが他のプレイヤーサイドと協力してなお、勝利できたことは奇跡に近いと言える。

テイルズオブヴェスペリアを見て納得できるように、騎士にとっての姫が評議会達の上にいるため。テイルズオブイノセンスから見たラティオ側の話となる。なお、テイルズオブヴェスペリアヨーデルテイルズオブジアビスのイオンタイプなため。作中の展開は夢物語であり。立件君主制よりも形骸化した権威主義の元、階級政党が統治する世界と言える。

テイルズオブイノセンスでは主人公ルカたちに敵対するマティウスが、テイルズオブハーツではインカローズとして、主君の部下として暗躍する。

ラティオの評議会からすれば、テイルズオブイノセンスメンバーマティウス同様の不法集団扱いのようだ。

と言うか、テイルズオブイノセンスでアンジュとアルベールに対し何も気づかなかったコンウェイが、リチアを罰したいと願うクロアセラフであるため微妙と言えば微妙である。

クリノセラフがテイルズオブイノセンスの回想ヒュプノスの筈。クリノセラフの回想はクロアセラフ以上に上層部不審に満ちているが、真実ならば回想のリチアがアンジュ。回想のクリードがアルベールである。

クリードが回りと和解する未来もあったのだろうがー本来は、回想のクリードにできたリチアとフローラポジション以外の大切な人も、シルバにとってのパールのように回想のクリードの不遜による実験ーに併せた事件で謀殺される?

コンウェイの目的がクロアセラフと同じと考えると、コンウェイなりに今の上層部に対する不信と不満と経験ゆえの、防衛策を考え私兵を秘密裏に備える目的があったらしい。

ただークリードがルカの末路の可能性であることを考えると、ハーツのクリードから歩み寄ることが出来ればと惜しまれてならない。
が、クロアセラフやインカローズ等、「隙を見せれば自分が第二のシルバになる→テイルズオブシンフォニア、ドア総督と同じ目に逢う」ような連中の上に立つためには、あの暴君ぶりがドラキュラのように、生きるための命綱と言える。その命綱に自信があるからこそ、インカローズ以上に精神破綻したストリーガウを使い捨てるまでは投降を許した。

テイルズオブシンフォニアでは、しいなとリフィルのようである→
ドン・メテオライトとアイオラ・ハーツの子供はどっちがどっちか倒錯しやすい。だからこそ、テイルズオブシンフォニアの状況を生みだし。テイルズオブイノセンスではサクヤが回想とキャラが変わる事態を生み出した。
テイルズオブシンフォニアコレットとショコラ→(ラタトスクの)アリスは交錯している。(テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士でアリスとリヒターの会話が醒めていることを考えると、リヒターはアリスを係累のイナンナと間違えている節がある。)

ただし、その事を踏まえれば、母か祖母かはともかく、肉親である回想アイオラ・ハーツの仇→ルカ、クリードと。キュキュやサクヤは仲良くなろうとしているとも言える。と言うか、本来はキュキュがコハク役では、と言うか。
コハクはテイルズオブイノセンスのサクヤに親戚のように似ている気もする。

作中のリチアが、テイルズオブイノセンス作中の回想サクヤである可能性すらある。
ーつまるところ、回想の前帝に憑いていたクリードは両方に取り憑けなかったはずである。
恐らくは、一旦他の男に憑いて、そいつから母体→新生児に憑依する、過程を経たのだろう。
しかし、その嫌疑を知っていた近親者が中身がクリードでないかと疑ったため、娘達は不遇の生を送った、と言うのが真相のはずである。その果てが敵玉版ドン・メテオライトの子供であり、故にテイルズオブリバースのサレや本作のクロアセラフの種族への執着を産み出す。

クリードがルカのように仲間と仲良く出来る世界、もあるはずなのだがーその場合インカローズが仲間外れにされる。























テロップ→錬金術の悪い魔法使い、悪玉が生まれるまでの物語。「ディノイア→トラヴィス」

テロップ→錬金術の悪い魔法使い、悪玉が生まれるまでの物語。「ディノイア→シュヴァーン・ディノイア」とトラヴィス
テイルズオブヴェスペリアの黒幕、帝国騎士団長アレクセイ。
アレクセイが「やり方を変える」までに何があったか。
 
元々の人格はテイルズオブイノセンスに出てくるオリヴィエ→ヴァルキリープロファイル ヴィーザルのような清濁併せ呑むタイプの良識派だった。
 
しかし、テイルズオブイノセンスを経て、テイルズオブジアビス、地脈アルトリウス回想を経る。結果、犠牲を払ってでも国政を変革すべき、と言うテイルズオブジアビスのヴァン一味とは別種の革命家となる。
 
リタ・モルディオの父とアレクセイは、コインの裏表の関係と言える、か。
 
因みに、テイルズオブヴェスペリアを見ていると残念なことに。
アレクセイにはシュヴァーンがルークに。イエガーがガイに見えている。イエガーはペールなのだが。
 
はっきり言うと、ヴェスペリアで生き埋めにされた際に名乗ったシュヴァーンは中身が別人。
普段のレイヴンがスタン→ガイ。
副騎士団長が本来のルークポジション→テイルズオブエクシリア2のルドガー、ヴァルキリープロファイルのグレイ。
ヴァルキリープロファイル同様、あの場にいたのは大戦中に人としての生を終えて尚意思残る戦士。
帰ってきたおっさんはグレイでないし、だからこそ→「お前が言っているレイヴンと言う者はこの場にいない」と返す。
 
戦闘時会話で、大体の状況説明をしている人。
故に、リタ・モルディオの絶叫は人違い。
だからこそ、スパイ嫌疑と併せると人格入れ換えは怖い。
 
はっきり言えば、リタ・モルディオとジュディスはアレクセイの娘でなく、孫娘以降に当たるはずである。
 
まあ、あそこまで血縁者に立ちはだかられる不幸な人も珍しい。
 
なお、テイルズオブエクシリアのガイアスだけでなく、
テイルズオブハーツクリノセラフもあのキャラである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リスト考察・テイルズオブイノセンスにみるエルフの血。 基軸をロレンタ×レザードに。

リスト考察・テイルズオブイノセンスにみるエルフの血。
基軸をロレンタ×レザードに。
ロレンタクローン→
マーブル、レプリカネビリム。

ロレンタの子供は
長女ーフレイ。
クローンがティア、イナンナの最低二人。
系譜の一人がシルメリア「ショコラーリアラ」と比較し戦争向きではない。。

次女(プレザの系譜)ーイレーヌ。
クローンがリフィル、アトワイト。
リフィルの娘がショコラーキュキュ。
そのクローンがリアラー本編のサクヤ、アリス。

三女(エドナの系譜)ーメルディナ。
クローンにエドナ等。
その娘に、恐らくは「ルーティ」、「イリア」が入る
その息子がカイル。

四女(アグリアの系譜)ーファラ。
クローン?にアグリア。
ファラの子供がジョニー。

一男(ジルクリストの系譜)ーヒューゴ
子供にミトス。ルーマニアハンガリーオーストリア近隣の王族であるが、部下の軍人の戦績が悪く、比較的ハト派な姿勢から前衛職に侮られている。
ルカが最低でも系譜の一人であるが、クローンが凄まじく多いため、ミトス・ユグラドシルにあたるものとの順序が不明。テイルズオブグレイセスの大家族ひよこと同じような設定である。

そう言う理解である。

いずれにせよ、ダオスーフレンの民族ファシズム団結が利いているのは長女と長男達だけで。

次女は里子に出た先でのファシスト達の被害者、レジスタンスサイドに立ち、テイルズオブシンフォニアのイセリアとパルマコスタで人権主張し、衝突。
非人道的待遇の結果、軍の強権でレプリカ情報を抜かれ、レプリカを私兵にされる。
一番、主人公属性が似合うソーディアン候補。

三女はファシスト達のセーフティネットから漏れた末に営利に傾きすぎたため、「欲深く金の亡者で平気で善良な人から奪い取る」イメージに固まり、ファシスト達の目の敵にされている系譜である。

長男の果てはファシストの代表メンバースターオーシャン4バークタイン夫妻が嘆いているケヴィン達。

























































考察創作 ユルゲンス心情読解「二次創作気味推察・テイルズオブエクシリア2 労働組合という概念が無い世界の、剣を向けられる側の失望」より

考察創作 ユルゲンス心情ドラマ「二次創作気味推察・テイルズオブエクシリア2 労働組合という概念が無い世界の、剣を向けられる側の失望」より
テイルズオブエクシリア2 エリーゼラストエピソードは嘘。リーゼ・マクシア人階級政党に近い組織とキタル族VIP の二つの共同体を兼ねてはいても、エレンピオス人マフィア相手ではいくら金を積まれても地元自治体を裏切らなかった。そいつらよりよほど信頼できるアルヴィンすら蹴った。アルヴィンエピソード2。
 
しかし、同じリーゼ・マクシア人としてカラハ・シャール人労働者の知人がいた。しかし、カラハ・シャール内部の貧富の差に起因する問題の結果、階級政党の知人が重度債務者になってしまい、子供の強制労働を担保に押さえられる状況になってしまった。
しかしそれだけならば、知人に相談した上で救出に押し入ることはできただろう。
 
が、最悪の問題があることに気付いた。同じリーゼ・マクシア人の悪徳金融業者なだけならばまだしも、カラハ・シャールの領主の御用商会が闇で人権侵害をしていた。その件を荒立てれば、ドロッセル及びローエンと言う二世界友好条約キーパーソンまで失脚することになる。また、それまでの友好路線が私腹を肥やすためのものだった、と言うことになれば、ローエン達和親派が国内で弾圧を受けて各種外交違約を招き、二か国関係悪化に到ることは自明。「ばらされたくなければ協力しろ、と要人を脅す。」ユルゲンスにしたことを作中でジャオにもしたと言うことで、実際にユルゲンスが脅迫された内容は妻の病気ではなく、
それだった。
政情的な理解もユルゲンスは持っていた。
 
また、リーゼ・マクシア人内部に限定しても、キタル族とカラハ・シャール間が悪化すれば身内で揉めるし、それをやればガイアスラストエピソード「保安官ークラック」のようなリーゼ・マクシア人内部の団結が崩れる。
エレンピオス人相手の「法律や商契約分野の後進国劣勢」は決定的になる。
特にリーゼ・マクシア内部でも商契約法規制に明るいローエンを失脚で失えば、二か国友好路線を続ける限りエレンピオスはリーゼ・マクシアに対して負け組になり、国交を続ける限り搾取されることになり、結果リーゼ・マクシア内部の貧困層はますます貧しくなる。
しかし、リーゼ・マクシア単品のままでも階級政党メンバーが貧しいことは変わらない。
 
子供を軍事作戦で救出する事態で騒げば、スキャンダル発覚を招きかねない。ユルゲンスはウルフの一部を差し出して事態を穏便に済ませることにした。テイルズオブベルセリア アルトリウスの一家エピソードの理由とも言える。
 
リーゼ・マクシア人の他の地域カラハ・シャールの貧困層の子供を守るために、自分のキタル族地域の、異種族ウルフを秤にかけて密猟者に差し出し、子供を守ろうとした。
正攻法で挑まなかったのは、キタル族の人類とパートナーのカラハ・シャール人とその要人、ドロッセルとジャオ。より広いリーゼ・マクシア人とその要人、ガイアスとローエンを守るために穏便に済ませるためだった。
しかし、あの悪徳業者連中は味をしめかねないため、やはりマルシア首相のテロ断固抗戦が必要だったのかもしれない。
 
話を整理すると
テイルズオブヴェスペリアラゴウーユニコーンエピソードが示すように、実際にはラゴウーユニコーン、警備兵、脅迫被害者の四者関係である。
ラゴウ→ローエンとドロッセル、カラハ・シャール「クルスニク一族の富裕層組」
ユニコーン→ジャオとウルフ、キタル族「先代マクスウェル」
エステル側→ユルゲンス、「デッドエンドのミラ。」
刺客、密猟者「マフィアと一番立場が弱い被脅迫者」→ラゴウ派の背信者に人質をとられた階級政党「ミラを死の淵に追いやったものたち」
 
エステル側は一番立場が弱い被脅迫者を守ろうとしたのだ。
実際は、クルスニク一族等富裕層の背信者が被脅迫者に命令して、マクスウェルやミラに剣を向けていた。
エステル側はクルスニク一族等富裕層が言うならばマクスウェルに剣を向けなかった。
しかし、エステル側の身内であるクルスニク一族等悪徳富裕層、の被害者である一番立場が弱いものたちが、加害者の命令や詐欺から先代マクスウェルを狙った。
そいつらの共同体を守るために、出身共同体の元主君にすら挑んだ。